長ねぎの旨味を楽しむ!秋の和食レシピ5選

長ねぎは、薬味として使うことが多い食材ですが、じっくり調理すると、甘みと香ばしさが増して絶品です。今回は、そんな長ねぎの魅力を引き出す和食レシピをご紹介します。

秋の味覚たっぷりの和風グラタン「長ねぎと豆腐のグラタン」

まずは、長ねぎの魅力をたっぷり味わうレシピをご紹介します。焼いたねぎは、香ばしさと、とろりと甘い食感が絶妙ですね。
普段は脇役になりがちな長ねぎですが、メインの食材としても魅力がたっぷりです。
使う具材は豆腐と長ねぎなので、経済的でヘルシーなことも嬉しいポイント。作り方は、長ねぎを切って、焼き色がついてしんなりするまで炒めます。崩して水を切った豆腐に、だし汁、味噌、砂糖、くず粉を混ぜたら、炒めた長ねぎと一緒に耐熱皿に乗せて、オーブンで焼けば出来上がり。
ヘルシーなのに食べ応えがあるので、ダイエットの時にも重宝しそうですね。

豚肉が秋の旨味を包み込む!「長ねぎの肉巻きフライ」

続いて、食べ応えたっぷりのレシピ「長ねぎの肉巻きフライ」をご紹介します。
ジューシーな豚肉と、長ねぎの甘みが相性抜群。重くなりがちな揚げ物ですが、長ねぎのおかげで、さっぱりと食べられるのも嬉しいですね。
まず、切った長ねぎを豚肉で巻いて、塩胡椒で下味をつけます。水と小麦粉と合わせた溶き卵、いりごまと合わせたパン粉に和えたら揚げ焼きにして、ポン酢をかければ出来上がりです。他の野菜を巻いたり、牛肉に変えても美味しいですよ。

優しい味付けで楽しむ秋の味わい「鶏ももと長ねぎのゴロゴロスープ」

寒くなってきた頃におすすめしたいのが、今回ご紹介する「鶏ももと長ねぎのゴロゴロスープ」です。
長ねぎの甘い味わいと鶏の旨味を、優しい味付けで楽しめるレシピですよ。
作り方は、ぶつ切りにした鶏もも肉と、斜め切りした長ねぎを炒めて、水、鶏ガラスープの素、醤油、塩胡椒、ごま油、ラー油を入れて煮込み、お好みで黒ごまをかければ出来上がりです。少ない材料ながら満足感があるのが嬉しいですね。
春雨やきのこを入れても美味しいので、ぜひアレンジにも挑戦してみてくださいね。

秋の旨味をピリ辛味で!「もつ&長ねぎのピリ辛おつまみ」

続いて、長ねぎとモツだけで作る「もつと長ねぎのピリ辛おつまみ」のご紹介です。
シャキシャキとした長ねぎと、ジューシーなモツは、ご飯はもちろんビールのおつまみにおすすめですよ。簡単に作れるので、あと一品という時に重宝しそうです。
醤油、ケチャップ、砂糖、酒、チリパウダー、コチュジャン、すりおろしにんにくを混ぜ合わせた調味料にもつを漬けて、長ねぎと一緒にごま油で炒めれば出来上がりです。
もつは、牛のシマチョウなどにしても美味しいですよ。辛さが足りない場合は、コチュジャンや、チリパウダーで調整してくださいね。

秋の味わいを後ひくカレー味で!「豚肉と長ねぎのカレー煮」

最後に、スパイシーな味付けでご飯のおかずにおすすめな「豚肉と長ねぎのカレー煮」をご紹介します。長ねぎの甘みとカレーの味付けは相性抜群です。
作り方は、フライパンで、ごま油、カレー粉、薄力粉を熱し、長ねぎ、豚肉を入れて炒めます。砂糖、水、醤油の合わせ調味料を入れて、よく混ぜてとろみをつけましょう。長ねぎの青い部分も入れて煮込めば出来上がりです。
具材は、パプリカ、なすなどの野菜、ちくわなどの練り物を入れても美味しいですよ。簡単にアレンジが出来るので、ぜひ試してみてくださいね。

長ねぎの旨味をたっぷり味わう和食のレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか。長ねぎの魅力はまだまだ紹介し足りませんが、まずはこのレシピを通して旬の長ねぎの魅力を味わってみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部