秋におすすめ!長ねぎがおいしいおつまみレシピ5選

香味野菜として活躍する長ねぎは、加熱すると甘味や香りが増したり、トロッとした独特の食感がうまれたり、調理の仕方次第で、主役にも脇役にも調味料としても大活躍する食材ですね。寒くなってくると、厚みと旨みが増すので、ぜひ色々な場面で活用したい野菜です。今回は、そんな長ねぎを、おつまみに活用するレシピをご紹介します。

炒めるだけで簡単 「もつと長ねぎのピリ辛おつまみ」

長ねぎともつの相性が抜群の、おつまみにもってこいのレシピです。
お酒好きの方や、辛い味付けや少しくせのある食材を好まれる方におすすめのレシピで、下味をつけた豚もつと長ねぎをごま油で炒めればできあがりの、簡単に作ることができるおつまみです。
下味をつけるときは、合わせ調味料ともつを混ぜ合わせ、ぴったりとラップをして冷蔵庫で少しおきましょう。コチュジャンやチリパウダーの量でお好みの辛さに調整して下さいね。
仕上げに散らす韓国のりと小ねぎのアクセントは、ビールや日本酒がすすむ味ですよ。

タレとあえてピリ辛サラダ風 「ささみときゅうりの中華和え」

ピリッと辛いおつまみを、もうひとつご紹介しましょう。ささみと長ねぎ、きゅうりを合わせ調味料で和えるだけで、パパッと作れるお手軽おつまみです。
合わせ調味料にケチャップを使い、中華ダレの甘酸っぱさを再現していることがポイントで、淡白な具材が深みのある中華の味わいにまとまります。
ささみの繊維感がおいしさの秘訣ですので、細めに裂いてタレをよく絡ませましょう。きゅうりのシャキシャキ食感、長ねぎの存在感が良い仕事をしてくれますよ。

電子レンジにおまかせ蒸し物。長ねぎが香る「豚肉の香味蒸し」

次は、居酒屋のお通しのような、あっさりながら旨みたっぷりの、小鉢にぴったりの一品です。加熱した長ねぎはトロッととろける食感になります。この、長ねぎの加熱するとトロトロになる性質を利用して、タレのように使った調理方法です。またごま油の香りで、レンジ調理を感じさせない上品な味わいに仕上がりますよ。ボウルに、長ねぎ、豚肉を重ねて入れたら、調味料を振り入れ、ラップをかけて、後は電子レンジにお任せです。豚肉をつかっているので、電子レンジでの加熱後は、火の通り加減を確認して下さいね。

たっぷり長ねぎが香ばしい、のせるだけ「豚しゃぶねぎダレのせ」

もうひとつ、長ねぎをタレに利用した料理をご紹介しましょう。
サッと茹でたしゃぶしゃぶ用の豚肉に、長ねぎがたっぷり入った和えダレをのせていただきます。タレの豆板醤がピリ辛で、ビールがすすみますよ。
このレシピでは、長ねぎを1本丸々生のまま使うので、薄くスライスしたら水にさらしておくことがポイントです。
水をしっかり切ることをもお忘れなく。豆板醤は、ラー油に変えてもOK。さっぱりした豚しゃぶに、長ねぎの風味が好相性ですよ。
たっぷり器にもってみんなでつついて、自宅でわいわい飲みたいときに活躍してくれそうなレシピですね。

柚子胡椒と辛子明太子でつくるピリ辛ソースのせ「だいこん&長ねぎの煮物」

晩酌にゆっくり飲みたいときは、和風で野菜系のこんなおつまみも嬉しいですよね。
丸太のような形のだいこんと長ねぎの煮物を交互に並べ、柚子胡椒と辛子明太子を混ぜ合わせたやさしい辛みのソースをかけて出来上がり。
焦げ付くと苦味が出るので、野菜が焦げないよう火加減に注意して下さいね。野菜がたっぷり食べられるおつまみはヘルシーで、健康が少し気になる旦那さまの体にもやさしいですね。
おかずにもなるのでぜひ作ってみてください。

いかがでしたでしょうか。どれもお手軽に作れるおつまみレシピばかりで、早速、今夜から活躍してくれそうですね。鍋ものだけではもったいない、長ねぎ。ぜひ、おつまみにも活用してみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部