子供も大喜び!にんじんと豚肉で作る絶品おもてなしレシピ5選

おもてなしメニューはがっつりしたメニューだと思っていませんか。もちろん、がっつりメニューも人気ですが、少しだけヘルシーなアクセントを加えることで野菜もたっぷりいただけます。健康的なパーティーを開催してみてはいかがでしょう。

肉の取り合いに注意!『フライパンでお手軽煮豚』

フライパンで作れる手軽で簡単な煮豚レシピがこちら!約10分で完成するので、急なゲストでも慌てずにすみますよ。
付け合わせの野菜をたっぷり添えていただきましょう。
豚肩ロース肉の厚みを半分に切ることで、味がしっかりとしみるうえに調理時間が短縮できます。
フライパンに調味液を入れ、煮立ったところで豚肉としょうがを入れます。豚肉の底面の色が変わったら裏返し、うずらの卵と乱切りにしたにんじんを加え、クッキングペーパーを落し蓋にして中火で20分間煮ます。この間に他のメニューも作ってしまいましょう!
別で味付けしたほうれん草も良いアクセントになりますよ。

にんじん嫌いのお子さんにも『豚ひき肉のにんじんたっぷり肉団子』

肉は食べるのに、野菜はなかなか食べてくれない…そんなお子さまでもあっという間に美味しく完食してくれる、ほんのり甘い肉団子レシピをご紹介します。
にんじんはみじん切りにし、しょうが汁、料理酒、醤油を入れて粘りが出るまで混ぜた豚ひき肉の中に入れ、良く混ぜ合わせましょう。
肉の粘りが出てからにんじんを加えると、楽に早く混ざりますよ。
焼き方にもコツがあります。フライパンで片面45秒焼き付けたら、蓋をして弱火で3分蒸し焼きにします。こうすることでよりジューシーに仕上がりますよ。
一旦肉団子を取り出してから同じフライパンで餡を作り、上からたっぷりかけていただきましょう。

チーズソースが決め手!『にんじんのチーズソース豚巻き』

塩で食べても美味しい、ジューシーな豚肉とにんじんの甘みがマッチしたカツレシピをご紹介します。
チーズソースでお子さまも大好きな味ですよ。
クリームチーズの濃厚かつさわやかな味わいは、ワインのおつまみにもぴったりです。
生野菜スティックを一緒に添えて、チーズソースをディップしていただくのもおすすめです。
美味しさの決め手、チーズソースはクリームチーズに生クリームと塩、こしょうを入れて600Wの電子レンジで2分加熱します。クリームチーズがダマにならないよう、ゴムベラなどでしっかり混ぜ合わせてくださいね。
レモンを絞ってもさっぱり感が増しておいしいですよ!

家庭で本格イタリアン!『トロトロ豚モツのトマト煮込み』

大人が集まるパーティーに欠かせないメニューといえば、お酒がすすむ一品です。
こちらのメニューはワインはもちろんビールにもぴったりです。
ボイル済みの豚もつの食感も美味しさのポイントなので、ぜひ用意してくださいね。
筋を取ったセロリ、にんじん、たまねぎは豚もつの食感に負けないよう、粗めのみじん切りにします。
熱々をキープしたいので、このレシピはスキレットで作りそのまま食卓に出すのがベターです。
みじん切りにしたニンニクの香りが立ったら、野菜と豚もつを入れて白ワインも加えます。味に深みをプラスするためにトマト缶、顆粒コンソメ、ローリエ、ハーブソルトで味付けし、10分ほど煮詰めてできあがりです。

ミートソースと相性抜群『ナスとポテトのオーブン焼き』

ほくほくのじゃがいもとトロトロのなすが主役のオーブン焼きをご紹介します。
ラザニア風ですが、パスタを使わず野菜で作ることでヘルシーに仕上がります。
ホワイトソースとミートソースの相性は抜群。
たまねぎ、にんじん、牛豚合びき肉のミートソースは、赤ワインを加えることでコクと風味がアップします。アルコールはしっかり飛ばすので、お子さまでも食べることができますよ。
ホワイトソースは牛乳を少しずつ加え、素早く混ぜ合わせてダマにならないようにしましょうね。
180℃のオーブンで25分、チーズがふつふつしてきたら焦げないようにアルミホイルをかぶせてください。

がっつり系のメニューと思っていても、実は野菜もたくさん食べられるメニューを5つご紹介しました。
野菜嫌いのお子さまでも、肉メニューだと思って知らず知らずのうちに美味しく食べきってしまうのではないでしょうか。
おもてなしの場で主役になる料理を、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【米】の意外な一面に惚れる♡米を使った絶品おつまみレシピ12選よこさん
  2. 2一気に料理上手に見える!【簡単】副菜レシピ12選イイダミワ
  3. 3とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部