秋が旬!長ねぎを使ったお手軽レシピ5選

長ねぎは、千切りやみじん切りにして添えると料理の味を引き立て、食欲をそそる香辛野菜としても良く使われる一方、大きめに切ると、その食感や旨みが食欲をそそるメインのおかずにもなります。今回は、そんな秋が旬の「長ねぎ」を使ったお手軽レシピをご紹介!

和えるだけのお手軽中華!「長ねぎのおかずサラダ」

メインのおかずが物足りない時に、お手軽おかずサラダをプラスしてみてはいかがでしょうか。タレを作ってしまえば、あとは和えるだけなので、一通り食卓に料理を並べた後でもサッとできる一品です。
千切りにした長ねぎを、水に浸けて辛味をとります。
ボウルにささみ、酒を加えてレンジで加熱し、ささみをほぐしておきます。別のボウルに胡麻油、酢、醤油、すりおろしにんにく、豆板醤、オイスターソース、白いりごまを混ぜ合わせて中華風タレを作ったら、長ねぎ、ほぐしたささみ、ベビーリーフと和えて完成です。
ベビーリーフは、レタスやチシャ菜で代用しても美味しいですよ。

厚めの長ねぎが決め手!「彩りマリネ」

食卓に彩りが欲しい時に、秋の旬「長ねぎ」を使ってマリネを作りましょう。ハンバーグやステーキなど、単色の料理と一緒に食卓に並べると、より一層マリネの彩りが綺麗に見えますね。
多めのオリーブオイルで、なす、長ねぎを炒めます。ボウルに炒めた野菜を入れて、トマト、塩胡椒、バルサミコ酢、パセリ、オレガノを加えて和えましょう。粗熱をとって冷蔵庫で冷やせば完成。
バルサミコ酢はレモン汁、ワインビネガーでも代用OK。パセリ、オレガノはドライでも良いですよ。長ねぎは、なすと同じ厚さに切ると、味の染み方が均等になります。
多めに作って作り置きし、旦那さまと一緒にワインのお供にしてみては、いかがでしょうか。

レンジでお手軽、秋のレシピ「長ねぎと豚肉の香味蒸し」

急な予定で作る時間がない!そんな時のお助けレシピ、秋が美味しい「長ねぎ」を使った、レンジでお手軽蒸し料理のご紹介!
ごま油の香りで、レンジ調理を感じさせない上品な味わいになりますよ。
ボウルに、長ねぎ、豚こま肉、ごま油、塩胡椒、鶏がらスープの素を入れ、レンジで温めるだけで完成です。豚肉を使っているので、レンチン後の火の通り具合には十分注意して下さい。
混ぜてレンチンするだけなので、小さなお子さまにもお手伝いしてもらえる一品です。旦那さまにお子さまと作った事を伝えて食卓に出すと、より一層喜んで食べてくれるかもしれませんね。

秋が旬!長ねぎで食べる「ねぎだく豚しゃぶ」

疲れた日でもサッと作れる、秋の味覚「長ねぎ」で食べる豚しゃぶはいかがでしょうか。豚しゃぶと長ねぎの風味が好相性な一品です。
豚ロースは茹でてから冷水で冷やし水気をとります。ボウルに長ねぎ、麺つゆ、ごま油、豆板醤、すりおろし生姜、すりごまを入れて混ぜたら、豚ロースにたっぷりのせて完成。長ねぎはスライスして水にさらし、辛味をとると一層美味しいですよ。
豆板醤の代わりに、ラー油を使ってコクを出してもOK。冷蔵庫で一晩寝かせると、味も染み込んでより一層味に深みが出ます。

お手軽なのにボリューム満点!「豚バラと長ねぎの旨とろ炒め」

お子さまのお腹をすぐに満たしてあげたい時、サッと作れてご飯がすすむ、ボリューム満点レシピの紹介です。
まず豚バラ肉に片栗粉をまぶします。フライパンで豚バラ肉を炒めて、長ねぎ、麺つゆ、水、砂糖、コチュジャンをいれて、とろみが出るまで炒めたら完成。
豚バラ肉に片栗粉をまぶす際は、ビニール袋に片栗粉と豚バラ肉を入れて、シャカシャカ振ると少量で片栗粉がつき、洗い物も減って一石二鳥です。丼にして食べても美味しいですよ。秋が旬の長ねぎを沢山入れて食べてくださいね。

秋の味覚「長ねぎ」を使い、薬味として美味しくいただける料理から、メインとして活用した料理まで紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。色々な調理法で秋のおいしい長ねぎを食卓に取り入れてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1コトコト煮込む!簡単に作れる鶏肉の煮込みレシピ14選Kai
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部