えのきを味わい尽くす!秋の洋食レシピ5選

秋に旬を迎えるえのきは、安価で手に入りやすく、様々な料理に便利に使うことができます。今回はそんなえのきの食感や、味わいをたっぷりと楽しめるレシピをご紹介します。どのレシピも手軽に作れてアレンジもしやすいものばかりですよ。

秋の風味を楽しもう!「えのきと新じゃがのアンチョビガーリック和え」

まずは、きのこをたっぷりと使ったホットサラダのご紹介です。
きのこ、じゃがいも、にんにく、アンチョビは相性抜群な組み合わせ。
フライパン一つで作れるので、あと一品おつまみが欲しいという時にもおすすめですよ。
作り方は、フライパンにオリーブオイルを引き、にんにく、アンチョビ、オリーブを炒めます。そこにきのこを入れて塩胡椒で味つけしたら、あらかじめ火を通したじゃがいもとパプリカを入れて炒めて、枝豆を乗せれば出来上がりです。
お好みでウインナーを入れても美味しいですよ。

秋の味わいをスパイシーな味つけで「えのき牛巻き」

続いて、簡単調理でボリューミーな、えのき牛巻きをご紹介します。
スパイシーな味付けと、コリコリとしたえのきの食感がたまらない一品です。
えのきは牛肉の旨味が染み込んで絶品、ご飯のおかずにも、おつまみにもおすすめです。
作り方は、まずえのきを牛肉で巻いたら、中火で全体を焼きます。フライパンに残った肉汁と、唐辛子、バター、醤油、砂糖、シーズニングソース、胡椒を煮立てて牛巻きにかけ、ミントを乗せれば出来上がりです。
味付けは、焼肉のタレやめんつゆなどでもできるので、お好みでアレンジしてみてくださいね。

秋の食感を楽しむホットサラダ「えのきとベーコンのホットサラダ」

えのきの食感をたっぷりと味わえるホットサラダをご紹介します。
粒マスタードの程よい酸味とえのきの食感が楽しいレシピです。
作り方は、まずほぐしたえのきを塩胡椒でしんなりするまで炒めます。ベーコンを切って油がにじむまで炒めたら、えのきにかければ出来上がりです。
ベーコンの塩気があるので、塩の分量には気をつけてくださいね。
サッと作れるので、忙しい朝の時間などにも重宝しそうですね。
えのき以外にもお好きなきのこ、じゃがいも、たまねぎなど、その時にある野菜でも美味しく作れますよ。

秋の味覚のきのこソースで食べる「チキンとえのきのクリーム煮込み」

次に、秋の味覚がたっぷり入ったソースで食べる「チキンのきのこクリーム」をご紹介します。
外はパリッと、中は柔らかなチキンにからむ濃厚なソースが絶品のレシピです。
とても豪華な見た目ですが、フライパン一つで手軽にできるので、急なおもてなしの席にも重宝しそうですね。
鶏肉は、塩胡椒、小麦粉で下味をつけたあと、バターを熱したフライパンで炒めます。その上に、ねぎ、しめじ、えのきを乗せて、コンソメと水、生クリームを入れて煮込み、黒胡椒をふれば出来上がりです。
ご飯ともワインとも相性抜群なので、今夜のおかずにいかがですか。

秋の味わいたっぷりのソースで温まる「えのきとしめじのグラタン」

最後に、寒くなってきた時に食べたいグラタンのご紹介です。
きのこの旨味とホワイトソースは相性抜群。
簡単調理でボリューム満点なので、とても便利に使えるレシピですよ。
作り方は、バターと薄力粉、牛乳、塩で作ったソースに、えのきとしめじを入れて火をとおします。耐熱皿にいれて、チーズ、パン粉、バターを乗せてオーブンで焼き、パセリとブラックペッパーをふれば出来上がりです。
具材にじゃがいも、鶏肉、マカロニを使えばさらにボリューム満点になりますよ。
寒い夜に嬉しい熱々のグラタン、ぜひ作ってみてくださいね。

えのきを楽しみ尽くす洋食レシピをご紹介しましたが、作ってみたいものはありましたか。
えのきは色々な食材と相性が良いので、さまざまなアレンジを楽しむことができます。ぜひチャレンジしながら、お好きな味を見つけてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部