秋に食べたい!手軽に作れる、はくさいレシピ5選

秋が旬であるはくさいは、加熱することで柔らかくなり、他の具材の旨みや調味料の味をよく吸収してくれます。スーパーでも手に入れやすい食材であり、大きなはくさいがあれば様々なレシピに使用することができますよね。秋になって、少しずつ温かい食事が恋しくなってくるこの季節。はくさいを使って手軽に作れるレシピを5つ紹介します。

ツナと好相性!秋に食べたい「はくさいのうま煮」

はくさいとツナだけの簡単な具材で、ご飯が止まらない美味しさを味わえるレシピが、はくさいとツナのうま煮。
味付けは麺つゆ、ポン酢、ごま油、粉とうがらしのみととてもシンプル。材料を多く揃える必要がないので気軽に作ることができそうですね。
しっかりとした味付けで、白米と合わせたおかずにおすすめです。
お好みで一味とうがらしを振り掛けると、ピリッと辛みが効いて味のアクセントになります。
柔らかく煮込まれたはくさいがしっかりと味を染み込ませており、ツナの旨みとマッチして堪らない味わいとなっていますよ。

梅肉と蒸し調理で!秋に食べたい「はくさいと豚バラの梅蒸し」

梅肉を使った蒸し調理で、さっぱり爽やかに食べることができる、はくさいと豚バラのレシピ。
梅と大葉のさっぱり感がはくさいの甘みを引き立てて、食欲をそそります。
アレンジしてチーズを挟み込み、レンジにかけるのもおすすめです。
素材の特徴を生かした調理方法で、それぞれの美味しさを充分に味わうことができます。
はくさいは味を染み込みやすいので、梅肉など味の濃い食材と組み合わせるのがおすすめ!他の食材と組み合わせることで、はくさいの甘みがより際立ちます。

バターで濃厚!秋に食べたい「はくさいのミルクスープ」

ミルクベースのはくさいを使った身体に染み渡る優しい味のスープ。
バターの濃厚さが後を引く美味しさで、食欲をそそります!
具材ははくさい、鶏胸肉、しめじのみといたってシンプル。
バターやコンソメを使用して、しっかりとした味わいを楽しむことができます。
より濃厚さを楽しみたい方は、生クリームを少々追加する、またはバターを最後に加えることで濃厚に仕上げることができます。
濃厚な味わいが好きな方には是非とも一度お試しいただきたいレシピです。

スパイシーさと優しい旨み!秋に食べたい「手羽元とはくさいのカレースープ」

スープの味わいをダイレクトに吸収するはくさいと相性が良い料理の一つ、カレー。
鶏肉から出る優しい旨みが出汁となり、スパイスのアクセントがご飯とよく合う一品。
手羽元の他、たまねぎ、にんじん、はくさい、カリフラワーと豊富な具材から出る出汁がルーに染み込んで旨みが凝縮され、食欲をより増進させます。
手羽元は事前にしっかりと焼き色をつけておくことで、旨みをしっかりと吸収して逃さなくなります。
カレーには素材から旨みが滲み出ていますので、余すことなく料理を楽しむことができますよ。

煮込んで旨みが凝縮!秋に食べたい「手羽元とはくさいの中華風煮」

はくさいとの組み合わせが好相性の、中華風煮込み。
煮込むだけで野菜や春雨に旨みがしっかりと染みて、食欲をそそります。
はくさいや長ねぎといった野菜の他、手羽元を使っているので、味わいがより一層増します。
手羽元は、野菜と一緒に水から煮ると旨みが出やすくなりますよ。煮詰めると途中でアクが出てくるので、こまめに取り除くようにしましょう。
完成の目安は、煮詰めて野菜が柔らかくなったとき。
シンプルな作り方ながらも、手軽に楽しめる中華煮込みを作ることができます。

秋が旬のはくさいを使った手軽なレシピを紹介しましたが、いかがでしたか。
はくさいはボリューム感のある野菜で、お腹をしっかりと満たしてくれます。はくさいを購入したら、今回紹介したレシピを作ってみてはいかがですか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり