秋の味覚にんじん!旬の豊かな味わいを楽しむ、おつまみ5選

年間を通して手に入りやすい野菜、にんじん。鮮やかな色合いと甘みで毎日の食卓におなじみの食材ですが、旬を迎える秋はさらに甘みが増して、他の季節よりも豊かな味わいが楽しめます。今回は、そんなにんじんの魅力をたっぷりと味わうおつまみをご紹介します。

秋の味覚をたっぷり楽しむおつまみ「にんじんきんぴら」

まずは定番のにんじん料理、「にんじんきんぴら」をご紹介します。にんじんの甘さと、コリっとした食感を楽しめる人気のレシピです。手軽に作れるので、おかずやおつまみ、弁当の一品としても便利に使えますよ。
千切りにしたにんじんをごま油で炒め、塩と黒ごまを加えてさらに炒めれば出来上がりです。野菜だけで作るので、ヘルシーなことも嬉しいポイントですね。
味付けはお好みで、唐辛子、醤油、めんつゆを入れても美味しいです。具材も、ごぼう、セロリ、はすなど冷蔵庫の食材と相談して、うまくアレンジして作ってみてくださいね。

秋の食材の彩りも楽しめるおつまみ「にんじんとにらの豚肉ロール」

続いて、野菜をたっぷり使った肉巻きレシピをご紹介します。
シャキシャキした野菜の食感と、綺麗な彩りが魅力で、おかずやおつまみ、軽いおもてなしにもおすすめですよ。
作り方は、味噌を塗った豚肉に、長めの細切りにしたにんじんと、にらをのせてくるくると巻きます。豚肉ロールの巻き終わりを下にして焼き、肉の閉じ目がくっついたら、コロコロと転がしながら焼き色が付くまで焼けば出来上がりです。
味付けは、にんにく、醤油、みりんなどを使っても美味しいです。中の野菜を変えれば、また違った食感が楽しめますよ。

優しい味付けで楽しむ秋の味覚「にんじんとごぼう、牛肉の煮浸し」

お酒のおつまみに、ご飯のおかずにぴったりの煮浸しをご紹介します。
にんじん、ごぼう、牛肉だけのシンプルな材料で手軽に作れるので、あと一品という時に重宝しそうなレシピです。
作り方は、縦にくし切りにしたにんじんと、乱切りにしたごぼうを茹でて水気を切ります。牛肉も茹でて水気を切りましょう。長ねぎ、しょうが、醤油、みりん、砂糖の合わせ調味料を作り、鍋で煮立てたら、先ほどの具材にかければ出来上がりです。
沢山作って、常備菜にしたり、卵でとじたり、ご飯に乗せたりとアレンジがしやすいので、便利に使ってくださいね。

秋の味わいを濃縮!野菜が摂れるおつまみ「フライドにんじん」

続いてのご紹介は「フライドにんじん」です。さっぱりとした味付けで、シンプルながらに、にんじんの美味しさをたっぷりと感じることが出来ます。
作り方は、にんじんをくし形に切って袋に入れ、醤油、すりおろしにんにく、薄力粉を和えたら、一本ずつ片栗粉をまぶしましょう。油であげて、塩をふればできあがりです。お好みで黒胡椒や、マジックソルトをかけても美味しいですよ。

秋の味覚を手軽調理で!絶品おつまみ「にらとにんじんのチヂミ」

最後に、にら、にんじん、たまご…と、シンプルな食材で作る簡単レシピをご紹介します。サッと作れて食べ応えがあり、ビールとの相性も抜群という便利な一品です。
作り方は、切ったにら、にんじんに、水、薄力粉と上新粉、砂糖、塩を混ぜて、最後に溶き卵を混ぜます。フライパンで両面に焼き色が付くまで焼いたら出来上がりです。
具材は、肉、海鮮、キムチなどを入れても美味しいので、ぜひアレンジも試してみてくださいね。

にんじんの食感や甘みを、たっぷりと楽しめるレシピをご紹介しました。どの料理もサッとつくれてアレンジもしやすいので、楽しく作れるものばかりではないでしょうか。ぜひ今回のレシピを参考に、楽しいお酒の時間を過ごしてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1鶏肉のおいしさを引き出す!はちみつを使った鶏肉レシピ12選あやママ
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部