秋のブロッコリーを楽しむおつまみレシピ5選

アブラナ科で花芽を食べるブロッコリーは、煮ても湯がいても炒めても、鮮やかな緑色がくすみにくく、形も崩れにくい、という性質が野菜の中でも際立った存在です。ボリュームがあって食べ応えがあるので、そのまま食べても、具材にしても存在感がありますよね。今回は、そんなブロッコリーを楽しむ秋のおつまみレシピをご紹介します。

仕上げに海苔を散らしておいしさアップ「ブロッコリーのチーズ蒸し焼き」

フライパン一つで、あっという間においしいおつまみができあがる、「ブロッコリーとチーズの蒸し焼き」。
ブロッコリーとチーズの相性は抜群で、海苔の旨みがさらにおいしさを引き立ててくれますよ。
まず、ブロッコリーをフライパンで蒸し焼きにし、チーズをのせたら、再び蒸し焼きに。お皿に移して海苔をかけるだけでできあがりです。
ブロッコリーの蒸し時間は長くなりすぎないようにし、歯ごたえを残すことがポイントです。
あまり台所に立たない旦那さまに教えてあげたら、奥さまのお出かけの日の晩酌に自分で作ってくれるかもしれないですね。ヘルシーなので安心なおつまみです。

ブロッコリーだけでシンプルに「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」

こちらもフライパンで炒めるだけでできる、手軽に作れるおつまみのレシピです。
オリーブオイルににんにくと唐辛子で香りと味を付け、ブロッコリーを炒めます。
ブロッコリーは、下茹でせず蒸し焼きにすれば、栄養価を逃さずにいただけます。蒸し焼きにする時は、料理酒を使いましょう。
にんにくの香りがブロッコリーの旨みを引き立て、ピリッとした辛さが食欲をそそります。
野菜をたっぷり食べられるおつまみなのでおすすめしたいレシピです。

ブロッコリーとミニトマトのいろどりがおしゃれな「具だくさんアヒージョ」

自宅でパーティー、というシチュエーションに活躍するおつまみに「具だくさんアヒージョ」はいかがでしょうか。
アヒージョソースは、オリーブオイルに鷹の爪と薄切りにしたにんにくを加えて、弱火で表面がフツフツしてくるまで火にかけて作ります。そこに、お好みの具材を加えてハーブソルトで味付けすれば完成です。
このレシピでは、ブロッコリー、ウィンナー、マッシュルーム、ミニトマトを使って、見た目も豪華でカラフル。
意外と何にでも合うアヒージョソース、その時あった野菜をプラスしてもOKですよ。
ワインのお供に相性抜群のおしゃれな一皿です。

ブロッコリーをソースに仕立てていただく「チキンソテーグリーンソース」

ブロッコリーソースがのったチキンの、こんな一皿はいかがでしょうか。
ごはんのおかずとしても活躍し、晩酌のおつまみにもなるこのレシピは、お子さまも旦那さまも、家族みんながそろった夕食のテーブルにぴったりですね。
鶏もも肉は、塩胡椒してフライパンでカリッと焼きあげます。上にのせるグリーンソースは、塩もみしたブロッコリーを炒め、オリーブオイルと酢で味付けしてソースにしましょう。
ブロッコリーは、鶏肉をソテーした後のフライパンを使えば、鶏肉の旨みがプラスされますよ。
オリーブオイルと酢で味付けしたブロッコリーのソースで、肉も野菜もさっぱりといただけます。

豚肉とブロッコリーが大活躍「豚肉と野菜のマヨガーリック炒め」

こちらも、メインのおかずにもおつまみにもなる、家族がそろった日の晩酌にぴったりの一皿です。
たまに帰省する兄弟やその友人たちが集まれば、晩酌のテーブルはにぎやかに。そんな時、お酒にもご飯にも合う、手軽でボリューミーな一皿がパパッと用意できれば一安心ですよね。
湯がいたブロッコリーと薄切りの豚肉の組み合わせに、にんにくと黒胡椒が効き、マヨネーズの風味がブロッコリーを引き立て、くせになるおいしさですよ。

いかがでしたか。
そのままでも、肉や他の野菜と組み合わせてもおいしいブロッコリー。ぜひおつまみに活用してみて下さいね。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2晩ごはんは洋食で決まり♪メニューに迷った時のお助けレシピ16選あやっこ
  3. 3安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5今日もお仕事お疲れさま♪旦那さんが喜ぶ晩ごはんレシピ11選