秋が旬のブロッコリー!手軽に作れるおすすめレシピ5選

茹でるだけで美味しく食べられる、身近な野菜の「ブロッコリー」。 鮮やかな色が料理に華やかさを与えてくれるので、飾り付けに使っている人も多いはず。サラダとしてそのまま食べるのはもちろんですが、今回は、秋が旬のブロッコリーを手軽にアレンジして作れる、おすすめレシピをご紹介します。

手軽に作れて朝ごはんにもおすすめ!「ブロッコリーの目玉焼き」

忙しい朝にもぴったりの、ブロッコリーと卵で作る目玉焼きレシピのご紹介。
茹でて、混ぜて、フライパンで焼くだけ。とても手軽に調理できるのも嬉しいポイント。
ブロッコリーと卵があれば、あとはニンニク・粉チーズがあれば大丈夫。
ニンニクが入っているので、調理している時に、その香りでお腹が空いてきますよ。
オリーブオイルがない時は、サラダ油でも代用可能です。
卵の焼き加減は、蒸し時間を調整して好みでどうぞ。
とろっと卵がブロッコリーと絡んで、たまらない美味しさです。

ポカポカ温まりたい日にぴったり「ブロッコリーと豚つみれのコーンクリーム煮」

少しずつ寒くなってくる秋は、温かい料理を食べたくなりますよね。そんな日は、このレシピがおすすめ。
ゴロゴロ豚ひき肉で作ったつみれと、ブロッコリーが入っているので、ボリューム感もあり、コーンクリームのほんのりとした甘さで、ホッとさせてくれますよ。
牛乳を加えた後は、煮立つ前に火を止めることがポイントです。
コーンクリーム缶を使うことで、スープになじみやすく簡単に作れます。
好みの野菜を加えても美味しく食べられるので、アレンジしてみてくださいね。

余ってしまった野菜で手軽に作れる「ブロッコリーの野菜味噌」

鍋をした次の日や、スーパーでお得だったから沢山買ってしまって野菜が余ってしまった・・・そんな時、このレシピが大活躍。
ご飯のお供としてはもちろん、マヨネーズと絡めてパンに挟んでも美味しく食べられる野菜味噌は、ブロッコリーが入っているので、ボリューム感が増し、メイン料理の添え物としても使える万能料理。野菜の食感を存分に楽しめます。
旨味を引き出すきのこと、旨味を吸収してくれるなすを組み合わせることで、美味しさがギュッと詰まり、上手に作れます。
他の野菜を加えても美味しく作れるので、多めに作って冷蔵庫で保存するのがおすすめ。

野菜たっぷりでバランスも安心「鶏肉とブロッコリーのグラタン」

クリーミーなソースと、とろーりチーズが魅力のグラタンですが、カロリーが気になる人でも安心して食べられるレシピをご紹介。
ダイエット中の人にもおすすめのこのレシピは、鶏肉・ブロッコリー・玉ねぎ・マッシュルームがあれば作れます。
とてもヘルシーなのに、白ワインを使っているので本格的な味わいに。
ブロッコリーと鶏肉が入っているので、ボリューム感があり、お腹を満たしてくれます。
濃厚な味が好きな人は、オーブンで焼く時に好みでとろけるチーズをのせても美味しく食べられますよ。

ゴロゴロ野菜で食感が楽しめる「ブロッコリーのメンチカツ」

サクサク衣と肉のジューシーさが味わえるメンチカツに、ブロッコリーをプラスして、食感も楽しめるレシピをご紹介。
材料は豚肉とブロッコリーだけと、とても手軽に作れます。
メインのおかずとしてはもちろんですが、一口サイズに切って盛り付けると、ブロッコリーの色合いがとても鮮やかで、おもてなしでも喜ばれそうな料理に。
ブロッコリーを洗う時は、ボウルなどで水を張り、茎を持って水に入れて振ると、よく汚れが落ちるので試してみてくださいね。

旬のブロッコリーを使った、手軽に作れるおすすめレシピをご紹介しました。
ブロッコリーは茹でて下処理が必要な野菜なので、前日に茹でて準備しておくと、時間短縮になりますよ。
様々な料理に使えるブロッコリーを使って、料理のバリエーションをぜひ拡げてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部