秋に食べたい、はくさいのおつまみレシピ5選

鍋料理が恋しくなる季節に欠かせない旬の野菜といえば、はくさいです。甘みが増す秋の季節には、はくさいを使った料理を楽しんでみませんか。はくさいを一株丸ごと購入すると、消費するのに一苦労する方も多いはず。中途半端に余ってしまったはくさいは、おつまみ用に使うとスッキリ片づけられますよ。ぜひこのおつまみレシピ5選から、はくさいの活用テクニックをつかんでくださいね。

レンジ調理の簡単レシピ「ちくわとはくさいのマヨネーズ和え」

コンロは全て使用中だけどもう一品…というときは、レンジだけで調理ができる簡単レシピがお役立ち。
はくさいを一口大にカットしたら、レンジで加熱し、斜め切りしたちくわを加えて調味料と白ごまを混ぜます。これだけで一品おつまみが完成します。
マヨネーズのまろやかな風味が、はくさいの甘みにとても合いますよ。

キムチでピリ辛!トースターで作る「はくさいチーズ豚巻」

アスパラやいんげんなど、春夏の野菜を巻くことが多い、豚の肉巻料理。秋になったら、野菜をはくさいに変えましょう。
加熱したはくさいに、ピザ用チーズ、キムチを乗せて塩胡椒した薄切りのバラ豚肉で巻いたらトースターへ。カリッとするまで焼き上がったらお皿に盛り付けましょう。
とろりと溶けたチーズにピリ辛のキムチ、たっぷりと巻かれたはくさいがお腹いっぱいに広がります。お子さま向けにはキムチを抜いて、お弁当用のおかずにしてもいいですね。

はくさいと水菜でシャキシャキさっぱりおつまみ「菜々豚しゃぶしゃぶのコクみそあえ」

お疲れの旦那さまには、サッパリしたはくさいおつまみがおすすめです。
しゃぶしゃぶにした薄切り豚肉を、みそベースの合わせ調味だれに絡めて、茹でたはくさいと水菜を混ぜ合わせればOK。柔らかい豚肉と茹でても、シャキシャキとした食感を残したはくさいが混ざり合い、噛めば噛むほど食欲をそそられます。この歯応えを楽しむコツは、食材を茹でた際にきっちり水気を取り除くこと。
万能ねぎ、白ごまを散らして、お酒と一緒に出してあげてくださいね。

アサリのだしとバターがはくさいに染み込んでジュワッと美味しい「アサリとはくさいの酒煮」

酒の肴として大人気のアサリの酒煮に、はくさいでボリュームをプラスしたおつまみレシピがこちらです。
アサリから出てきた出し汁で、はくさいといんげんをコトコトと蒸します。クタッとするまで火が通ったら、アサリ、塩、バターを加え、全体を混ぜ合わせます。
アサリの旨みとバターのコクがはくさいに染み込み、口に入れた瞬間にジュワ~ッと美味しいスープが出て、箸が止まらなくなりますよ。

食べたいときに好きなだけ!お好みの量でパパッと「はくさいの浅漬け」

最後にご紹介するのは、おつまみとしても、ごはんのお供としても大人気の浅漬け。中途半端にはくさいが残ってしまっても、浅漬けならお好みの量で作りやすく、とても便利ですね。
はくさいを食べやすいサイズにカットしたら、チャック付きポリ袋に入れて、めんつゆ、ごま油、砂糖、塩胡椒、白ごまを入れましょう。そのまま冷蔵庫で寝かせたら、美味しい浅漬けに大変身。
お好みで昆布やゆずを加えて、アレンジをするのもおすすめです。朝ご飯にも夕ご飯にも出せるメニューなので、まとめて作り置きをしておいてもいいですね。

はくさいのおつまみ料理5選をご紹介しました。はくさいは、生のままシャキシャキとした食感を感じる浅漬けにしたり、茹でてしっとりとした柔らかい和え物にしたり、ボリュームアップに使ったり…と、さまざまな用途に使える食材です。季節の食材と掛け合わせて美味しいおつまみをどうぞ。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部