秋に食べたい!ほうれんそうの洋食レシピ5選

濃い緑色で、柔らかい舌触りが特徴のほうれんそう。 和洋中と様々な国の料理で活躍しているほうれんそうは、万能な食材です。使い方次第で様々なアレンジをすることができます。今回は洋食に絞り、楽しく作れて、美味しく食べることができるレシピを5つ紹介します。

秋のレシピ!綺麗な緑が特徴「ほうれんそうのポタージュ」

ほうれんそうの色素が綺麗な緑を出して、華やかで野菜の味わい深いスープが作れるこちらのレシピ。ほうれんそうのポタージュです。
濃厚なポタージュで、身体の芯から温まることができそうですね。
野菜はほうれんそうの他、じゃがいも、マッシュルーム、たまねぎを使用します。
具材を煮立てたら全てをミキサーにかけて、塩胡椒で味を調えます。温めた牛乳を泡立てて器に盛ったスープ上に乗せて完成。
牛乳は、煮立てすぎると分離するので注意して加熱するようにしましょう。

秋のレシピ!ふわふわ食感が堪らない「ほうれんそうと挽肉のオムレツ」

ほうれんそうを使った定番洋食レシピの一つがオムレツ。
ほうれんそうの他、豚挽肉を混ぜ込んでいるので、野菜と肉を両方一緒に楽しむ事ができます。
ボリュームもあり、これを食べればお腹もいっぱいに満たされそうですね。
材料も挽肉、ほうれんそう、卵、牛乳、塩胡椒、サラダ油、ごま油、ケチャップのみと簡単なもので作れます。
アレンジして食べたい時には、チーズを入れるとコクがアップしたオムレツになります。
温かいうちにお召し上がりください。

秋のレシピ!牡蠣と好相性!「ほうれんそうのクリーム煮」

ほうれんそうと牡蠣の組み合わせは、鉄板の組み合わせ。その組み合わせで、コクのある優しい味わいのクリーム煮に仕上げたレシピです。
牡蠣の旨みで味にグッと深みがプラスされています。
牡蠣、ほうれんそう、クリームといえばグラタンも思い浮かびますが、グラタンよりも手軽に作れるクリーム煮は、気軽に作ることができるのでおすすめですよ。
牛乳を加えて煮込む時は、塩と胡椒を少しずつ加えて味を調節してみてください。
美味しく仕上げるポイントとして、ほうれんそうの歯ごたえが残るように、茹で過ぎないように注意しましょう。

秋のレシピ!れんこんと一緒に「ほうれんそうのシンプルソテー」

ほうれんそうのソテーは定番の調理方法ですが、組み合わせる具材によって仕上がりの味わいが大きく異なってくるので、幅広い組み合わせがあります。
今回紹介するソテーは、れんこんと組み合わせたそれぞれの食感を楽しめるソテーです。
バターを溶かしたフライパンの上で炒めながら、醤油、料理酒、塩胡椒で味を調えてください。
お好みで仕上げに七味とうがらしを振れば、ピリッと味が締まって、辛みが好きな人におすすめのアレンジとなります。
短時間で作れるので、ぜひ気軽に作ってみてください。

秋のレシピ!コンソメ引き立つ「ほうれんそうの洋風おひたし」

ほうれんそうとベーコンで作るおひたしのレシピ。
おひたしですが、コンソメを使っているので、味と香りが洋食の仕上がりとなっています。
その他の材料は、オリーブオイル、麺つゆ、水のみ。少ない材料で簡単に作ることができそうですね。
おひたしは煮込んでから粗熱をとって、冷蔵庫で冷やしながら味を馴染ませます。この時にしっかりと漬けおくことで風味が染み込むので、焦らずにおいておきましょう。30分が漬けおきの目安の時間です。

ほうれんそうを使った秋に食べたい洋食レシピを5つ紹介しましたが、いかがでしたか。
ほうれんそうは柔らかく、調味料の味と馴染みやすいので、使う調味料次第で簡単にアレンジすることができます。
スープ、煮物、ソテーなど、様々な調理ができる便利な食材。ほうれんそうが手に入ったら、是非チャレンジして作ってみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1鶏肉のおいしさを引き出す!はちみつを使った鶏肉レシピ12選あやママ
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部