夜ごはんの主役にピッタリ!えびを使った簡単レシピ5選

夜ごはんのメインにぴったりの、えびを使った鮮やかで簡単なメニューを紹介します。どれもボリューム満点、ごはんが進む美味しさなので、育ち盛りのお子さまや食いしん坊の旦那さまの胃袋も喜びますよ!

ココナッツミルクで濃厚に「トマトとえびのエスニックカレー」

トマト缶を使った、作り置きもできるエスニックカレーのレシピです。
薄切りの玉ねぎは繊維をカットする方向で切り、マッシュルームは厚切りしておきましょう。オリーブオイルを熱したフライパンにえびと玉ねぎを入れ、強火で炒めます。
一度火を止め、マッシュルームとカレー粉、しょうがとにんにくを加え弱火で炒めます。カットトマト缶とココナッツミルクを加えて混ぜ、残りの調味料で味付けしたら中火で10分程煮込みましょう。とろみが付いてきたら塩と黒こしょうで味を調えて完成です。
お好みでパクチーを添えれば、グリーンが食欲をそそるメインディッシュに仕上がりますよ。

ぷりぷりほくほくグラタン 「えびとブロッコリーのトマトクリームグラタン」

チーズの香ばしい香りがたまらない、マカロニグラタンです。
野菜はあらかじめ切っておき、グラタンソースに使う調味料も混ぜ合わせておきましょう。フライパンで玉ねぎとボイルえびを炒め、そこへ小麦粉を加え全体になじむまで炒めましょう。
一旦火を止めたら、先ほど合わせておいたグラタンソースを入れます。小麦粉がダマにならないように、おたまに1杯ずつしっかり混ぜながら入れていきましょう。
バターを入れて中火で煮立てたところへ、マカロニとブロッコリーを追加します。弱火で混ぜながら煮、耐熱皿へ移し上からチーズをかけ、オーブントースターで9分焼けば完成です。アツアツをふうふうしながら食べたい一品ですね!

豆腐と卵でマイルド味、ご飯にぴったり 絶妙 「えびと豆腐のチリソース炒め」

豆腐と卵とえびで栄養バランスも良さそうなチリソース炒めのレシピをご紹介しましょう。
にんにく、しょうが、豆板醤をえびに絡めて炒めていきます。鶏ガラとケチャップがベースになったソースには酢が効いていて、爽やかな風味も感じられる味付けです。舌触りのいい絹ごし豆腐は、ツルッと食べられるのもいいですね。
あえて水切りせずに大きくちぎった豆腐を使えば、チリソースの辛味がマイルドになり、辛味が苦手な方でも食べやすくなります。
最後はねぎとごま油を加え混ぜ、卵を回し入れたら完成です。半熟卵のとろみも加わって、お箸が止まらないメニューです。ご飯もすすみますね!

エビチリソースで別格の味わい「えびチリ焼きそば」

おなじみのエビチリを焼きそばにのせていただく、ボリュームのある料理です。エビチリソースはどのご家庭にもあるケチャップ、料理酒、砂糖、鶏ガラスープの素で作ることができますよ。
薬味はみじん切りにして、豆板醤と混ぜ合わせておきましょう。市販されている中華麺は、あらかじめ電子レンジで加熱してほぐしておくと使いやすいですよ!ほぐした中華麺を油で炒める時にはあまりいじらずに、フライ返しで押さえながら焼き色をつけるようにしましょう。
薬味とソースで炒めたえびとパプリカの餡を上からかけたら、しっとりパリパリの食感がクセになるえびチリ焼きそばの完成です!お店風のカリカリ焼きそばが自宅で作れるので、おもてなしにもどうぞ!

ジュースで作るトマトリゾット 「えびのトマトリゾット」

トマトジュースとコンソメがベースのリゾットは、15分でサッと作れる見た目も豪華な一品です。
熱湯で伸ばしたトマトジュースにコンソメを入れ、沸騰したらそこへえび、たまねぎ、ご飯、レタスと順に追加していきます。熱湯を使うこと、そしてご飯も温めてから使うことが時短のカギとなりますよ!さらに温かいご飯を使うことでほどよいぬめりが出るので、本格リゾットの仕上がりになります。
フライパンからお皿へ移す前にオリーブオイルを回し入れ、香りと艶を引きだしたら、お皿に盛ってお好きな量の粉チーズを振りかけていただきましょう。時短とは思えないおいしさですよ!

独特の甘味とぷりぷりの食感が美味しいえびを使った料理は、手間がかかるイメージがあるかもしれません。でも、時短テクと組み合わせることで簡単にボリューム満点の料理ができあがりますよ。夜ごはんのメインにぴったりのえびレシピを楽しんでくださいね!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部