食卓に秋色を!おいしいスープでお腹からあったまるレシピ5選

秋が近づく季節の変わり目は、どうも体調が優れないという日が増えてしまうもの。そんな時には、根菜やきのこ類をたっぷり使ったおいしいスープはいかがでしょう。食べやすく栄養たっぷりのスープは、体も心も元気にしてくれますよ。

野菜ときのこがたっぷり 「ダブル芋ときのこのスープ」

芋ときのこがたっぷり入った、作り置きもできるクリームシチューです。
まずはバターで挽き肉を炒めます。他の肉に比べて脂質が少なめの鶏肉なら、さっぱりといただけますよ。
そこへ玉ねぎ、じゃがいも、さつまいもを入れ中火でさらに炒めます。3種類のきのこを追加して混ぜ合わせたら、コンソメとローリエと一緒に水と牛乳で煮込みましょう。さらにナツメグを少々加えるのもおすすめです。
すべての材料に火が通ったら、一旦火を止めてシチューのルーを入れ、お好みのとろみになるまで弱火で煮ます。
2種類のお芋のほくほく感で、秋を存分に楽しめますよ。

ごぼうを入れて肉団子の食感をアップ 「肉団子入りトマトスープ」

ピリッと大人味のスープです。
鶏むね肉の肉団子は、ごぼうと玉ねぎのみじん切りを混ぜ込み作ります。ごぼうのうまみと食感で、食べ応えのある鶏団子になりますよ。
トマトジュースをベースに作ったスープに、鶏団子のタネをスプーンですくいそっと入れましょう。中火で煮ていると鶏団子がゆっくりと浮かんできますので、このタイミングであらかじめ湯通ししておいたレタスを入れます。
最後に入れたレタスは、食べる時にシャキシャキとした食感が残っているのがポイントです。
細切りにした白髪ねぎと黒胡椒でアクセントをつけて完成です。
トマトの甘みに黒胡椒がピリッと効いた、後引く美味しさが味わえますよ。

じっくり煮込んで旨みたっぷり「 牛肉と根菜のカレースープ」

じっくりと時間をかけて煮込んだ和洋風のカレースープのレシピです。
下味をつけた牛肉は全面に焼き色がつくまで焼き、そこへ野菜とカレー粉を入れて一度炒めてから煮込みます。
ごぼうのアク抜きは、長すぎるとうまみも逃げてしまうので気をつけてくださいね。
そしてこんにゃくはアク抜きされているものを使うか、あらかじめ茹でてアク抜きをしておきましょう。
肉が柔らかくなるまで煮込んだら、最後に醤油とウスターソースで味付けをします。
肉と野菜の旨みがつまった、具沢山のスープで、栄養満点。カレーの香りが食欲をそそります。

根菜たっぷり食べごたえ充分なスープ 「 根菜のトマトスープ」

簡単に作れて、栄養面も気にしたい、そしてボリュームも食感も欲しいという欲張り気分も、このレシピが解決してくれるでしょう。
ベーコンと一緒にしっかり炒められた野菜はうまみが増し、トマトの酸味や甘みとよくなじみます。
具材として使う野菜は、さつまいも、れんこん、にんじん、玉ねぎ。これなら栄養、ボリューム、食感が十分に満たされますね。
時短レシピですが、白ワインとタイムを入れて煮込んでいるので風味には深みがあります。
根菜を洋風スープで煮込んだこのレシピは、見た目も鮮やかです。
器に盛ったら黒胡椒とパセリを振ってお召し上がりください!

れんこんでとろーりかぼちゃポタージュ 「かぼちゃとれんこんのポタージュスープ」

れんこんが入っていて食感も楽しめる和風ポタージュです。
かぼちゃはあえて煮崩れさせるために5mmの厚さに切ります。だし汁で煮たかぼちゃからはうまみが引き出され、炒める際に使ったごま油の風味とよくなじみますよ。
かぼちゃはミキサーや濾し器を使わずに、煮崩れたところをへらで潰します。すりおろしたれんこんを加えてさらに煮込みましょう。皮ごとすりおろしたれんこんが、スープのとろみと食感になります。とろみが付いたら塩で味を調えましょう。
生姜のすりおろしをのせていただけば、体が芯から温まりそうですね。

食べやすくて栄養満点スープレシピ、いかがでしたか。
簡単なものなら朝食にも作れそうですし、じっくり煮込んだものは夕食のメインとしても活躍しますよ。
気温の変化が気になる季節には温かいスープをどうぞ!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部