手軽にお腹を満たしてくれるがっつりランチのレシピ5選

ご自宅のランチメニューのレパートリーはなんとなくマンネリになりがちではないでしょうか。一人の時はついつい前の日の夕食の残り物やトースト一枚で済ませてしまう…。なんて方もいらっしゃるかもしれません。今回は、そんな時でも手軽に作れてがっつりお腹を満たしてくれる、ランチにおススメのレシピを5つご紹介します。

手軽におしゃれなパスタランチ♪がっつりした食べ応え『きゃべつとウインナーのパスタ』

こちらはランチにぴったりの、にんにくバターの香りが食欲をそそるパスタのレシピです。
フライパンにオリーブオイルとみじん切りのにんにくを熱して香りを立てます。
ウインナーを加え、きゃべつとコンソメ顆粒、醤油、塩胡椒を加えてさらに炒めます。茹であげたスパゲッティとバターをフライパンに加えて混ぜ合わせたら出来上がりです。
皿に盛って温泉卵をトッピングしていただきましょう!
フライパン一つで簡単にパスタが作れるのでランチにぴったりですね。
お好みでペンネなどのショートパスタでアレンジしても良さそうです。
ピリ辛がお好きな方は、赤唐辛子を加えて作ってみてくださいね。

お子さまも喜ぶ!ランチにぴったりがっつり『ドライカレーチャーハン』

牛挽き肉を使ったドライカレーカレーチャーハンはいかがでしょうか。
フライパンにサラダ油を熱して、牛挽き肉、コーン、1cm角に切った玉ねぎ、ピーマンを加えて炒めます。しんなりしたらカレー粉、塩胡椒、バター、醤油を加えて味付けしたあと、ご飯を加えて全体になじむまで3分ほど炒めます。
目玉焼きを作って、カレーチャーハンの上にトッピングしたら出来上がりです!目玉焼きはお好みの固さに仕上げてくださいね。
コーンやカレーといったお子さまに人気の食材を使っているので、週末のランチに作ればお子さまがモリモリ食べてくれそうですね!

がっつりなのにヘルシー女子会向け『りんごとアボカドのタルト』

こちらはランチ女子会にぜひ作って頂きたい、キッシュ風のりんごとアボカドのタルトです。
キッシュ型にパイシートを敷いてフォークで穴をあけておきます。その上にスライスしたりんご、アボカド、ざく切りのパクチーを並べ入れます。クリームチーズに卵と生クリームを混ぜ合わせて、塩胡椒で味をととのえてキッシュのタネを作り、具材を並べた型に注ぎ入れましょう。粉チーズを振って180度のオーブンで30分焼いたら完成です。
りんごとアボカド、パクチーという味のイメージが沸きにくい組み合わせですが、クリーミーな中に爽やかな香りが感じられるおしゃれな一品ですよ!
通常のキッシュのレシピではバターを使いますが、こちらのレシピではアボカドで代用しているので、ヘルシーなところもうれしいですね。

王道の美味しさ!濃厚がっつり『明太マヨのポテトグラタン』

休日のランチにいただきたい明太マヨのポテトグラタンをご紹介します。
ピザ用チーズ、明太子、マヨネーズ、生クリーム、溶かしバターを混ぜて明太マヨソースを作っておきます。レンジ加熱してフォークで粗くつぶしたじゃがいもを耐熱皿に入れたら、明太マヨソースをかけ、オーブントースターで焼き色がつくまで焼けば完成です。
最後にパセリを振れば彩りも良くなりますよ。
パンとスープを添えて、ご家族そろった休日のランチのメニューにいかがですか。

ランチにぴったりがっつり丼『マーボートマト丼』

丼ご飯は手早く作れるがっつり料理の代表格のひとつですよね。
こちらは、豆板醤を効かせたマーボー風の豚そぼろとトマトでいただく丼です。
フライパンにごま油をひいて長ねぎとしょうが、豚挽き肉を加えて炒めます。火が通ったらざく切りにしたトマトを加えて蒸し焼きにし、味噌、豆板醤、醤油、片栗粉などを混ぜた合わせダレを加えてとろみがつくまでさらに炒めます。とろみがついたら、ご飯を入れた丼の上にかけ、白髪ねぎをのせて出来上がりです!
トマトがたっぷりと一人一個分入っているので、丼一つで肉と野菜がバランス良く食べられるのがうれしいですね。
スピーディーにボリュームたっぷりのランチが食べたい時にぜひ作ってみてくださいね!

いかがでしたか。
和風のパスタや中華風どんぶり、おもてなしにも使えそうなおしゃれな洋風の一品まで、ボリュームたっぷりのがっつりランチレシピを幅広くご紹介しました。
シーンに合わせて作ってみてくださいね!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4【本日の主役は卵!】家族が笑顔になる☆おすすめの晩ごはんご紹介よこさん
  5. 5ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部