ほうれんそうを使った、秋のおすすめ副菜レシピ5選

寒くなると甘味を増す野菜は多いですが、ほうれんそうもそのひとつ。気温が下がると柔らかくなり、味がより良くなると言われており、秋になると普通のほうれんそうに加えて、寒さを経験した「寒締めほうれんそう」や「ちぢみほうれんそう」も出回りますね。ただ、ほうれんそうは、野菜の中ではややアクが強いほうで、メインの食材というよりは、副菜向けの野菜と言えるかもしれません。今回は、おいしい旬のほうれんそうが活躍する、おすすめの副菜レシピを選んでご紹介いたします。

定番のほうれんそうのお浸しに一工夫「焼き厚揚げ入りお浸し」

ほうれんそうといえば、お浸しは定番中の定番ですが、少し変化をつけたい時や、ほうれんそうだけでは物足りなく感じる時もあるのではないでしょうか。
そんな時におすすめの、ほうれんそうと厚揚げを組み合わせたボリューム感のあるお浸しをご紹介します。
厚揚げの一手間がポイントで、表面に醤油を浸してオーブントースターで焼くと味が付き、カリッと香ばしくなりますよ。
厚揚げで油気とコクが加わるので、仕上げは醤油よりもぽん酢がおすすめです。和の献立に合う一品ですよ。

さっぱりとした和の味わい「鶏ささみとほうれんそうの梅和え」

もうひとつ、和食に合うほうれんそうを使ったレシピをご紹介します。
メインががっつりしたおかずの時に合わせたい、さっぱり味の和えものです。
湯がいてほぐしたささみと、湯がいたほうれんそう、麺つゆと叩いた梅干しを和えるだけでできあがりなのですが、湯がいたほうれんそうの扱いには、ちょっとしたコツがあります。冷水にとった後、絞るだけでなく麺つゆか醤油で軽く下味を付けて置き、再度絞ることで水っぽくならずに仕上がりますよ。
梅のアクセントでさっぱりいただける一品です。

たっぷりほうれんそう入り「桜海老と野菜のナッツソテー」

お浸しや和えものだけでなく、炒め物でもほうれんそうをおいしくいただくことができます。
こちらは、炒め物に変化をつけたい時におすすめの、桜海老、胡麻、クルミを野菜と一緒に炒めた一品です。
香ばしい香りとコリコリした歯ごたえに、ほうれんそう、エリンギ、パプリカの色どりも華やかで、おもてなしのテーブルにもおすすめ。
野菜がたっぷり摂れる、嬉しい一皿ですね。
クルミはやや大きめに刻んで食感を楽しみましょう。

しいたけの旨みが効いた「ほうれんそうと豆腐の炒めもの」

次にご紹介するのは、ほうれんそうをたっぷり使った、和風豆腐チャンプルーのような炒め物です。
このレシピは、一皿で野菜がたっぷり食べられ、干ししいたけの出汁がしっかり効いているのでうす味でもおいしくいただけます。
家族の身体を気遣う奥さまに嬉しい一品ではないでしょうか。
仕上げにたっぷりと鰹節をかけますが、もしお弁当のおかずに使うならば、出汁の汁気を鰹節に吸わせて和えてしまえば汁漏れしませんよ。

ホカホカご飯がどんどん進む「ひき肉とほうれんそうの辛味噌炒め」

もう一品欲しいけれど時間がない、という時におすすめの、炒めて作るおかずをもうひとつご紹介します。
シンプルにひき肉とほうれんそうを使った炒め物は、ピリッと辛い味噌味がご飯にぴったり。箸がどんどんが進みますよ。
ほうれんそうとひき肉が良く絡み、ほうれんそうが苦手な方でもおいしくいただけるのではないでしょうか。
小さなお子さま向けには唐辛子を入れなくてもOKです。
味噌が固くて炒めにくい場合は、料理酒か少量の水で溶いて加えましょう。
簡単にご飯を済ませたい時は、これだけをご飯の上にかけて丼ぶりにしても良さそうですね。

たっぷりとほうれんそうを使って作るおかずレシピ、いかがでしたか。
普段は作らないような、ほうれんそうの新鮮な使い方もあったのではないでしょうか。ぜひ、この機会にレパートリーを増やしてみて下さいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部