秋が旬!マッシュルームで作る豪華な洋食レシピ5選

秋が旬のマッシュルームは、クセがなく誰でも食べやすいきのこの一つ。コロコロとした可愛らしいマッシュルームは、肉と魚どちらとも相性抜群です。今回は、秋が旬のマッシュルームを使って、子供から大人まで人気の高い洋食メニューをご紹介いたします。

洋食の味に舌鼓!「マッシュルームたっぷりのポークビーンズ」

最初にご紹介するのは、マッシュルームがたっぷり入ったポークビーンズです。
他にも豆やにんじんなどが入っているので、栄養もしっかり摂れますよ。
まず、豚肩ロースをあらかじめ塩こしょうをして、下味をつけておきます。お鍋に切ったマッシュルームとにんじんなどを入れて炒めたら、後から豚肉をしっかり中まで火が通るように炒めていきましょう。
ある程度火が通ったら、トマトソースとミックスビーンズを加えてあとはコトコト煮込むだけ。弱火で煮込んでいけば、具沢山のポークビーンズの完成です!
豚肩ロースの旨味とトマトベースのコクがギュッと詰まったポークビーンズは、一度食べたらやみつきに。
野菜が苦手なお子さまでも食べやすい一品ですよ。

食欲の秋にぴったり!「豚ロースとマッシュルームのケチャップソテー」

次にご紹介する豚ロースのソテーは、食欲旺盛なお子さまがいるご家庭にぴったりのメニューです。
ソテーに合わせるソースは、旬のマッシュルームを入れたケチャップソースなので、昔ながらの洋食を食べたい方にも喜んでもらえる味付けになっています。
作り方は、まず刻んだマッシュルームとたまねぎを用意し、にんじんはあらかじめ電子レンジで加熱して火を通しておきます。
フライパンに有塩バターを入れたら、薄力粉をまぶした豚ロースの両面を焼いていきます。豚肉に火が通ったら、先ほど加熱したマッシュルームと野菜、ケチャップなどの調味料を入れて、ソースにとろみがつくまで炒めたら完成。
ポイントは、火が通りにくいにんじんを、最初になるべく細かく刻んでおくことです。
どこか懐かしい味のケチャップソースのポークソテーは、食欲の秋にぴったりのお腹も心も満足できる一品です。

ちょっぴり大人の味!「まるごとマッシュルームのアンチョビガーリック」

今度は、マッシュルームをそのまま使って作る、ちょっぴり大人の味付けに仕上げた一品です。
作り方はとても簡単。マッシュルームはそのまま使うので、汚れがついていたら拭き取っておきましょう。フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、熱していきます。
にんにくの香ばしい香りが立ってきたら、アンチョビを加え、さらにマッシュルームも投入し、ワインを振って、弱火で蒸し焼きにしていきます。仕上げに黒胡椒とパセリを振りかけたら、オシャレでおいしいマッシュルームのアンチョビガーリックの出来上がり。
お酒のおつまみや、あともう一品欲しい時に役立つおかずです。
アンチョビはもともと塩気が多いので、味見をして丁度よければ塩は足さなくても大丈夫ですよ。

寒い時にホッと温まる!「マッシュルームとハムのほっこりクリーム煮」

牛乳で作るマッシュルームとハムのクリーム煮は、体が冷えやすい朝のごはんにぴったりの一品です。
フライパン一つで作ることができて、調理時間も短いので忙しい時にも助かりますよ。
マッシュルームは、石づきを取っておきます。フライパンにバターを入れて熱したら、マッシュルーム、たまねぎを加えてしんなりするまで炒めましょう。途中でハムと小麦粉、牛乳を加え、コトコト一煮立ちさせたら完成です。
まろやかな風味のクリーム煮はお子さまに人気の味つけですよ。

秋が旬の食材をふんだんに!「さけとマッシュルームで作るとろ〜りグラタン」

最後にご紹介するのは、秋の代表的な味覚「さけ」と「マッシュルーム」を使ったグラタンです。
グラタンソースには生クリームを入れているので、コクのある濃厚な味わいになっています。
さけとマッシュルーム以外にも、おくらやたまねぎといった野菜、チーズもたっぷり入っているので、がっつり食べたい時や育ち盛りのお子さまがいる家庭に喜ばれる定番洋食メニューです。

いかがでしたでしょうか。
マッシュルームはきのこの中でも特にクセがなく食べやすいので、老若男女問わず食べられる食材の一つですよね。
今回は、秋が旬の食材「マッシュルーム」をふんだんに使った本格的な洋食レシピを5つご紹介しました。
ぜひ、洋食をつくってみたい!という方や、旬の食材を使って家族が喜ぶ料理を作りたいと思っている方は、参考にしてみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4晩酌に、おもてなしに!簡単に作れる♪人気のおつまみレシピ12選もちもち
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部