お子さまも旦那さまも大満足!がっつりどんぶりレシピ5選

どんぶり飯といえば、食べ盛りのお子さまやお腹を空かせた旦那さまに、ご家庭で大人気のメニューなのではないでしょうか。親子丼やカツ丼、天丼は定番ですが、他にもさまざまなどんぶりレシピがありますよ。今回は、がっつり食べ応えのあるどんぶりレシピを5つ集めてみました。

温泉卵がからんだ甘辛豚肉がたまらない!「豚バラどんぶり」

こちらはがっつり食材の代表格、豚バラ肉をたっぷり使ったどんぶりのレシピです。
フライパンに熱したサラダ油で薄切り豚バラ肉をさっと焼いてから、砂糖と醤油の合わせダレを煮絡めます。どんぶりに温かいご飯を盛って、肉をタレごとのせて温泉卵と長ネギをトッピングしていただきましょう!
砂糖と醤油だけのシンプルな味付けが豚バラの脂の甘味を引き立てて、大人もお子さまも喜んでくれそうな一品ですね。ガツンとパンチを加えたい時には、豚バラ肉を炒めるサラダ油ににんにくやしょうがの薬味を加えてみるのもよさそうです!

甘辛いたれは子どもにも大人気「甘辛磯辺バーグ丼」

お子さまがモリモリ食べてくれそうな甘辛磯辺バーグ丼のご紹介です。
豚ひき肉にパン粉と卵、みじん切りのねぎを加えて捏ねてから、小判型に成形して海苔を巻きます。小麦粉をまぶしてから熱したフライパンで焼き、砂糖と醤油を混ぜた甘辛タレをからめたら出来上がりです。食べやすく切って火を通したアスパラと一緒にどんぶりに盛り付けて頂きましょう!
ハンバーグはお子さまメニューの定番ですが、海苔を巻いて磯辺焼き風にアレンジすると新鮮な一品になりますね。糸唐辛子をトッピングすれば、旦那さまも喜んでくれそうな大人向けのどんぶりに仕上がりそうです。

ひき肉でできちゃう「ルーロー飯風どんぶり」

ルーロー飯は台湾の代表的などんぶりご飯料理です。本場では豚かたまり肉や台湾醤油などを使って作りますが、こちらはお家にある調味料と豚ひき肉を使って手軽にルーロー飯が作れるレシピです。
ごま油を熱した鍋でみじん切りのねぎ、にんにく、しょうがと共に豚ひき肉を炒めます。みじん切りのしいたけ、干し海老、紹興酒と鶏ガラスープを入れてさらに炒めて十分に火を通してから、茹で卵と共に醤油にオイスターソースや八角を加えた合わせタレで汁気がなくなるまで煮込んで出来上がりです。
普段使いの食材ばかりですが、八角が加わることで一気に本格的な味わいになりそうですね。八角といえば中華やアジア風の料理に幅広く使えて日持ちするスパイスなので、この機会に家庭の常備スパイスに加えてみると、料理のレパートリーが広がりそうです!

香ばしくマイルドなボリューム丼「鶏肉のしょうゆマヨ丼」

鶏肉を使った丼ぶりといえば、和風だしと卵で上品に仕上げる親子丼が定番メニューになりがちですよね。もっとがっつりした一品が食べたい時におススメの鶏もも肉のしょうゆマヨ丼のレシピをご紹介します。
じゃがいもとにんじんは乱切りにして下茹でし、鶏ももは一口大に切って塩胡椒と薄力粉をまぶしておきます。熱したフライパンにマヨネーズを入れて野菜と鶏ももを焼いて火を通してから醤油ベースの合わせダレをからめて完成です!
器に盛ってからさらに「追いマヨ」をかけて貝割れ菜を添えていただきます。丼はもちろん、おしゃれな平皿に盛り付けてカフェ風ワンプレートとして頂くのも良さそうです!

キャベツの大量消費にも!がっつり!「キャベツたっぷり豚丼」

お肉も野菜も沢山食べたい時に一品で大満足できそうなのがこちらのどんぶりです。
フライパンに鷹の爪とサラダ油を熱して、豚バラ肉とくし切りにした玉ねぎを炒めます。火が通ったら醤油ベースの合わせダレを絡めて、丼にごはん、千切りキャベツ、炒めた肉の順に盛り付けたら完成です!合わせダレにニンニクやごま油を効かせているので、食欲をそそる香りがたまらない一品に仕上がりますよ。
野菜が苦手な旦那さまでも生キャベツをどんどん食べてくれそうです。玉ねぎはシャキシャキ感を残しても、しんなりするまで炒めても美味しいです。お好みの炒め具合で作ってみてくださいね!

いかがでしたでしょうか、どれもボリューム満点でおなかを満足させてくれるレシピです。簡単に作れるものばかりなので、お腹が空かせたご家族に手早くがっつりご飯を食べさせてあげたい!なんて時にぜひ作ってみてくださいね!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部