れんこんだってインスタ映え!簡単レシピ5選

脇役のイメージが強いれんこんですが、穴の開いた見た目を生かせばインスタ映えだって夢ではありません。簡単に作れるレシピをご紹介しますので、れんこんに注目したメニューを作ってみませんか。

食感のコントラストが楽しい♪「さといもとれんこんのホットサラダ」

まずは、ねっとりしたさといもとサクサクとしたレンコンの、食感のコントラストが楽しいサラダをご紹介します。
塩もみした後水洗いしたさといもをサラダ油で炒め、薄切りにして水にさらしたれんこんとベーコン、にんにくを加えて炒め合わせます。全体に火が通ったら塩胡椒とバター、レモン汁で味付けし、ベビーリーフを敷いた器に盛りつけて、パセリとレモンの皮を散らせば完成!
噛み応えがあり満足感のあるおすすめレシピです。

プチプチ&サクサクがクセになる「とうもろこしとれんこんのかき揚げ」

とうもろこしの鮮やかな黄色がインスタ映えする、おつまみにもおかずにもピッタリなかき揚げがこちらです。
ボウルに薄切りのれんこんと、芯からそぎ落としたとうもろこし、みじん切りのたまねぎを入れててんぷら粉をまぶし混ぜます。天ぷら粉と水をさっくり混ぜたものと合わせて軽く混ぜたら、スプーンで一口大にすくって熱した揚げ油に入れます。きつね色に揚がったら、油から出して器に盛り、黒胡椒をかけて塩を添えれば完成です。
甘くてプチプチとしたとうもろこしと、サクサクとしたれんこんは、食べ始めたら止まらなくなるおいしさ。えだまめを加えて緑色を足すのもきれいでおすすめです。

れんこんのかわいい見た目がインスタ映え♪「れんこんチップス」

れんこんのサクッとした食感を生かしたれんこんチップスを、2種類ご紹介します。まずは餃子の皮を使って作ってみましょう。
れんこんはよく洗い、皮付きのまま薄くスライスします。片面に水溶き片栗粉を塗って餃子の皮に貼り付けたら、バターを溶かしたフライパンにれんこんの面を下にして並べます。反らないようフライ返しで押さえながら、焼き色がつくまで両面とも焼き、塩をふって完成です。
こんがり焼けた餃子の皮に穴の空いたれんこんが乗った様子は新鮮で、見ても楽しむことができる一品です。

焼くだけで簡単パリパリお酒がすすむ!「れんこんチーズチップス」

れんこんチップス2つ目は、チーズと焼いたおしゃれな一品です。
フライパンにピザ用チーズを間隔をあけて並べ、溶けてきたらスライスしたれんこんを1枚ずつのせます。チーズの周りが色づいてきたら裏返し、れんこんに火が通るまで焼いたら器に盛りましょう。
チーズのコク旨パリパリ食感と、れんこんのサクサク食感が好相性。粗挽きの黒胡椒を強めにふると味が引き締まり、よりお酒がすすみます。
お好みのペーパーナプキンを敷いて、イタリアンパセリなどを添えるとフォトジェニックに仕上がりますよ。

あふれんばかりのきんぴらがインスタ映え☆「きんぴらサンド」

和食のおかずであるきんぴらと食パン。ミスマッチと思われるかもしれませんが、これがなかなかよく合います。
まずフライパンにサラダ油を熱し、豚肉を炒めます。肉の赤い部分が残るうちにささがきごぼうと薄切りのれんこんを加えましょう。れんこんが透き通ってきたらパプリカと醤油、砂糖を入れて、汁気がなくなるまで炒め合わせます。
袋状にした食パンの切れ目にできあがったきんぴらを詰め、お好みで七味唐辛子をふれば完成です。
豚肉の旨味と甘辛の味付けきんぴらがパンと好相性!お弁当にするなら、カラフルなクッキングペーパーで包むと、より見映えがアップします。

サラダ、おつまみ、サンドイッチと、インスタ映えするれんこんレシピをご紹介しましたがいかがでしたか。
いずれのレシピも、れんこんの食感と見た目を生かして簡単に作れるものばかりなので、ぜひお試しください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部