大好きなさけ料理でインスタ映え!さけの簡単レシピ5選

さけは焼いても煮てもおいしくいただけて、使いやすい魚の一つです。しかし、使いやすい魚だけに、インスタ映えするような料理を作ることは少ないかもしれません。今回は、さけが大好きな方が、簡単に作れてインスタ映えするレシピをご紹介します。

さっぱり味でたっぷり食べよう「さけの甘酢かけ」

魚の甘酢かけは、魚が食べやすくなり野菜もたくさん摂れる料理です。さけも甘酢かけにすることで、さらにおいしくさっぱりいただけます。
まずさけは食べやすくするために、一口大に切ります。油で揚げる前にさけに衣をつけますが、このときのポイントが衣の作り方です。さけがふんわりと揚がるよう、衣を作るときは手で大きく混ぜ合わせましょう。揚げたさけの上にのせる長ねぎは、斜め薄切りにしてください。切った長ねぎを水にさらしたあと、しっかりと水気を切って絞っておきましょう。
油で揚げたさけに甘酢を絡ませ盛り付けです。サニーレタスや長ねぎと一緒に盛りつければ、見た目もきれいにできます。

レンジでできるクリームシチュー「鮭のクリームシチュー」

市販のシチューのルーを使わずにクリームシチューを作るとなると、手間がかかると感じるかもしれません。しかし、こちらのレシピは短時間で、しかもレンジだけで作れるレシピです。
クリームシチューをルーを使わないで作ったことがない方には、一体どうやって作るのか気になるところでしょう。ルーがなくても薄力粉とバター、そして牛乳があればクリームシチューを作れますよ。
なめらかなクリームシチューにするためには、牛乳のいれ方に気をつけてください。一度に分量全ての牛乳をいれてしまうと、バターと薄力粉がうまく溶けません。牛乳は少しずついれて、混ぜるようにしましょう。あとはラップをかけずにレンジで加熱すれば、簡単においしいさけのクリームシチューの完成です。

簡単で見た目もバッチリ「アスパラの鮭マヨ焼き」

さけとマヨネーズは、相性の良い組み合わせですよね。そのまま食べてもおいしいのですが、アスパラガスと一緒にすることで魅力的なおかずに早変わりします。
さけは、臭みをとるために料理酒を回しかけ5分おいておきましょう。汁気を切ったらグリルで焼いてください。焼きあがったら、マヨネーズと和えやすくするために、皮と骨をとり細かくほぐします。
マヨネーズと和えたさけをアスパラガスの上にのせ、オーブントースターで焼いてください。さけマヨが焦げ付かないように、焼く時間には気をつけましょう。焼く時間の目安は、さけマヨにかるく焼き色がついたかどうかです。
さけマヨとアスパラガスの彩もよく、食卓をにぎやかにしてくれます。

家族で箸が止まらない!「鮭としめじのマヨソース和え」

お子さまも大人も好きな味と言えば、代表的なものがマヨネーズとケチャップでしょう。こちらのレシピは、ソースにマヨネーズだけを使うのではなくケチャップも入れることで、ほどよい酸味が加わり食欲をそそります。
さけは臭みをとるために料理酒をふってなじませ下準備し、そのあと食べやすい大きさに切ってください。さけを焼くときは片栗粉をまぶして、カリッと焼けるように両面をしっかり焼きましょう。焼けたらマヨネーズやケチャップなどを混ぜたソースにいれましょう。
付け合わせのしめじとアスパラガスも炒めたあと、さけと一緒にソースにからめてください。ベビーリーフを敷いたお皿の上にのせれば、完成です。

和風味もピッタリ!「鮭の酒粕煮」

和食は心も体もホッとする味ですよね。体の芯から温まりたいときには、さけの酒粕煮を作ってみましょう。
さけは食べやすい大きさに切ったあと、熱湯をかけて湯通しします。臭みだけではなく、ぬめりやウロコも取れますので、煮物で使うときには魚の切り身を湯通しをしてみてください。じゃがいもは煮る時間を短くするために、レンジでやわらかくします。やわらかくなったじゃがいも、大根、そしてにんじんは食べやすい一口大に切ってください。
気をつけたい酒粕を加えるタイミングは、野菜がやわらかくなったときです。湯通したさけと一緒に加えましょう。最後に水菜を加えしんなりしたら、御皿に盛りつけます。一味唐辛子をふれば色鮮やかな鮭の酒粕煮の完成です。

さけは使いやすい魚のため、いろんな料理に使えます。今回は、簡単に作れるインスタ映えのレシピを紹介しました。さけ料理が好きな方は、今回のレシピでさらにレパートリーを増やしてさけ料理を楽しんでくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部