秋の味覚を炒めるだけ!旬が味わえる秋の炒飯5選

秋はきのこや根菜などをはじめとして、いろいろな食材が旬を迎える季節です。旬ものはうまみがたっぷり詰まっているので、シンプルに炒飯で味わってみましょう。炒めるだけの簡単レシピなので、時間がない時でも作りやすいですよ。

噛めば噛むほどおいしさがにじみ出る「ごぼうの和風炒飯」

きんぴらごぼうや柳川煮などに欠かすことができない食材、ごぼう。漢方としても使われるほど栄養が詰まった根菜です。
ほどよく歯ごたえがあるので、噛めば噛むほど秋のうまみを感じることができます。炒飯の具材はごぼうと相性の良いこんにゃくと牛バラ肉を一緒に使いましょう。
味つけには一般的な調味料以外に、塩昆布やめんつゆを利用します。卵でコーティングしたご飯と合わせれば、コクのある味に仕上がりますよ。調理時間10分と短時間で完成するので、定番レシピとして活用できますね。

ほんのりとした辛みで食が進む!大人な味の「和風めんたいチャーハン」

具材としても味つけとしても活用できるめんたいこは、炒飯でも大活躍!「和風めんたいチャーハン」はちょっぴり辛い大人味がクセになる一品です。
エリンギとしめじの2種類の秋食材を使っているので、季節感あふれる炒飯に仕上がっています。炒める際にバターを加えたり、大葉の代わりに刻みのりをのせるなどアレンジを加えてみても美味しいですよ。
1つのレシピで違った味が楽しめるので、ぜひ料理のレパートリーに加えてみましょう。

きのこと相性抜群!簡単にパラパラ炒飯が作れる「ほうれん草とウィンナーの炒飯」

炒飯は味だけでなく、食べた時に口の中でほぐれるパラパラ感も大切ですよね。お皿の中でほうれん草のグリーンカラーが映える「ほうれん草とウィンナーの炒飯」は、焼き炒めにすることで手軽にパラパラ炒飯が作れます。
ごま油とにんにくで具材を炒めたら、さっそくご飯を投入。空いたスペースで卵を焼き、まんべんなく混ざるように炒め合わせます。その後はご飯を押しつけるように焼きましょう。
じっくりと火を通すことができるので、頻繁にフライパンを振らなくてもパラパラになります。
エリンギのほかにしめじやしいたけなど、旬のきのこを使ったレシピでもOK。大きめのきのこを使うと存在感が出るのでおすすめです。

マッシュルームとトマトペーストで作る「洋風チャーハン」

炒飯というと中華料理のイメージがあるかもしれませんが、少し工夫をするだけで一気に洋風レシピに変身します。トマトの酸味がマッシュルームのうまみを引き出している、洋風の炒飯を作ってみましょう。
コンソメとトマトペーストを味つけのベースにしつつ、白ワインとバターを利用してコクのある仕上がりになっています。こちらのレシピでは、秋食材の代表・きのこからはマッシュルームが登場。他にも、ベーコンや玉葱、チコリ、いんげんなどさまざまな種類の食材を使用しています。
白米の代わりにタイ米を使ってみると風味が増し、また違った味が楽しめますよ。

鮭とねぎの彩り鮮やか「鮭チャーハン」

秋に旬を迎える魚といえば、鮭!秋鮭を使った彩りも鮮やかな炒飯です。具材には焼豚も入った豪華版なので食べ応えも十分。食べ盛りのお子さまや、しっかり食べたい旦那さまも満足の一皿に仕上がっています。
味付けは醤油、胡椒、塩のみなので、食材そのものの味を楽しんでくださいね。特に小さいお子さまがいる場合は炒める前に鮭の骨をしっかり取るようにしましょう。
さらに旬の味を楽しみたい方は、しめじなどのきのこを加えても美味しいですよ。

すべて20分以内で作れるので、思い立った時にすぐに作作れるのがうれしいところ。具材をカットする、下味をつけるなどの下準備を済ませておけばさらに時間短縮することができますよ。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部