いつもと違うレシピに挑戦!たまねぎと牛肉のおもてなしレシピ5選

ハンバーグや肉じゃが、牛丼などたまねぎと牛肉をつかった定番レシピは数え切れないほどのレシピがあります。せっかくおもてなしの機会があるなら、はじめてのレシピに挑戦してみてはいかがでしょうか。見た目も華やか、味も抜群の5つのレシピなので集まった人も喜んでくれますよ。

重ねた綺麗な層が食欲をそそる『牛肉と野菜のミルフィーユ』

自宅でフレンチを作ると聞くとハードルが高そうですが、簡単にできるレシピもありますよ。はじめにご紹介するのは、牛薄切り肉と身近な野菜で作れるおしゃれなレシピです。
ポイントは2つあります。まず一つ目は牛肉は重曹と水に30分以上漬け込んで柔らかさをアップさせることです。そして二つ目にブランデーをふりかけて焼きましょう。こうすることで芳醇な香りがプラスされて本格的な味わいになります。たまねぎはつまようじを刺してからカットすることで崩れ防止になり、美しい見た目をキープできます。
大きめのお皿に野菜と牛肉を交互に重ねることで、カットした断面も美しく仕上がりますよ。

食べごたえ満点のマリネ『ミートボールの野菜マリネ』

カラフル野菜にミートボールで食べごたえもアップした前菜レシピはいかがでしょうか。ミートボールは多めに作って、お弁当のおかずなどに活用するのもおすすめです。
ミートボールのタネにはすりおろしたにんじんを加えましょう。甘みもアップしますし、お子さまでも気軽に野菜を食べることができますよ。真ん丸にする作業はお子さまと一緒に楽しみながら行うのもおすすめです。ミートボールは170℃の油で表面がカリッとなるまで4〜5分揚げます。
熱いうちにマリネ液と合わせてから冷ますことで、味がぐっとしみ美味しさがアップします。手早く調味してくださいね。

ご飯にもパンにもよく合う『焼きトマトのひき肉ソース』

真っ赤なトマトをソテーして、ほんのり甘さを引き出したのがこちらの一品です。
トマトをソテーする際は、切り込みを入れると火が通りやすくなりますし、焦げずに仕上げることができますよ。丸のままのトマトのコロンとした形もかわいらしいので、女子会などでも喜ばれますよ!
上に乗せたルッコラの苦味がアクセントとなり、紹興酒を使った味付けはおつまみにもおすすめの複雑で濃厚な味わいです。みじん切りにしたたまねぎと合い挽き肉を炒める際は、しっかりと肉をほぐしてから煮詰めることで食べやすさもアップします。
そのまま切り分けていただくのはもちろん、トーストしたバケットなどを添えてもGOODです。

甘い味付け家族全員でいただけます『炊飯器でローストビーフ』

牛ももや肩など塊肉を手に入れたらトライしていただきたいローストビーフ。オーブンではなく炊飯器で作り上げるので、簡単にしっとり美味しいローストビーフが完成します。
肉はすべての面を1〜2分フライパンで焼き付け、調味液を入れた密封袋に入れます。70℃くらいにした湯と一緒に炊飯器に入れ、30分保温状態にするだけでできあがりです。
ここで注意するポイントが2つあります。密閉袋に入れる際は、できるだけ空気を抜くこと。そして保温が終わったら余熱で火が通ってしまわないように冷水につけること。ここに気をつけるだけでジューシーで美味しいローストビーフが完成します。

何にでも合う!万能メキシカン『やみつきチーズポテトのソフトタコス』

たくさんの人が集まるおもてなしの場面では、手で気軽につまめる食べ物があると嬉しいですよね。そんな時に活躍するタコスレシピはいかがでしょうか。
牛豚合い挽き肉、2cm角に切って電子レンジで加熱したじゃがいも、みじん切りにしたたまねぎ、1cm角に切ったピーマンと調味料をすべて炒めるだけ!この手軽さながら、具材がたくさんのったカラフルな見た目もおしゃれな一品です。
ピザ用チーズも具材と一緒に煮込んでしまうので、濃厚な味わいがプラスされています。トルティーヤで巻いて食べるだけでなく、パンやご飯にも合うタコスミートです。ヘルシーな気分の時はサラダの上にトッピングしてもおいしくいただけますよ。

薄切り肉、塊肉、ひき肉とそれぞれ肉の種類は違えど、牛肉をつかった華やかなおもてなしレシピは数多くありました。冷蔵庫の中と相談して、それぞれのシーンにぴったりのものを作ってみましょう。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部