夜ごはんにぶりを食べよう!ぶりのオススメレシピ5選

出世魚として知られるぶりですが、骨が少なくて食べやすく栄養も豊富な魚なので、ぜひ積極的に食べたい食材ですよね。今回は夜ごはんにぴったりな、ぶりを使った絶品レシピを5つご紹介します。

【基本】定番の味でごはんがすすむ 「ぶりの照り焼き」

ぶり料理の中でも定番とも言える甘辛い照り焼き、お好きな方も多いのではないでしょうか。難しそうに見えて、実はとても手軽に作れるレシピをご紹介します。
まず調味料を混ぜ合わせて、たれを作っておきましょう。フライパンに油をひいて中火で熱したら、皮を下にしてぶりを入れて焼きます。半分に切った長ねぎも一緒に加え、ぶりの両面に焼き色がついたら蓋をし中火で3分蒸し焼きにします。この時、ぶりの臭みが気になる方は酒も少量いれて蒸してくださいね。
蒸し終わったら蓋を取り、たれを加えスプーンでぶりにたれをかけながら弱火で8分ほど焼き、照りがでたら完成です。
甘辛なたれがご飯によく合い、メインのおかずにぴったりの一品ですね!

黒胡椒がおいしさのアクセント 「ぶりのペッパーステーキ」

こちらはぶりを黒胡椒でいただくペッパーステーキのレシピです。
シンプルですが食べ応えがあり、夜ごはんのメインおかずとして活躍してくれますよ。
作り方もとても簡単です。塩と黒胡椒をまぶしたぶりをフライパンで両面焼き、取り出しておきます。次に醤油、みりん、バター、ブランデーをフライパンに入れ、煮立ててソースを作ります。焼いておいたぶりを器に盛り、ソースをかけてできあがりです。
クレソンやレモンも添えれば、見た目も美しく豪華な一品に仕上がります。
シンプルながら、ぶりのうま味を存分に楽しめますよ。すぐに作れて手抜きに見えない、忙しい日の夜にぜひ作ってみてください!

たまには気分を変えて 洋風アレンジ「ぶりのステーキオニオンソース」

夜ごはんのメインとして、ぶりのステーキをもう一品ご紹介します。こちらはオニオンソースが美味しいレシピです。
ぶりには最初に塩胡椒で下味をつけ、薄力粉をうすくまぶしておきます。フライパンにオリーブオイルを熱し、ぶりの両面と1cm幅の輪切りにした玉ねぎをソテーして火を通します。
ぶりに完全に火が通ったら、キッチンペーパーなどで余分な脂を拭き取っておきましょう。混ぜ合わせておいた調味料をさらに加え、全体に味をなじませたら器に盛ります。
ゆでておいたアスパラを添えたら、見た目も豪華なメインディッシュの完成です!
オニオンソースは、かじきなど他の魚にも良く合うので、ぜひ色々試してみてくださいね。

しみじみと染みわたる味わい 「ぶりと三つ葉のみぞれ煮」

こちらはホッとするような優しい味の、ぶりのみぞれ煮のご紹介です。
先にぶりは塩、料理酒をふって10分ほどおき、水気をとります。お鍋を用意して、だし1カップ、醤油、料理酒、みりんを加え、火にかけます。
沸騰したらぶりをなるべく重ならないように入れ、落としぶたをして強めの中火で5分ほど煮ます。落としぶたを取り大根おろしを加えて温めたら、器に盛って最後に三つ葉をちらし、ゆずの皮を添えれば出来上がりです。
ゆずの上品な香りに、ぶりのうま味と大根おろしがよく合い絶品です。

レンジを上手に使って時短できる「ぶり大根」

最後はぶりを使った定番料理の1つ、ぶり大根です。
時間と手間がかかるイメージですが、今回は電子レンジを使用し、時短で手軽に調理できるぶり大根の作り方をご紹介します。
まず、ぶりはあらを用意し、熱湯でサッとゆでます。表面の色が変わったらすぐに水にとり、うろこや汚れを水で取り除いておきます。
また、大根は皮を厚めにむいて、2.5mmの厚さにいちょう切りにしておきましょう。切った大根を耐熱皿に並べて料理酒をふり、ラップをかけて電子レンジで6分加熱します。
鍋に昆布を敷いたら、加熱した大根、料理酒、砂糖、みりん、水を入れて強火にかけます。煮立ったらぶりを加え、落としぶたをして中火でさらに煮ていきます。
煮汁が半分程度になったら、薄切りにしたしょうがと醤油を加え、残りの煮汁をまわしかけながら煮汁がなくなるまで煮詰めます。最後に千切りしたしょうがをのせてできあがり!
しっかり味のしみた、ごはんのすすむ美味しい一品です。
手の込んだ味わいのぶり大根がレンジで簡単に作れるこのレシピ、ぜひ覚えてくださいね。

いかがでしたか。
なかなかこれまで作る機会がなかった方にこそ、お試しいただきたいぶりの簡単レシピをご紹介しました。
美味しいだけでなく栄養満点のぶり、夜ごはんにぜひ作ってみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部