美味しさ満点!たまねぎと豚肉で作る絶品炒め物レシピ5選

お財布にも優しい豚肉と、一年中手軽に手に入る定番野菜たまねぎを組み合わせたレシピは千差万別あります。今回はたまねぎと豚肉を使った、食欲をそそる炒め物レシピをピックアップしました。定番の味から工夫を凝らしたメニューまでご紹介します。

袋で作るので手が汚れません『豚小間の生姜焼き』

豚肉炒め物の定番といえば、生姜焼きですよね。
肉にしっかり味をしみこませためには、良く揉み込むのが大切と分かってはいるけれど、手も汚れるしと躊躇してしまうことはありませんか。ぜひビニール袋を活用して、手を汚さずに美味しく仕上げましょう。にんにくもしょうがも、チューブの物でOKという簡単さもうれしいですね。
豚小間と調味料を入れたらしっかりもみこみ、30分はおいておきましょう。たまねぎの炒め加減はお好みで、シャキシャキがお好みの場合は2分程度、とろとろが好きな場合は肉を入れた直後に投入するなどで調整してみてください。

簡単ですっぱうまい『豚肉とキノコのポン酢がけ』

肉に野菜にきのこ、たっぷりの食材を一緒に食べたいときにおすすめのレシピがこちらです。程よい酸味が食欲をそそりますよ。
豚肉は固くならないように、先に焼いてお皿に盛っておきましょう。肉のうまみを最大限に活用するために、豚肉から出た脂を使ってたまねぎとにんじんを炒め、さらにしいたけとしめじを加えてしんなりするまで炒めます。器に盛ったらポン酢を適量かけるだけで完成です。
ドレッシングの種類を変えるだけで、和風から洋風までさまざまな味が楽しめるので、試してみてくださいね。

ビールにもぴったり『豚肉とゴーヤーのカレーチャンプルー』

夏になると食べたくなるゴーヤーは、独特の苦味がクセになるという方も多いのではないでしょうか。
卵と豚肉を合わせたいつものゴーヤーチャンプルーも良いですが、趣向を変えたカレーのスパイシーさとしょうがが効いたチャンプルーをご紹介します。
ゴーヤーの苦味を軽減するためには、種はもちろんわたの部分もできる限り取り除いてください。具材に火が通り、最後に溶き卵を入れたらあとは時間との戦いです!中火で1分程度大きく混ぜ炒めたら、できあがりです。器に盛って削り節を散らすのを忘れずにいただきましょう。

ヤンニョムの味付けにやみつき!『旨辛 韓国風豚バラ炒め』

辛そうに見えますが、程よい甘辛味がご飯やお酒のおともにぴったりの韓国風レシピです。豚肉はジューシーなバラ肉がオススメですよ。
具材に下味をしみこませますが、生姜焼きのように肉を揉み込む必要はありません。こちらのレシピでは、たまねぎを調味料で浸け置きします。
たまねぎからも水分が出ますので、まずフライパンには豚バラ肉を敷きます。その上に味付けしたたまねぎをのせて炒めることで、味が全体に行き渡ります。炒めるときは水分を飛ばすことを意識して味を凝縮させましょう。
仕上げに刻んだ小ねぎを散らしたら、召しあがれ!

黒こしょうが効いている!『豚肩ロースのペッパー炒め』

ピリリと刺激的な味の黒コショウが、豚肩ロースの甘みや旨みを引き出してくれるメニューがこちらです。
豚肩ロースは歯ごたえのある部位でもあるので、たまねぎは大きめに2cm幅に切ってバランスをとってくださいね。シンプルな味付けだからこそ、にんにくの香りがアクセントになります。
ごま油で加熱してしっかりと香りを出しましょう。お好みでレモン汁をかけるとさっぱりいただけますし、粒マスタードも意外な組み合わせながら豚肉の濃厚な甘みとマッチするので試してみてくださいね。

しょうが、カレー、黒こしょう、コチュジャン、ポン酢と、多彩な味付けの豚肉とたまねぎの炒め物レシピはいかがでしたか。部位の特徴に応じて味付けも変えられるようになったら、料理の幅がさらに広がりますよ。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部