秋に食べたい!旬の食材いんげんを使った和食レシピ5選

しっかりとした歯ごたえと、鮮やかな色が特徴の「いんげん」は、秋に一番美味しく食べられる旬の食材。塩茹でして、そのままでも充分美味しく食べられますが、今回はいんげんを使って作れる、秋にぴったりの和食レシピをご紹介します。

梅の爽やかさですっきり食べられる「いんげんと鶏肉の梅肉炒め」

少しずつ暑さが和らいで、食欲が戻ってくる秋。すっきりと食べられる梅を使った和食はいかがでしょうか。
だいこん・いんげん・しいたけと、秋が旬の野菜がたっぷり入っていて、素材の食感も楽しめます。
めんつゆ・しょうが・梅肉などを混ぜて作るソースは、素材とよく絡み、ご飯も進む味。
合わせ調味料に顆粒だしを入れると風味がグッとパワーアップするので、お好みで加えてみてくださいね。
電子レンジ調理で野菜の下処理をすることで、時間短縮調理が可能なのも嬉しいポイント。
野菜たっぷりで、前菜としてもぴったりです。

コロンと見た目可愛い一品「いんげんの豚肉巻き」

色鮮やかな見た目で、おもてなしでも喜ばれそうないんげんを使った豚肉巻き。
いんげん・にんじん・アスパラガスをそれぞれの大きさに切ったら、くるくると豚肉で巻いて焼くだけで簡単に作れるので、時間がない時のスピードメニューとして活躍しそう。
豚肉巻きを焼くときは、巻き終わりを下にして焼くとバラけずに上手く焼けますよ。
コロンと小さいのに、野菜もきちんと摂れるのが嬉しいですよね。甘辛いタレが豚肉巻きに染みて、ご飯がついつい進んでしまいますよ。
しっかりと味がついているので、冷めても美味しく食べられます。お弁当のおかずとしてもおすすめです。

しょうがの香りでご飯が進む!「いんげんと豆腐のあんかけ鶏そぼろ」

ごま油としょうがの香りが食欲をそそり、ご飯にも合う一品。
いんげんと鶏ひき肉を使って作るあんかけは、しっかりとした食感で、豆腐との相性が抜群。
ごま油で焦げ目が少し付くまでこんがりと焼いた豆腐は、片栗粉をまぶしているので少しカリッとした食感。あんかけとよく絡み、とても美味しいです!
絹ごし豆腐は崩れやすいので、扱いには注意してくださいね。

簡単調理のスピードメニュー「いんげんとれんこんの照焼き」

秋が旬の食材を楽しみたいけど、時間がなくて凝った料理はちょっと...。そんな時は、このレシピがおすすめ。
秋が旬のいんげんと、れんこんを使って作るこのレシピは、切って炒めるだけの簡単調理なので忙しい人にぴったり。電子レンジを使って具材の下ごしらえをするので、時間もかかりません。
味の決め手の合わせ調味料は、麺つゆ・砂糖・にんにくを混ぜるだけと、こちらも簡単です。
鶏肉が入っているのでボリューム感もある一品。鶏肉を炒める時は、強火でしっかり焼き目をつけることがポイントです。麺つゆで作る合わせ調味料は、覚えておくと他の料理にも使い回しできるのでおすすめです。

見た目も華やかな秋のおもてなし料理「柿といんげんの白和え」

短時間で作れる、秋の食材を使った和食の一品をご紹介。柿を器代わりに使った見た目も華やかな白和えは、おもてなし料理におすすめ。
豆腐・いんげん・柿の意外な組み合わせですが、ほんのり甘い白味噌を使うことで、味のバランスがとれ、とても美味しいですよ。
豆腐は、柿の水分があるのでしっかりと水切りをすることがポイント。
熟してほんの少し柔らかくなった柿が、器として使うのに適しているので、固さを確認してから使ってくださいね。上部も捨てずに蓋として活用しましょう。

前菜から、おもてなし料理におすすめのレシピまで、秋が旬のいんげんを使って作れる和食レシピをご紹介しました。
色鮮やかな見た目で食感の良いいんげんは、料理にアクセントを与えてくれるので、様々な料理に加えても美味しく食べられますよ。
秋の食材のいんげんを使って、料理のバリエーションを増やしてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部