秋の味覚、れんこん!美味しい副菜レシピ5選

縁起物の食材として、昔から正月料理や、祝い事に出される「れんこん」。焼いても、すりおろしても使えるれんこんは、調理方法によって色々な食感が楽しめます。今回は、もう一品欲しい時に使える、秋の味覚のれんこんを使った、おすすめの副菜レシピをご紹介します。

素材の味を存分に味わえる「秋野菜とれんこんのナムル」

韓国の家庭料理、ナムル。青菜やもやしで作るのが定番のナムルですが、今回は、れんこんを始めとした秋野菜を使って作れるレシピをご紹介。なす・れんこん・ エリンギ・にんじんを、それぞれの大きさに切って、焼いて、調味料と和えるだけの簡単調理。野菜は焼き目がついたものから順に取り出し、全ての野菜に焼き色がつくように丁寧に焼くことがポイントです。にんにくとごま油の香りが、ふわっと香り、こんがりと焼いた野菜の香ばしさとの相性が良く、素材の味を存分に味わえますよ。もちろん他の野菜を使っても作れるので、好みの野菜でどうぞ。

さっぱりとした味わいが魅力「れんこんの梅味噌和え」

梅の酸味と、味噌のコクがクセになる美味しさの、れんこんの梅味噌和え。シャキシャキとしたれんこんと梅味噌が絡んで、ついつい箸が進んでしまいそう。
れんこんがあれば、切って、茹でて、混ぜるだけ。家にある調味料ですぐに作れるので、忙しい人には嬉しい一品です。
茹でる時に酢を加えて茹でることで、水だけで茹でるよりも、シャキシャキとした食感になりますよ。
梅味噌は、他の野菜と和えても美味しく作れるので、アレンジしてみてくださいね。
さっぱりしたおつまみとしても喜ばれそうです。

もちもち食感のあったか煮込み「洋風れんこんまんじゅう」

れんこんを使った料理として定番の和食料理、れんこんまんじゅう。
シャキシャキとした食感が魅力のれんこんですが、すりおろして加熱することで、もちもちとした食感が楽しめるのです。
和風の味付けが一般的ですが、このレシピはホワイトソースで作る一風変わった洋風の味付け。電子レンジ調理で簡単に作れることも嬉しいですよね。クリーミーなとろとろホワイトソースと、もちもち食感のれんこんまんじゅうは相性抜群。
そのままでも充分おいしいですが、胡椒をかけるとグッと味が引き立つので、おすすめです。

大豆を使ったヘルシーな一品「れんこんつくね」

れんこんのシャキシャキ食感がアクセントになって美味しい、和風つくねをご紹介します。
みりんと醤油でシンプルに味をつけた和風つくねは、ひき肉の他に大豆を使っているので、ボリューム感があるのにとてもヘルシー。
大豆は水煮の缶詰でOKなので、とても手軽に作れますよ。
副菜としてもぴったりの一品ですが、多めに作ってメインのおかずとしても活躍しそう。そのままでも美味しく食べられるので、お弁当のおかずとしても喜ばれそうですね。

具材たっぷりのボリューム副菜「れんこんチーズオムレツ」

れんこんと前日の残った野菜を加えて作れて、たっぷりの野菜が摂れるオムレツのご紹介。
野菜をそれぞれの大きさに切り、下ごしらえをしたら、材料を混ぜてオーブンで焼くだけで出来上がり。
白米が入っているので、モチっとした食感も味わえるこのオムレツは、しっかりと味がついているため、そのままでも美味しく食べられます。彩り豊かで、見た目も楽しめるので、おもてなし料理としても活躍しそう。
冷やして食べても美味しいので、作り置きして朝食にいかがでしょうか。

秋が旬のれんこんを使った、副菜におすすめのレシピをご紹介しました。和風のイメージが強い食材ですが、洋風な味付けでも美味しく食べられるれんこん。調理方法で、様々な食感が楽しめるのも魅力の一つですね。れんこんを使って、料理の幅を広げてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり