旬の秋に手軽に作れる!いんげん料理5選

いんげんは、旬の時期には一袋の量も多く手頃な価格で手に入るので、家計の味方の食材ですよね。下処理も簡単で手軽に調理できるので、あと一品という時に活躍します。ついつい胡麻和えで終わらせてしまいがちですが、色々な料理にも彩りにも活用できます。いんげんが美味しい秋、手軽な調理でいんげんをたくさん食べてみましょう。

鶏ささ身肉と合わせてもう一品「いんげんとささ身の胡麻和え」

いつものいんげんの胡麻和えに鶏のささ身肉を加えて、ボリュームのある一品に変身させてみてはいかがでしょう。
まず、鶏のささ身肉をレンジで蒸します。きっちりとラップで覆ってしまうと爆発するので、ラップはふんわりと耐熱皿にかけましょう。蒸しあがって細かく割いたら、パサパサにならないよう蒸し汁につけておきます。
胡麻と調味料を混ぜたものに茹でたいんげんを和え、蒸し汁ごとささ身肉を加え、よく混ぜて出来上がり。
いんげんの歯ごたえと、ささ身のしっとりとした食感が食欲をそそります。和えてから少し置くと味が馴染みますよ。

彩りがきれいなシンプルサラダ「いんげんとむきエビのマヨネーズサラダ」

いんげんの鮮やかな緑とエビの赤を活かしたサラダはいかがでしょう。いんげんとエビを混ぜるだけで簡単に豪華なサラダになります。
しかも調理は電子レンジのみ。いんげんはラップに包み加熱します。エビは食べやすい大きさに切って耐熱容器で加熱し茹で上げましょう。あとは加熱した食材をマヨネーズに和えるだけで出来上がりです。
レモンの爽やかな酸味のきいたマヨネーズで、いんげんとエビがさっぱりといただけます。
ホタテなどを入れても美味しいですよね。カクテルサラダ風に盛り付けてみてもおしゃれ!

がっつりと豚肉も入っている「秋野菜いんげんのおかずきんぴら」

野菜が少しずつ余ってしまった時、なにか活用できるレシピがあると便利ですよね。少しだけ冷蔵庫に残っている野菜と豚肉を使って、豪華なおかずになるきんぴらはいかがでしょう。
秋が旬のキノコ類、さつまいも、いんげんを使って彩りもとても鮮やか。
さつまいもは水にさらし、細く切って炒めると鮮やかな黄色になります。
味付けには麺つゆを使うので時間短縮にもなり、料理初心者でも簡単です。色々な野菜の栄養も摂れ、野菜と一緒に豚肉をがっつりと食べられるので、お弁当のおかずにもぴったりですね。

おうちでカフェごはん「いんげんポテトグラタン」

いんげんを手軽に楽しく食べたい時に、お子さまも好きなグラタンにしてみてはいかがでしょう。
このレシピはホワイトソースを作る必要はないので、とても簡単。
アンチョビフィレがアクセントになり、本格的な味が出せます。
スライスしたじゃがいもの中に、散らしたいんげんの緑が綺麗です。
ベーコンの旨味が溶け出した生クリームベースの濃厚なクリームに、こうばしいチーズの香りが食欲をそそりますね。
簡単にできるのに、ちょっと贅沢な一品。ゆったりした休日の朝に、お気に入りのパンを添えてカフェ気分はいかがですか。

1日の始まりは野菜の旨味で元気をチャージ「かぼちゃといんげんの味噌汁」

季節の野菜たっぷり、旨味たっぷりの味噌汁で元気をチャージして、1日を始めてみましょう。
かぼちゃといんげんと玉ねぎの優しい甘みが味わえます。
発酵食品の味噌を使った味噌汁は、1日1回飲むと体に良いと言われていますよね。
にんじんや季節の野菜を入れたりと工夫すると、忙しい朝はこれ一品でばっちり。体を目覚めさせる食事に味噌汁はピッタリです。
冷蔵庫などにある、ちょっと余っている季節の野菜があったら味噌汁にして食べてみましょう。

いんげんは傷みやすい食材なので、新鮮で美味しいうちに料理することをおすすめします。食べきれなかった場合は冷凍保存して、早めに食べましょう。
彩りだけでなく、簡単に調理できるいんげんは色々なレシピに活用できます。おかずだけでなく、おつまみにも活用してみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部