秋が一番美味しい!いかを使って作れる洋食レシピ5選

様々な種類があり、昔から親しまれてきた身近な食材の「いか」。焼いても、茹でても、生のままでも美味しく食べられるいかは、秋が旬の食材。和食に使われることが多いイメージのあるいかですが、洋食に使ってもとても美味しいのです。今回は、秋が旬のいかを使って作れる洋食レシピをご紹介します。

具沢山でボリューミーなおかずサラダ「いかとブロッコリーのバジルサラダ」

ごろごろとしたブロッコリーと、噛み応えのあるいかが入っていて、ボリューム感もたっぷりの一品。炙ったいかの香りで、食欲がそそられますよ。
焼き網がない場合は、フライパンにオリーブオイルを薄くひき、中火でいかを熱しましょう。焼きすぎるといかが固くなってしまうので注意してくださいね。
オリジナルのバジルソースは、バジル・ミニトマト・バルサミコ酢・オリーブオイルを混ぜればできあがり。バルサミコ酢を使っているので、酸味が気にならず、野菜との相性も抜群です。
他のサラダにも使い回せるので、レシピを覚えておくと活用できそうですね。

電子レンジ調理で簡単イタリアン「いかのガーリックトマト煮」

忙しくても料理を楽しみたい人におすすめの、電子レンジ調理で簡単に作れる、本格イタリアンレシピのご紹介。
切った具材を耐熱ボウルに入れ、調味料を加えて混ぜたら、あとは電子レンジにお任せ。たったこれだけなのに、プリプリのいかとにんにくのきいたトマトソースが絡んで、本格的な味わいに。
ベーコンは、できればブロックベーコンを使用すると、よりコクのある味に仕上がりますよ。
もちろんフライパンでも調理可能のレシピ。フライパンで調理するときは、塩・砂糖・胡椒を少しずつ加えて、味を見ながら作ってみてくださいね。

いかのぷりぷり食感を楽しめる「いかの彩りマリネ」

玉ねぎ・いか・にんじん・パセリの彩りが鮮やかで、見た目も楽しめる一品。
茹でたいかのプリッとした食感と野菜の食感の相性が良く、食べ応えのあるこのレシピは、油分を使っていないのでとてもヘルシー。
いかの下処理の時に切れ目を入れておくと、茹でた時に広がって見た目がさらに華やかになり、おもてなしでも喜ばれそう。
マリネ液の白ワインビネガーはなければ酢で代用することも可能です。
砂糖の量を調整しながら、好みの味付けにアレンジしてくださいね。

長芋を加えて作る生地が決め手「いかとたっぷり野菜のピザ」

とろーりチーズとトマトソースの相性が良い、ケータリングでもお馴染みのピザ。このレシピは、生地から手作りできる、いかを使った和風のピザレシピです。
生地って作るのが難しそう...というイメージがありますが、こちらのレシピでは長芋・天ぷら粉・だし・卵を混ぜ合わせるだけ。外はカリッと、中はふわふわのピザ生地は、しっかりと味が付いているうえに軽い食感で、耳まで美味しく食べられます。
フライパン一つで作れるのも嬉しいポイントですよね。おつまみにもおすすめですよ。

チーズとトマトといかの相性が抜群「いかとトマトのバジルソテー」

まるでレストランの一品のような、本格イタリアンレシピ。
フライパン一つで作れるのに、いか・トマト・バジル・カッテージチーズの色合いが鮮やかで、にんにくとバジルの香りが食欲をそそるおしゃれな一品に。
具材の下処理をしたら、フライパンで炒めて味付けするだけと、作り方も簡単なので忙しい時の一品にもぴったりです。
いかのわたを抜くときは、ゆっくり丁寧に引き抜くことがポイント。ゆっくり引き抜くことで、わたが破れにくく綺麗に抜けますよ。

秋が一番美味しく食べられるいかを使って作れる洋食レシピをご紹介しました。
今回ご紹介したレシピで、和食だけではなく、洋食の料理のバリエーションも増えそうですね。
秋が旬のいかですが、スーパーなどで一年中手軽に手に入るので、秋だけではなく他の季節にもぜひ料理を楽しんでください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部