安くて栄養豊富な秋の魚、いわしが美味しいレシピ5選

秋は、海の幸も山の幸も美味しいものが豊富に出回ります。秋は下りいわしと言われ、脂がのっている季節。焼き魚に煮魚、缶づめまで、色々な形でいわしが食卓で活躍しています。今回は、栄養豊富で美味しい、いわしを手軽に食べられるレシピを集めてみました。

簡単でジューシーな一品「いわしのハンバーグ」

脂がのっている季節、お刺身で食べても美味しいいわしですが、ちょっと一工夫でボリュームのあるおかずになります。
いわしをたたいて作るなめろうを、ハンバーグにしてみてはいかがでしょう。
いわしを3枚におろし、皮を剥いで叩きます。調味料やねぎ、青じそなども一緒にたたき混ぜます。あとは成形して焼くだけ。
細かい骨などが気になる時には、毛抜などで抜くといいでしょう。ジューシーな和風ハンバーグの出来上がりです。
大根おろしにポン酢でさっぱりといただいてもいいですし、サウザンソースのようなマヨネーズ系も合います。
3枚おろしなどは、スーパーの鮮魚コーナーでやってもらえるところがあるので、購入する時に下処理をやってもらうと調理が楽ですね。

3つの香りが絶妙!簡単洋風アレンジ「いわしベーコン」

少しのアレンジを加えて秋の味覚を洋風に変身させてみてはいかがでしょう。
いわしを2枚におろし、大葉と一緒にベーコンに巻いて焼くだけで出来上がり。こんがり焼けたベーコンの旨味と、いわしの旨味が絶妙なコンビネーションです。
大葉が生臭さを消してくれるので、脂がのったいわしの旨味が引き立ちます。
最近はスーパーでも、おろしたいわしが置いてありますから、それを使うと調理時間も短縮できますね。
いわしの骨抜きは以外と簡単です。頭をとって腹を開き、身に軽く手を添えながら、尾に向かってゆっくりと引っ張ると、上手に骨がついてきます。
小ぶりのいわしが手に入ったときに活躍するレシピですね。チーズを一緒に巻くと濃厚さもアップ。ワインのお供にもぴったりです!

ねぎの香りが食欲をそそる「いわしのねぎ焼き煮」

簡単なのに、いわしの旨味を丸ごと味わえるのがこの「いわしのねぎ焼き煮」です。
いわしは鱗と頭を落とし、内臓を取り除くだけ。こんがり焼き、出てきた旨味を調味料に絡ませて、いわしの美味しさを丸ごといただきます。
ねぎの香ばしさは、いわしの臭みを消してくれるだけでなく、旨味も豊かにしてくれます。甘辛い味付けは、ご飯にもお酒にも合い、ついつい箸がすすみそう。
いわしは焼き色がつく程、よく焼くと旨味が引き立ちます。下準備も簡単なので、手軽に作ることができる一品です。

じゃがいもと合わせておしゃれなイタリアンに「いわしとじゃがいものオーブン焼き」

にんにくの香りがたまらない一品がこちら、いわしとじゃがいものオーブン焼きです。
いわし、じゃがいも、オリーブ、にんにくをごろっと入れ、パルミジャーノチーズをかけてオーブンで焼きます。
いわし独特の臭みを抜くためにレモンを使い、仕上げにもレモンをかけてさっぱりといただきましょう。じゃがいもにも、いわしの旨味とにんにくの香りがしっかりしみて、後を引きます。オーブンでしっかり焼くのでいわしが骨まで柔らかくなりますよ。パーティー料理でも活躍してくれそうなレシピですね。

やっぱり和風に甘辛醤油で食べたい「いわしの甘辛梅煮」

いわしを骨まで丸ごと食べる、ご飯に合うおかずを作りたいというときには、こちらの「いわしの甘辛梅煮」はいかがでしょう。
レシピのポイントは梅干しです。梅干しを入れて煮ると骨まで柔らかく煮え、同時に臭みも消してくれますよ。
作り方はとても簡単。調味料を合わせて梅干しを入れ、頭を落とし内臓を抜いたいわしを並べ入れて、落し蓋をして煮るだけです。
いわしは柔らかく煮崩れやすいので煮すぎないように注意。
梅干しの効果もあり、疲れたときなどでもさっぱりいただけるレシピです。

いわしの脂がのっている秋、どんなレシピでも美味しくいただけます。手早くできるレシピが多いので、調理も時間が短くすみますね。3枚おろしや骨抜きなど、スーパーでも下処理をしてくれるところが多くなりましたから、調理の手間が苦手な方はうまく活用して、色々なレシピにチャレンジしてみてください。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5晩酌に、おもてなしに!簡単に作れる♪人気のおつまみレシピ12選もちもち