旬の秋だからこそ食べたい!たこを使った和食レシピ5選

一年中スーパーで見かける、お馴染みの食材「たこ」。家庭料理の食材として使ったことがある人も多いのではないでしょうか。実は、身がしまって一番美味しく食べられるのが秋の季節。今回は、旬の秋だからこそ食べたい、たこを使った和食レシピをご紹介します。

ピリッとした辛さの大人の味「たこときゅうりのわさび酢の物」

たこを使った家庭料理でお馴染みの酢の物。さっぱりとした味わいで、お口直しの一品として和食料理の店で出されることもありますよね。
わさびを加えたこのレシピは、ピリッとわさびの辛さがアクセントになり、少し違った大人な味わいに。
だし・酢・砂糖・醤油・わさびで作る酢の物は、酸味がまろやかで、よりわさびの辛味が際立ちます。
野菜を下処理する時に塩をふって余分な水分を出すと、味も染みやすくなり、仕上がりが水っぽくなりません。この一手間で仕上がりが変わるので、きちんと下ごしらえすることが美味しく作るポイントですよ。

和風の味付けであっさりと食べられる「たこの和風サラダ」

あっさりとした味付けなのに、長芋とたこが入っているためボリューム感があり、お腹を満たしてくれる和風サラダのレシピです。
味の決め手となるだし醤油は、酢としょうがを入れることですっきりとした味わいに。焼いた野菜とたこに馴染んで、素材の味を存分に楽しめます。
ポイントは、焼きたてのたこと野菜を、熱いうちにだし醤油につけること。熱いうちに出汁と合わせることで味が入りやすくなりますよ。
なすやねぎなどの野菜を加えても美味しく食べられるので、旬の野菜を合わせて作ってみてくださいね。

おもてなしでも喜ばれる一品に変身「ボリュームたこ焼き」

大勢でワイワイ楽しみながら、たこ焼き器を使って作るのが一般的なたこ焼きを、たまご焼き器で調理しておもてなし料理でも喜ばれる一品に。
たこ焼き器が家にない人にもおすすめのこのレシピは、フライパンでも調理可能です。
材料は、たこ・青ねぎ・天かす・紅しょうがを用意すれば、あとはたこ焼きのタネを準備するだけ。焼きあがったら、お好みの大きさに切って飾り付けをしましょう。
たこは、いつものたこ焼きを作る時の大きさよりも、少し大きめに切って食感を楽しんでくださいね。

おつまみにぴったり「たこの唐揚げ」

サクッと作れるおつまみが欲しいときは、このレシピがおすすめ。
醤油・料理酒・にんにくを混ぜ合わせたタレの味がしっかりと染みたたこは、ついつい箸がすすんでしまう味に。
たこのプリッとした食感も存分に楽しめるこのレシピは、材料もたこがあれば作れるのでとても簡単です。
たこをカットして、タレにつけて、片栗粉をまぶして揚げるだけという手軽さ。
漬けタレにおろしにんにくやしょうがを加えると、風味が増しますよ。お好みの量を加えてぜひ調理してみてくださいね。

しょうがの香りで食欲をそそる「たことしょうがの炊き込みご飯」

素材の味がギュッと米に染み込んだ炊き込みご飯は、秋の和食料理の中でも人気の一品ですよね。
たことしょうがを炊き込みご飯の具材にすることで、たこの歯ごたえとしょうがの香りを存分に感じられます。
作り方も非常にシンプル。具材を下ごしらえして、出汁を加えた米とたこを一緒に合わせて、炊飯器で炊くだけで作れてしまいます。
炊き上がりに、刻んだしょうがを加えて混ぜましょう。しょうががふわっと香り、食欲をそそります。しょうがを入れてから炊くと、より風味と香りを楽しむことができますよ。

家庭料理で定番の一品から、ご飯もののレシピまで、秋が旬のたこを使った和食レシピをご紹介しました。
身がしまったたこは、もちろん生のまま食べても美味しく食べられますが、幅広く調理できるたこを使って和食料理を楽しんでくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部