秋こそ味わいたい!えびを使った和食レシピ5選

定番食材、えびの旬は秋。秋のえびは、うまみがギュッと詰まっています。今回はえびを使った和食のレシピを集めてみました。一番おいしい季節に、えびを心ゆくまで味わってみませんか。

まろやかなコクの「いんげんとえびのごまマヨあえ」

和食の定番、いんげんのごまあえ。そこにえびマヨをプラスすることで、おいしくボリュームアップできますよ。
いんげんを熱湯と塩で茹でて取り出し、湯を捨てずに料理酒を加えて、むきえびを茹でます。むきえびは、固くならないようにサッと茹でましょう。
いんげんとむきえびの粗熱が取れたら、砂糖、醤油、マヨネーズ、白ごまとよく絡めて完成です。
えびとマヨネーズの相性が良いのは言わずもがな。白ごまが加わることで、よりコクがアップします。えびといんげんの食感も楽しいですよ。これなら、和食に苦手意識のあるお子さまもおいしく食べてくれそうです。

しょうがが香るほっこりテイスト「えびと豆腐のうま煮」

だんだんと冷え込む季節に嬉しい、とろみのあるえびと豆腐のうま煮のご紹介です。
フライパンで、えび、アスパラガス、しょうがを炒めて、塩、胡椒、砂糖、料理酒、鶏がらスープの素を加えます。
沸騰したら豆腐を入れて、再び煮立ったら水溶き片栗粉を回し入れ、ごま油少々を加えて出来上がりです。えびが固くならないよう、加熱時間は短いほうがよいです。
優しい味わいに、しょうががアクセントを加えてくれます。
具だくさんでお腹の満足度も満点。いつもの献立の主菜としてはもちろん、食欲がない時の控えめメニューにもぴったりです。

しっかりした味でご飯が進む「なすとえびの味噌炒め」

ごはんによく合うしっかりした味付けのメニューは、ぜひ押さえておきたいもの。味噌炒めなら、ご家庭にある材料で簡単に作れますよ。
料理酒と片栗粉で下ごしらえしたえびをフライパンで炒め、一旦取り出します。しょうがとなすを炒めて蒸し焼きにし、きぬさやと先ほどのえびを戻し入れて、砂糖、醤油、味噌を加えましょう。
なすがしんなりするまで炒めたら器に盛って。仕上げにねぎと糸とうがらしを散らします。片栗粉をまぶしたえびに、コクのある味噌がよく絡んだ、食欲をそそる一品の出来上がりです。
野菜をおいしく摂れるので、お子さまや野菜が不足しがちな方にもおすすめ。
上手につくるポイントは、なすの皮を縦縞に剥くことです。味が入りやすくなりますよ。

ふんわり食感の「れんこんとえびのしんじょ」

ふわふわでもっちりした食感が楽しい、しんじょ。コツを押さえれば簡単に作れます。
すりおろしたれんこん、みじん切りにした大葉、小さく切って茹でたむきえび、白玉粉、塩をボウルに入れてよく混ぜます。
これを食べやすい大きさに分けて手で丸め、色よく揚げましょう。器に盛って大根おろしをのせ、水、めんつゆ、砂糖を煮立たせて作っただしをかけたら完成です。
すりおろしたれんこんは、水気を切らずにそのまままとめると、ふわふわな仕上がりに。大葉がアクセントになり、えびの風味と絶妙にマッチします。
お吸い物に入れたり、あんかけ風に仕上げたりしてもおいしく食べられますよ。

サクサクおいしい「ゴーヤとえびのかき揚げ」

ゴーヤとえびがお互いの風味を引き立てあう、かき揚げのレシピをご紹介します。
ボウルに下ごしらえをしたえびとゴーヤ、しょうが、薄力粉を入れてさっくりと混ぜます。ここに、水で溶いた薄力粉を加えてさらに混ぜましょう。
等分してフライパンで揚げ、器に盛ったら完成です。最後に塩を添えるのも忘れずに。
たねを油に入れる時は、木べらなどにのせて滑らせるように入れると、油はねが少ないですよ。個性豊かなゴーヤとえびの組み合わせですが、しょうがが引き締め役になり、華がありつつもすっきりまとまった味に。
ご飯の上にのせて、かき揚げ丼にしてもおいしそうです。様々にアレンジして楽しんでみてくださいね。

えびを使った和食のレシピを5つご紹介しました。えびは一年を通して手に入りますが、おいしいのは何といっても秋。普段えびはあまり使わない…という方も、今回のレシピを参考に、ぜひ食卓に取り入れてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4絶品!クリスマス料理レシピmoguna編集部
  5. 5自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部