子供が喜ぶかぶ料理レシピ5選

熱を通すと柔らかくなり、味がしっかり染みて美味しいかぶ。ですが、子供さんにとっては、たくさん食べる日もあれば、全然食べない日もあったり…と、もしかしたら食べムラがある食材かもしれませんね。今回は、そんな時に役立つ、子供が好きそうな食材や調理方法と組み合わせて、レパートリーを増やせるようなレシピを選んでご紹介します。

クリームソースと相性抜群「ほたてとかぶのクリーム煮」

かぶを加熱して洋風に食べるおすすめレシピといえば、こちら、「ほたてとかぶのクリーム煮」。
クリームスープが好き、というお子さまは比較的多いのではないでしょうか。
かぶはホワイトソースによく合う食材。もうひとつクリームソースによく合う食材であるほたてを組み合わせて、クリーム煮にしてみましょう。
このレシピの嬉しいところは、バターと小麦粉を混ぜ合わせておき、かぶをスープと牛乳で煮込んだ後に加えるので、ホワイトソースを別で作る手間がかからず、気軽に作れるところですね。

とろみとコクのあるあっさりスープ「豚肉とカブのスープ」

もうひとつ、スープレシピをご紹介します。
こちらは牛乳を使わずあっさりとした味付けで、ほんのりととろみをつけてあり、体があたたまりますよ。寒い日にぴったりの一品です。
かぶのあっさり淡白な味と食感が、子供にも食べやすいですね。
最初に豚肉をにんにくと一緒に油で炒めると旨みが、最後に胡麻油を回し入れるとコクが深くなります。
器によそってから、大人だけお好みで、辣油などの辛味を加えてもおいしいですよ。

やっぱり煮ものはおふくろの味「鶏だんごの煮もの」

出汁の染み込んだかぶの煮ものは、箸でほろっと崩れ、口の中でトロッととけて、懐かしい感じがする料理ですよね。
この鶏だんごと一緒に煮込んだ煮ものは、かぶの葉も使って、野菜も肉も一緒に食べられる一品です。
出汁に味付けし、鶏だんごを落とし入れて煮たら、かぶとしめじを加えて煮込み、最後にかぶの葉を加えて火が通ればできあがりです。ご飯が進む味付けですよ。
鶏だんごは、ふわふわした食感にするためにゆるめの配合ですので、スプーンを2本使って落とすと作りやすいです。

お子さまにも喜ばれる鶏そぼろとの組み合わせ「かぶの鶏そぼろあんかけ」

鶏肉とかぶを組み合わせたレシピをもう一品ご紹介しましょう。
あんかけがよく合うかぶらしい使い方の一皿です。
鶏そぼろ入りのあんとかぶの煮ものを別々に作って最後に合わせる方法もありますが、このレシピはひとつの鍋で同時に作ってしまえるのが嬉しいポイント。
水に挽肉、生姜を入れてほぐしてから火をつけ、沸騰したら味付けをしてかぶを加えて煮込み、最後に片栗粉でとろみをつけてできあがりです。
火をつけてから挽肉を入れると固まってしまってほぐれなくなるので、挽肉は水から入れるのがポイントです。
ほくほくのかぶに味噌のコクがよく合い、ご飯もどんどん進みますよ。

かぶを生でいただくレシピ「生ハムとかぶのマリネ」

かぶは火を通すと通さないで、全く違う食感と味を楽しめる野菜の一つ。
煮たかぶは、洋風でも和風でもどうも食べてくれなくて…という子供には、かぶを生で使った、こんなレシピはいかがでしょうか。
生ハムとかぶを使ったマリネです。マリネといってもレモンと砂糖を使った甘酸っぱさなので、さっぱりしています。
生ハムの塩気とかぶのあっさりしたみずみずしさがよく合い、お子さまでもおいしくいただけますよ。

いかがでしたか。
洋風レシピ、和風レシピ、生で食べても、加熱してもおいしくいただけるかぶ。
お子さまのお気に入りレシピが増えるといいですね。ぜひ試してみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1コトコト煮込む!簡単に作れる鶏肉の煮込みレシピ14選Kai
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部