子供が喜ぶ!カリフラワーの絶品料理レシピ5選

真っ白な色で、コリコリとした食感が楽しめる「カリフラワー」。クセのない味わいのためどの味付けにも合いやすく、味がしみこみやすい食材なので、料理に加えて調理したことがある人も多いはず。今回は、そんな便利食材のカリフラワーを使って、子供が喜ぶ絶品料理レシピをご紹介します。

さっぱりとした味わい「サーモンとカリフラワーのレモンサラダ」

レモンの爽やかな香りと、スモークサーモンの相性が抜群の、さっぱりとした味わいのサラダレシピ。
カリフラワーはスライスして生のまま調理するので、シャキシャキとした食感と、素材の味を存分に味わえますよ。
スモークサーモンを使っているので、余分な調味料は加えず、オリーブオイル・レモン・塩・胡椒だけと、とてもシンプルな味付けで簡単に作れます。
レモンは皮ごと食べられますので、国産のレモンを使いましょう。
酸味が苦手な方は、レモンの量を調整してお好みでどうぞ。

子供が喜ぶ冷たい一皿「カリフラワーと帆立のマリネ」

帆立とカリフラワーの食感の違いを楽しめる冷製マリネです。
カリフラワーと帆立を茹でて冷ましたら、マスタードなどの調味料と混ぜて冷やせば、あっという間にできあがり。とても簡単に作れるのが嬉しいポイントですよね。
前の日の夜に作っておくと、味がよりしみるのでおすすめです。作り置きレシピとしても活躍しそう。
リンゴ酢を使っているので、柔らかな酸味でお子さまもパクパク食べられますよ。お好みでマヨネーズを加えると、よりまろやかになるので、ぜひ試してみてくださいね。

とろとろクリームで子供が喜ぶ「カリフラワーのクリーム煮込み」

とろっとろのクリームソースがカリフラワーと絡んで、パンにもご飯にも合う、思わずおかわりしたくなる一品。
玉ねぎ・ベーコン・マッシュルームも入っているので、具材たっぷりでボリューム感もGOOD。
具材を切って、炒めて、調味料を加えて、煮込むだけと手軽に作れるので、忙しい時に助かるレシピです。
煮込めば煮込むほど、具材にクリームソースがしみて、とろとろになりますよ。とろみ具合は、牛乳の量で調整してくださいね。
朝食にも、ランチにもおすすめですよ。

チーズたっぷりで子供が喜ぶ「カリフラワーのオーブン焼き」

たっぷりのとろーりチーズが、カリフラワーを包み込む、チーズ好きにはたまらない一品。
カリフラワーを下ごしらえして、牛乳・チーズをかけてオーブンで焼くだけ。簡単に作れるので、もう一品欲しい時にも役立つレシピです。
カリフラワーを塩水につけることで味が引き締まるので、下ごしらえをしっかりとすることが美味しく食べるためのポイント。
玉ねぎ・にんじんなど、お好みの野菜を加えても美味しく食べられるので、少し余ってしまった具材がある時は一緒に調理してみてくださいね。

野菜たっぷりでボリューミー「カリフラワーと彩野菜のハンバーグ」

カリフラワー・玉ねぎ・ブロッコリーなどの野菜をふんだんに練りこんだ、野菜たっぷりのハンバーグ。
ジューシーなひき肉の旨味が、野菜にしみこみ、ボリューム感もある一品です。
切った時に野菜のカラフルな色が見えるので、見た目も楽しめますね。
野菜たっぷりの肉だねは崩れやすいので、じっくりと丁寧に焼くことが、形を崩さず綺麗に焼き上げるポイントです。
肉だねを焼いた後に残った油でソースを作ることで、ソースにも旨味が混ざり、まとまった味になりますよ。

サラダからメイン料理まで、様々な調理方法で作れる、カリフラワーを使った子供が喜ぶ絶品料理レシピをご紹介しました。
生でも、茹でても、焼いても美味しく食べられるカリフラワーは、スーパーなどでも手軽に手に入るので、ぜひカリフラワーを使って料理の幅を広げてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部