子供が喜ぶ!絶品だいこん料理5選

だいこんは、大きな根を中心に食べるのでボリュームもあり、サラダや煮込み、炒めものなど様々な料理に活用することができます。野菜の中でも代表的なもので、家庭においても口にする機会が多いのではないでしょうか。その分、だいこんを使ったレシピが毎回同じだと、それを口にする子供さんは、ちょっとずつ飽きてしまうかも。今回はだいこんを使用した子供が喜ぶ料理を5つご紹介します。

子供が喜ぶ!お手軽で簡単「だいこんと明太子のサンド」

子供に食べさせたい、見た目も華やかなだいこんのレシピです!
お腹を空かせているときにパパッと作って食べさせてあげることができるレシピは重宝するのではないでしょうか。
こちらのレシピはお手軽に4つの食材で作ることができます。
薄切りにしただいこんに、粗みじん切りにした大葉を和えた明太子を塗り、重ね合わせます。器に盛り付けたら、かつお節をのせて出来上がりと、とてもシンプルな調理方法!
大葉の香りが食欲をそそり、シンプルに素材の味を楽しんでもらえそうです。

子供が喜ぶ!肉を巻きつけた「だいこんの豚肉巻き」

子供が喜んで食べてくれるレシピの一つ、肉巻きレシピ。
肉料理であれば、お腹を空かせている子供は喜んで食べてくれるのではないでしょうか。
作る側としては野菜もしっかりと食べて欲しいという方も多いと思いますが、こちらのレシピでは、そんな両者の思いを満たした、だいこんと豚肉の組み合わせを楽しむことができます。
だいこんと豚肉に味がしっかりと絡まっているため冷めても美味しいこちらのレシピは、弁当のおかずとしてもおすすめの一品です。ご飯を食べるお箸も止まらなくなりそうですね。

子供が喜ぶ!バターの風味が香る「さつま揚げと大根の炒めもの」

小さな子供が好んで食べる料理、じゃがバターやホットケーキなどで大活躍しているバターを、さつま揚げとだいこんに絡めて炒めたこちらのレシピ。
まろやかな味わいが具材とマッチして、ご飯が進む一品です。
味付けは鶏がらスープの素、砂糖、すりおろしにんにくの3種類のみとシンプルで簡単!材料を買い揃える手間も少なく、家事が忙しい主婦にとって嬉しいレシピです。
大根は水の中に浸してレンジにかけて、一度柔らかくしてから炒めます。
バターは焦げやすいので、火の温度には注意しましょう!

子供が喜ぶ!おろしを加えてさっぱりと「おろしうどん」

時間がないお昼時などにサッと作って、子供も喜ぶうどんレシピのご紹介です!
おろしただいこんを加えるだけで、よりさっぱりとした味わいになり、スルスルとうどんをすすることができそうです。
うどんはレンジを使って加熱しますが、レンジの種類によって火の通り具合が変わりますので、加熱時間は調整してみてください。
だし汁は、おろしただいこんと水溶き片栗粉を加えて混ぜ合わせ、とろみをつけます。
暑い時期は冷たい汁で、寒い時期には温かい汁でお召し上がりください!
お好みでレモンと大葉を添えれば、よりさっぱり感が増します。

子供が喜ぶ!だしが効いてる「和風だいこんカレー」

子供に大人気のレシピといえば、カレーが挙げられるのではないでしょうか。
こちらのカレーはだしを使った和風テイストで、だいこんとの相性が抜群です。
だいこんは皮を剥いて1cm角に切り、葉の部分は細かく切って塩茹でしておきます。角切りしただいこんはルーの具材に、葉はトッピングとして散らします。丸ごとだいこんを活用したレシピで、だいこんを無駄なく楽しめますね。
だいこんに味が染みた方が美味しいので、作ってから寝かせるとより美味しさが増します。

いかがでしたか。
生でも加熱しても、すりおろしても素材の美味しさが活きるだいこん。口にする機会が多い分、様々な使い方やレシピを身につけておくことで、普段料理を食べる子供さんも喜んで口にしてくれるのではないでしょうか。
だいこんを使ったレシピに迷ったら、今回紹介したこちらのレシピを参考にしてみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部