子供が喜ぶ!絶品ながねぎ料理5選

ながねぎは1年を通して、様々な料理に使われる食材ですよね。冬は鍋物、夏は冷たい麺のトッピングなど、どのような時期にでも大活躍!日頃から口にする機会が多いながねぎを、お子さまにどんなレシピで食べさせれば飽きないか、と考える方も多いのではないでしょうか。 今回はながねぎを主役にお子さまが喜ぶ味付けや見た目で作れるレシピを5つまとめてみました。

子供が喜ぶ!ご飯と合わせてがっつり「ながねぎじゃがバター炒め」

家庭にある材料ですぐに作れる便利なおかずのレシピをご紹介します。じゃがいも、ながねぎ、コーン、黒胡椒、オイスターソース、バターという、6つの食材のみで作れてしまう手軽さです!
じゃがいもは千切り、ながねぎは斜めに切ります。熱したフライパンに切った野菜と残りの食材を入れて炒めて、仕上げに黒胡椒をかければ完成です。調味料はお好みの味に合わせて調整をしてくださいね。
バターの濃厚な味わいとコクが野菜と美味しくマッチ!しっかりとした味付けでご飯が進むので、育ち盛りのお子さまに食べさせたい一品です。

子供が喜ぶ!トロトロ食感「ながねぎの豚肉巻き」

ながねぎの特徴といえば、加熱することでトロトロ柔らかい食感になるところ。そんな柔らかく甘みのあるねぎに豚肉を巻いて、うまみや食べ応え、ジューシーさが加わったレシピです。
味付けは、ぽん酢と和風だしで!さっぱりとした和風味は肉巻きと好相性です。
柔らかいねぎと噛みごたえのある豚肉の組み合わせは、食感も心地良さそうですね。
蒸し焼きする際は、焦げないよう弱火でじっくり焼くことが美味しく仕上げるポイントです。
野菜と肉の組み合わせは、お子さまも喜ぶ組み合わせで、ペロリと平らげてくれそうですね。

子供が喜ぶ!食欲そそる「味噌マヨの鶏ねぎま串」

味噌とマヨネーズの、濃厚で酸味がある絶妙な美味しさの組み合わせ!こちらの味噌だれを鶏のねぎま串と合わせました。
ねぎま串といえば、塩胡椒や甘じょっぱいたれとの組み合わせが印象的ですが、味噌マヨのたれとも実は好相性なのです。
ながねぎは輪切りに。鶏ささみは、ねぎの大きさに合わせて切り分けます。切ったながねぎと鶏ささみを串に刺したら、塩・胡椒と味噌マヨたれをかけ、トースターで10分ほど焼けば完成!
串焼きは手軽に美味しく食べることができますね。串に刺すことでお子さまも喜んで食べてくれるのではないでしょうか。
鶏肉の下処理として、料理酒につけておくと肉の臭みを消すことができますよ。
夜ご飯やお弁当のおかずにいかがですか。

子供が喜ぶ!豆腐ベース「ねぎのグラタン」

ねぎをゴロゴロと具材に使った和風グラタンのこちらのレシピは、一般的なホワイトソースは使わずに、木綿豆腐を崩してグラタンの生地に使用しています。いつもとは違うグラタンにお子さまも喜んでくれそうです。
味わいは味噌やだし汁を使うことにより和風の仕上がりとなっています。
ねぎはフライパンとオーブンで十分に加熱され、トロトロの柔らかさになって甘みも増します。
美味しく仕上げるポイントは、豆腐の水切りをしっかりすること。こうすることで、滑らかで口当たりの良いグラタンの生地になりますよ。
出来立てのグラタンは皿まで熱いので、お子さまに食べさせる際は火傷にご注意を!

子供が喜ぶ!見た目も楽しい「ねぎマヨちくわボート」

見た目のインパクトが抜群な、お子さまが喜んで食べてくれそうなこちらのレシピ。
ちくわを縦に半分にしてボートに見せた、斬新なアイデア料理です。
まず、ちくわを縦半分にカットし、ねぎは斜め切りにします。切ったねぎとマヨネーズ、塩胡椒を混ぜ合わせてねぎマヨを作ったら、ちくわの溝にのせていき、その上にパン粉をまぶします。耐熱皿にのせたらラップをかけずに電子レンジで2分加熱しましょう。仕上げに青のりを散らせば完成です。
レンジで加熱することで、ねぎの辛みも抜けお子さまにも食べやすくなります。
冷めても美味しさは変わらずなので、お弁当のおかずにするのもピッタリですね。
ねぎは大きくカットすると、ねぎマヨがのせづらくなってしまうことがあるので、その場合はみじん切りにするのがおすすめですよ。
シンプルな材料で楽しめる料理は、リピートして作ってしまいそうですね。

どれもながねぎの美味しさを存分に味わえる魅力的なレシピばかりですね。
ながねぎは普段からよく購入する方も多いのではないでしょうか。冷蔵庫に備わっているながねぎを使って、今回ご紹介したレシピを作ってみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部