かぼちゃで作る!夜ごはんにぴったりレシピ6選

夏から秋に向けて旬を迎えるかぼちゃは、ほくほくとした食感と甘い味わいが特徴です。おかずとしてはもちろんですが、デザートにも使える便利な食材ですね。そんなかぼちゃを美味しく食べられるレシピは沢山ありますが、今回その中から、かぼちゃを使って作れる夜ごはんにぴったりのレシピをご紹介します。

巻いて焼くだけで作れる「かぼちゃの豚肉巻き」

初めに、かぼちゃと豚肉があればすぐに作れる、かぼちゃの豚肉巻きをご紹介します。
バターと醤油で味付けしたコクのある一品です。蒸し焼きにすることで、かぼちゃと豚肉の旨味をとじこめるのがポイント。
かぼちゃのホクホク感も味わえて、おかずにぴったりですよ。豚肉に染みたバター醤油は、ごはんとの相性抜群です。
かぼちゃの厚みによって、焦げないように様子をみながら、蒸し焼きする時間を調整してくださいね。
かぼちゃの大きさが大きい場合は、焼いた後に食べやすいサイズに切りましょう。お弁当のおかずにもどうぞ。

本格的なイタリアンを自宅で「かぼちゃのニョッキ」

パスタの一種で、じゃがいもと小麦粉が材料のニョッキは、もちもちとした食感が魅力のイタリアの定番家庭料理。そんなニョッキを、ご家庭で作ってみませんか。
このレシピではじゃがいもの代わりにかぼちゃを使って本格的なイタリアンを楽しめます。ほんのり甘いかぼちゃのニョッキに、ボロネーゼソースを絡めて召し上がれ。ボロネーゼソースはケチャップとトマトジュースで作るので家にトマト缶がなくても大丈夫です。
トマトソースの赤と、ニョッキの黄金色が鮮やかなこのレシピは、おもてなし料理としても喜ばれそうですね。
かぼちゃをしっかりと過熱し、滑らかになるまで丁寧につぶすのがポイントです。

焼いて作るヘルシーな一品「かぼちゃの焼きコロッケ」

たっぷり熱した油で、こんがり揚げて作る定番のコロッケを、今日は揚げずに作ってみませんか。フライパンで転がしながら作る焼きコロッケのご紹介。
かぼちゃを使って作るコロッケは、かぼちゃの甘みが引き立ち、こんがりとじっくり焼いたパン粉の香ばしさがたまりません。
焼いて調理するので、油分が気になる方にもおすすめです。
コロッケの具材は、すべて電子レンジで加熱するので炒める必要はありません。時短調理できることが嬉しいポイントですね。
熱した具材を下ごしらえしたら、あとは丸めてパン粉の入ったフライパンの上で転がすだけ。薄力粉や溶き卵をつける工程がないので手が汚れる心配もありません。パン粉は、細かめのパン粉がおすすめですよ。

しょうがの香りが食欲をそそる「かぼちゃとさといもの生姜焼き風」

しょうがの香りが食欲をそそり、夜ごはんのメイン料理にぴったりの一品。生姜焼きといえば豚肉が思い浮かびますが、定番の味付けは根菜との相性も抜群です。
かぼちゃ・さといも・鶏肉を下ごしらえしたら、フライパンでこんがりと炒めるだけでサッと手軽に作れるので、忙しい時にもおすすめのレシピ。
かぼちゃとさといもがたっぷりと入っているので、ボリューム感もたっぷりです。絡んだタレがごはんによく合い、たくさん食べられますよ。
タレを加えたら、照りが出るまでしっかりと煮詰めることがポイントです。かぼちゃ・さといもを電子レンジで加熱するときは、大きさや量によって調整しましょう。

スパイシーな味わいで風味豊かな一品「かぼちゃのクリームグラタン」

素材の味をたっぷりと味わえるグラタンレシピのご紹介。かぼちゃのホクホク感が、クリーミーなソースと絡み、絶品です。
生クリームとカレー粉を加えて作るクリームソースは、濃厚な味わい。カレーのスパイシーな風味がアクセントになり、かぼちゃの甘みを引き立たせてくれます。
湯せん焼き調理で、オーブンで焼くよりも、素材がよりふっくらと焼きあがります。
かぼちゃをあらかじめ電子レンジで加熱しておくことで、ほぐれやすく時間短縮が可能に。
お客様がいらしたときの、おもてなし料理としても、おすすめです。

野菜もたっぷり食べられる 「鶏肉とかぼちゃのトマト煮」

鶏肉とかぼちゃがごろごろ入った、 ボリュームたっぷりのトマト煮込みのご紹介。
トマトのほのかな酸味が柔らかくジューシーな鶏肉の旨みを引き立てます。ホールトマトは使う前に軽くつぶしておきましょう。
少し時間はかかりますが、具材に火を通し、トマト缶を足して煮込むだけなので、失敗も少ないレシピです。
ごはんにはもちろん、バケットやパスタに添えても美味しく頂けるのでおすすめですよ。鶏肉とトマトの旨みが染み込んだほくほくのかぼちゃが絶品です。

沢山あるレシピの中から、夜ごはんにぴったりの、かぼちゃを使ったレシピをご紹介しましたがいかがでしたか。焼いて、蒸して、マッシュして、それぞれの調理方法で違った表情になるかぼちゃ。ぜひこの機会に、優しい甘みが魅力のかぼちゃを存分に味わってください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部