脱マンネリのブロッコリー料理で夜ごはんを!簡単レシピ5選

夜ごはんにブロッコリーを使いたいと考えたとき、サラダやシチューなど、ワンパターンになってしまうことはありませんか。レパートリーにお悩みの方へ、今回はブロッコリーをいろんな料理で召し上がっていただける、簡単レシピを紹介します。

とろけたチーズがたまらない「バケットとウインナーと野菜のチーズ焼き」

ブロッコリーをコクのあるチーズとバゲットで、ボリューム満点のおかずとして召し上がっていただけるのがこちらのレシピです。ブロッコリー、バゲット、ウインナーなどをあえるとき、そして焼く前にもチーズを入れるため、食べ応えのあるおかずに仕上がります。
バゲットは食べやすい大きさに切って、オリーブオイル、塩、こしょうをまぶし味付けをしてください。ブロッコリーは小房にわけて下ゆでをします。味付けしたバゲットに、食べやすい大きさに切ったウインナーとプチトマト、そして、ブロッコリーをいれて、チーズも一緒に混ぜてください。オーブンで焼く前にもチーズをたっぷりとかけて焼けば、できあがりです。

ボリューム満点でお腹も満腹「豚肉とブロッコリーのクリーム煮」

ブロッコリーをたっぷり食べたいときは、豚肉と合わせた、こちらのレシピで作ってみてください。豚肉と生クリームのコクでお腹いっぱいになります。また、固いブロッコリーの茎も厚めに皮をむき細切りにして使いますので、ブロッコリーを余すところなく味わえます。
豚肉のこま切れを使いますが、大きければ手でちぎって小さくしてください。塩をふったら食べやすいように一口大に丸めましょう。豚肉の細切れを丸めて作った肉団子は、挽き肉とは違った食べ応えのある肉団子になります。
焼くときはにんじん、ブロッコリーの順番で焼いてください。野菜が焼けたらフライパンの端に寄せて、肉団子を焼きましょう。焼き色がついたら、生クリームなどをいれて煮込み、とろみがついたらできあがりです。

簡単に本格的なサーモンパスタ「スモークサーモンとブロッコリーのパスタ」

パスタを作るとき、味付けをどうしようかと迷うことはありませんか。そんなときはこちらの「スモークサーモンとブロッコリーのパスタ」をいかがでしょうか。スモークサーモンを使うことで、味付けいらずの本格的なサーモンパスタができます。
ブロッコリーは、炒める前に小房にわけ、塩をいれた湯でゆでて準備をしてください。フライパンに、にんにくと唐辛子をいれます。にんにくに焼き色がついてきたら、スモークサーモンとゆでたブロッコリーをいれましょう。ケイパーとパセリをいれたら、あとはゆでたパスタとあえるだけです。
味付けをする必要がないため、失敗することなくおいしい本格サーモンパスタができます。

伸びる心配いらずで簡単「チキンとパスタのチーズクリームソテー」

家族がそろうまでに時間がかかるからパスタが伸びてしまうのが心配、という方はいらっしゃいませんか。そんな方は、こちらのレシピでぜひ作ってみてください。ショートパスタを使うため、パスタが伸びるのを心配する必要はありません。また、鶏肉、ブロッコリー、エリンギを使うため、具沢山で夜ごはんにも最適です。
コンキリエというショートパスタを使うのですが、ゆでたあとそのままにしておくと、パスタ同士がくっついてしまいます。ゆでたらオリーブオイルをまぶすのを忘れないようにしてください。
具が盛りだくさんのクリームソテーで、お腹いっぱいになること間違いなしです。

カレー風味が食欲をそそる「サバとブロッコリーのカレー醤油炒め」

サバと一緒にブロッコリーをおいしくいただけるのがこちらのレシピです。スパイシーなカレーと醤油で味付けすることで、ごはんがすすむおかずになります。
魚料理で気になるのが骨ですが、食べやすくするためにも骨はきちんと取るようにしましょう。サバの骨を取り終えたらそぎ切りにし、塩とカレー粉をまぶします。
こちらのレシピではブロッコリーを小房にわけたあと、下ゆでせずにそのままたまねぎと一緒に炒めます。水と醤油を加えて炒めたら、一度フライパンから取り出します。サバに小麦粉をまぶしフライパンで両面を焼いたら、先ほど取り出したブロッコリーとたまねぎをいれ再び炒めます。このとき、サッと炒めたらすぐに火を止めるようにしてください。スパイシーなカレーと醤油で食欲をそそられるおかずの完成です。

ブロッコリーをメインのおかずやパスタと一緒においしくいただけるレシピを、今回は紹介しました。ブロッコリーは噛み応えがあって、料理のボリュームアップにぴったり。綺麗な緑色で料理の彩りも華やかにしてくれますよね。
どれも簡単に作れるレシピですので、ブロッコリーを使った料理がマンネリ化してきたときには、ぜひ作ってみてください。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2手抜き上手になろう!驚きの高見え晩ごはん12選てんぱちゃん
  3. 3【本日の主役は卵!】家族が笑顔になる☆おすすめの晩ごはんご紹介よこさん
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり