夜ごはんにおすすめ!ほうれんそうの簡単レシピ5選

色鮮やかなグリーンが特徴的なほうれんそう。ほうれんそうを使った料理は食卓に彩りを添えてくれますよね。しかしほうれんそうといえば、おひたしやごま和えなど副菜に使うイメージが強いのではないでしょうか。そんなほうれんそうですが実は夜ご飯にぴったりの、ガッツリ系おかずやパスタやドリアなど、メインになるメニューも沢山あります。今回はその中から簡単に作れるレシピを5つご紹介します。ぜひお試しください。

甘いほうれんそうとミルキーなかきで冬の味「ほうれんそうとかきのクリーム煮」

栄養豊富で旬は冬。そんな共通点を持つほうれんそうとかきを使って、少し豪華なメインディッシュを作ってみましょう。
かきは塩をふってもみ洗いし、ぬめりが出たら水洗いします。水けを拭いて塩、胡椒をふり、薄力粉をまぶしてサラダ油で焼きます。両面に焼き色がついたら牛乳を加えて煮て、塩、胡椒で味を調えたらゆでたほうれんそうを加えてサッと煮れば完成です。
ほうれんそうの歯ごたえが残るよう、かためにゆでるのが美味しく作るポイントです。
かきのコクとほうれん草のうま味がぎゅっと詰まった心温まるクリーム煮は、冬の寒い日にはぜひ作ってみたい一品です。

ほうれんそうのグリーンが鮮やか「ほうれんそうと桜えびのナッツソテー」

香りも歯ごたえも楽しめる、カラフルな炒め物をご紹介します。
フライパンで桜えび、白ごま、クルミを乾煎りし、香りが出たらごま油を入れ、ほうれんそう、エリンギ、黄パプリカを加えて炒めます。醤油と塩、胡椒で味付けすればできあがりです。
乾煎りすることで桜えびとごまの香りが香ばしく、シンプルなのにコク深い、ご飯がすすむ味に仕上がります。夕食のおかずにももちろん使えますが、簡単に作れるので、食後に軽くお酒を嗜む時などのおつまみとしてもかつやくしてくれそうですね。
また、クルミのカリカリ感とほうれんそうのシャキシャキ感の絶妙なコントラスト味わうため、クルミは大きめに切り、ほうれんそうは加熱しすぎにご注意ください。

電子レンジで簡単メインディッシュ!「チキンとほうれんそうのチーズ蒸し」

忙しい時は手の込んだものではなくササっと作れるレシピが良いなというのは本音のハズ。そんなときの味方、電子レンジ。こちらのレシピは電子レンジを使って10分で完成します。10分という短さとは裏腹に手が込んでいるような仕上がりなのもうれしいですよね。仕事から疲れて帰ってきた時でも、手抜き感なく作れますよ。
ほうれんそうは洗って根元を切り落とし、ラップで包んで電子レンジで加熱します。ラップを外して水に放ち、水けをしぼって食べやすい長さに切り、お皿に敷きます。鶏肉は一口大に切り、料理酒、醤油、にんにくで下味を付け、耐熱皿に汁けをきって並べます。とろけるチーズをのせてラップをかけ、電子レンジで加熱します。チーズが溶けたらほうれん草の上に汁ごとのせて、お好みでレモンを搾っていただきます。
チーズがとろけてお肉とほうれんそうに絡みやみつきになりそうな一品です。

コク旨なのに後味さっぱり「ほうれんそうとささみの梅バターパスタ」

ほうれんそうの緑に梅干しの赤が映えるこちらのパスタ。バターとごま油の合わせ技で、コク旨に仕上げます。
フライパンにバターを熱し、ささみを入れて炒めます。ゆでたスパゲティとそのゆで汁、下ゆでしたほうれんそう、醤油、叩いた梅干しを入れて混ぜ合わせます。お皿に盛って梅干を乗せ、ごま油をかけて刻みねぎをふり、完成です。
美味しく作るコツは、スパゲティもほうれんそうもかためにゆでること。スパゲティは袋の表示よりも2分短めに、ほうれん草は沸騰したお湯に根元から入れ、根元が曲がるくらいになったら葉全体を浸し、サッとゆでるくらいがベストです。
梅の爽やかさがバターのこってり加減を絶妙に調節してくれるので、こってりな味が苦手という方でもペロっと食べれてしまいそうです。

寒い日の夜に食べたいアツアツごはん「鮭とほうれんそうの味噌ドリア」

鮭・ほうれんそう・味噌とくれば、味噌味の鍋物を思い浮かべるかもしれませんが、ここではボリューム満点の味噌が香ばしく香るドリアをご紹介します。
サラダ油でたまねぎ、しめじ、ほうれんそうを炒めます。しんなりしたら牛乳、生クリーム、ブイヨンを入れ、練り合わせておいた溶かしバターと小麦粉を加え、とろみがついたら味噌を溶かします。ご飯を混ぜ入れて焼いた鮭をほぐし入れ、耐熱容器に移します。焼いた鮭をのせてピザ用チーズをちらし、オーブントースターでこんがりと焼けば完成です。
味噌の風味が食欲をそそり、ついついおかわりしてしまいそう。アツアツのうちにお召し上がりくださいね。

夜ごはんにおすすめのほうれんそうレシピを、炒める、煮る、焼くと幅広くご紹介してきましたがいかがでしたか。ほうれんそうを使ったレシピの幅がグッと広がったのではないでしょうか。栄養豊富なほうれんそう、お子さまにもぜひ食べてもらいたいですよね。ご紹介したレシピなら、おひたしなどは苦手というお子さまでも食べてくれるかもしれません。ぜひお試しください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部