簡単焼くだけ!秋の味覚さけを使った夜ごはんおかずレシピまとめ

手軽に手に入る切り身魚として人気のさけ。 魚嫌いのお子さまでも食べやすく、夜ごはんのおかずにぴったりの簡単レシピをご紹介します。 さけは、味付けや調理方法によって、様々な食感も味わいも楽しむことができます。 今夜のごはんは、さけを使った料理を作ってみませんか。

甘辛さっぱりの新しい味つけ「さけのムニエル」

子供から大人までおいしく食べられる、さけを使った定番料理と言えばムニエルですね。
こちらのレシピは、バターとレモン汁を効かせた定番のムニエルに、醤油とみりんを加えて甘辛さっぱり味に仕上げています。
さけは塩胡椒を振り、5~10分置いて水気をキッチンペーパーでふきとります。薄力粉を入れたビニール袋にさけを入れ、ふりながら薄力粉をまぶしましょう。フライパンに油を熱し、バターを入れて、さけを焼いてお皿に盛ります。
フライパンの余分な油をふきとったら、合わせ調味料を加えてひと煮立ちさせ、さけにかけて出来上がりです。
さけは、皮目から焼きはじめ、最後に火を強めて皮目をパリッとさせると美味しいですよ。
バターの匂いだけで、つい食欲が湧いてしまいます。
付けあわせにサッと炒めたもやしやきゃべつを添えてどうぞ。

とろりチーズでお子さまもパクパク「鮭のピザ風」

和風の下味をつけたさけに薬味とチーズをのせて焼き上げた、味の組み合わせも仕上がりも新鮮な一品をご紹介します。
さけは、骨を取り、厚みを半分にきって、醤油と酒に10分ほど漬けこみましょう。オーブン皿にクッキングシートを敷いてさけを並べたら、生姜、万能ねぎ、チーズ、白ごまをのせ、オーブントースターで10分ほど焼いて完成です。
さけが切りにくい場合は、薄いそぎ切りにしても構いません。
チーズで蒸し焼きにされたさけはふわふわ!
醤油、生姜、ねぎが入り、ほんのり和風味なので、白いごはんにもよく合いますよ。

さけが香ばしくスパイシーに「鮭のカレーしょうゆ焼き」

にんにくとカレー粉でパンチのある味わいに仕上げた、ビールにも白米にも合う一品です。
まずは、にんにくすりおろし、醤油、カレー粉などを混ぜ合わせ、漬けだれを作ります。そこに3等分に切ったさけの切り身を5分ほど漬けこみ、汁気を切ってから小麦粉を薄くまぶしましょう。
フライパンに油を多めに入れて熱し、さけを揚げ焼きにします。
フライパンの空いているところでアスパラも焼いたら、出来上がりです。
こんがりと焼き色を付けることで、見た目も食感もアップしますよ。魚嫌いなお子さまも親しみやすいカレー味に喜んで食べてくれそうなお味です。
3等分に切るときに、骨も一緒に抜いておくと、より食べやすいですよ♪

こっくり濃厚!副菜も一緒に作れる「鮭のめんつゆバター炒め」

めんつゆとバターのこっくり濃厚な味つけが食欲をそそるおかずです。
ピーマンとまいたけも入り、ボリュームともにアップするのもいいですね。
めんつゆ、バター、にんにくすりおろしを混ぜ合わせ、合わせだれを作っておきましょう。さけはひと口大に切って塩胡椒を振り、薄力粉を薄くまぶしたら、油をひいたフライパンで両面をこんがり焼き、いったん皿に取り出します。
フライパンをキッチンペーパーでふき、油をひいたらピーマン、まいたけを炒めます。
油が回ったところでさけを戻し入れ、合わせだれを絡めて完成です。
めんつゆを使うことで味が手軽に決まりますよ。
きのことさけで食べ応えもバッチリ!野菜も一緒にとれるのが嬉しいポイントですね。

人気メニューを電子レンジで作る「鮭とキャベツのチャンチャン焼き」

北海道の郷土料理で、鉄板で豪快に作るチャンチャン焼きを、レンジで手軽に作るレシピでご紹介します。
さけは両面に塩、料理酒をからめて10分ほど置きましょう。
耐熱皿にキャベツ、玉ねぎ、コーンを入れたら、塩胡椒を振って軽く混ぜます。そこにさけを皮目を上にしてのせ、合わせ味噌だれを塗って小さくちぎったバターをのせます。
ふんわりとラップをかけて電子レンジで6分ほど加熱したら完成です。加熱中に余分な水分が出るのを防ぐため、キャベツは大きめにカットするとよいでしょう。
ラップを取ると、味噌とバターの香りが立ち上って食欲を誘う一皿です。

マヨネーズが鮭のうま味を引き立てる「鮭ときのこのマヨしょうゆ炒め」

こちらは秋の味覚がたっぷりのレシピ!
マヨネーズで炒めるので、こってり。でも、醤油で和の風味を感じることができて、パクパク食べてしまう一品です。
きのこは、しめじとまいたけ意外にプラスしてもOK!いろんな種類のきのこをプラスすると、より秋を感じるレシピになりますよ。
野菜を足したいときは、余りものの野菜などを足してもgood!緑を足したら、より色合いも華やかになりますよね。

秋の味覚、生さけの切り身で作る簡単変わり焼きはいかがでしたか。
調味料の組み合わせで、いろんな味を楽しめますね。
サーモンは料理に加えると鮮やかなピンクが色合いも出て、食べ応えもボリュームアップさせてくれますよね。
今回ご紹介したレシピはとても作れるので、ぜひお試しください。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部