簡単ヘルシーで大人気!ささみでささっと一品のアレンジ術5選

ヘルシーな食材として使われるささみ。価格もお手ごろで手に入りやすい食材です。素材そのものは淡白なので色々なアレンジを知っているとボリューミーなおかずにもちょっとした一品にも活躍しますよね。今日は簡単だけど大人から子どもまで大人気のささみアレンジ術を探してみました。

子どもにも大人気の梅のりドレッシング「簡単梅のりドレッシングのささみぷりぷりサラダ」

ゆでてまぜるだけの簡単レシピ「簡単梅のりドレッシングのささみぷりぷりサラダ」。淡白なのでお子様などちょっと食べにくそうと思ったらこちらのレシピがおすすめ。野菜も切って一つの鍋で茹でるだけと超楽チン!梅のりドレッシングの酸味が食欲をそそります。彩りも鮮やかでささみでボリュームもアップ。食卓も賑やかになりますね。お弁当のおかずにも活躍してくれそうなメニューです。

食欲そそるアジアンな柑橘ドレッシング♪「ささみと大根のエスニックサラダ」

エスニックがお好きな方におすすめなメニューがこちらの「ささみと大根のエスニックサラダ」。こちらの決め手はグレープフルーツ。グレープフルーツは茹でると剥きやすくなるので時間も短縮できます。グレープフルーツの果汁をつかうことで程よく甘みもありますので、エスニックが苦手と思っていた人も食べやすいかも!ささみの食感と大根のシャキシャキ感にエスニックな甘辛ドレッシングがよく合います。グレープフルーツの半身が混ぜ合わさっているので見た目にも可愛い♪女性同士の集まりなどに持ち寄りの一品にすると喜ばれそうですね。

長芋とささみの食感を楽しめる「長いもと鶏ささ身のさっぱりあえ」

和風アレンジにもささ身は大活躍。ささ身のパサつき感が気になる方には蒸しゆで。なんと沸かしたお湯に鶏ささみを入れて蓋をして放置しておくという超簡単な調理法です。蒸しゆでにすることで、ジューシーに仕上がります。長いもは生でも食べられますから切って一口大にさいた鶏ささみとドレッシングにあえるだけ。長いものシャキシャキ感と鶏ささみのジューシー感を楽しめます。盛り付けにわさびを添えればアクセントにもなって立派な小鉢に変身。自分の好みに味を調整できます。夕食の一品にも日本酒のおつまみにも合いそうですね。

定番のパーティーメニュがささみで作れちゃう!「カリッとポップコーンチキン」

ゆでてヘルシーに食べる…というイメージのささ身ですが、ちょっとした工夫で見た目にボリュームがアップしてこんなメニューにも!衣にコンソメを混ぜてまぶして焼くだけです。しかも下味は塩こしょうだけなのでやっぱりヘルシー。もともと淡白なので味付け次第で色々楽しめる強力な食材なのです。油をよく熱してから焼くと外もカリッと仕上がります。動画のように盛り付けを工夫するとパーティーでも大活躍するメニューですね。ダイエット中の女子のお弁当にもばっちりな一品です。

のりの佃煮とマヨネーズが意外とマッチ「ササミののりマヨあえ」

レンチンで簡単!茹でるのがちょっと面倒に感じたらささみをレンチンしてみるのはいかがでしょうか?お酒をと塩を少々まぶして、淡白なささみに少し下味をつけることで満足感がアップします。味付けはどこの家庭にもありそうなマヨネーズとのりの佃煮を活用するので、むずかしい調味料の配合を考えることなく楽チン。好みの配合を考えても楽しいですよね。お弁当やお酒のつまみに、あと一品欲しい時に作ってみたいレシピです。

いかかでしたか。ささみは淡白な食材ですが、調理も簡単、アレンジも幅広いのです。今回はお手軽でちょっと一品に活躍しそうなレシピをご紹介いたしました。ささみは冷凍保存もできますから、多めに買ってしまった時はちょっと冷凍庫に入れておくと、いざという時に役に立ちそうな食材ですね。ぜひお試しください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部