白菜で作る!お弁当におすすめのおかずレシピ4選

シャキシャキとした食感の白菜は、味にくせがなく、どなたでも比較的食べやすい葉物野菜ですよね。調理方法も、煮る・焼く・蒸すだけでなく、和え物にしたり、サラダにしても美味しいです。特に冬の季節の白菜は、より一層甘みが増し、お財布にも優しい食材なので、どこの家庭にもある野菜ではないでしょうか。今回は、甘くて美味しい白菜を使って作る、お弁当にオススメのおかず4選をご紹介いたします。

しっとりジューシーな味わい!「白菜と鶏胸肉の蒸し焼き」

最初にご紹介するのは、鶏胸肉と白菜で作る醤油味の蒸し焼き料理です。
白菜は炒め物に使うと水気が出てしまいがちですが、こちらのレシピでは水溶き片栗粉を加えるので、白菜の旨みごと閉じ込めることができます。お弁当箱から汁が漏れてびしょびしょになる心配はありません。
蒸し焼きにすることで白菜が鶏肉の旨味を吸って、ご飯との相性抜群。トロトロの白菜とジューシーな鶏肉が食べやすい食感のおかずになっています。味付けもシンプルに塩と醤油のみなので、お子さまから大人まで食べやすいおかずですよ。
ボリューム感もしっかりあるので、お弁当はもちろん夜ご飯のおかずにもおすすめです。仕上げに糸唐辛子をトッピングすればぐっとおしゃれになりますよ。

シャキシャキ美味しい!「たっぷり白菜のメンチカツ」

お弁当で喜ばれるおかずの上位に「揚げ物」が、ランクインしているご家庭も多いのではないでしょうか。
こちらでご紹介するのは、人気の高いメンチカツにシャキシャキ食感が楽しい白菜を加えたレシピです。
作り方は、メンチカツのタネのひき肉に、みじん切りをした白菜を加えるだけで、通常のメンチカツとほぼ変わりません。タネは粘りが出るまでしっかり練り混ぜてくださいね。白菜を加えることで、いつものメンチカツより軽い食感になるので、お弁当のおかずとしてもぴったりでしょう。
野菜嫌いなお子さまにもオススメです。
高温で揚げてしまうと、中に火が通る前に周りが焦げてしまうので火加減に注意してください。

子どもが喜ぶ!「白菜で作るシュウマイ」

次にご紹介するのは、白菜を皮に見立てて作ったシュウマイのレシピです。白菜の芯から葉までを無駄なく使えますよ。
ころんとした見た目がかわいらしくてお子さまにも喜ばれそうですね。
いつも食べるシュウマイとは異なって、シュウマイの皮に白菜の葉を、シュウマイのタネには、白菜の芯の部分とエリンギやたまねぎを加えて作るので、野菜もたっぷり入っていてヘルシーなおかずです。
作り方のポイントは、タネをあらかじめ冷蔵庫で寝かせておくこと。手に付きにくく白菜で巻きやすくなるのでオススメです。
フライパンで蒸し煮にして作るので、蒸し器などは必要ありません。白菜の優しい甘みが引き立つ調理方法です。おうちで作りたい時に簡単に作れて、お弁当のおかずに彩りが欲しい時にも役立ちますね。

チーズがとろける!「豚肉と白菜のロールカツ」

最後にご紹介するのは、お子さまに人気のロールカツに、白菜を加えてアレンジしたレシピです。
叩いて薄く伸ばした豚肉に、チーズ、あらかじめ電子レンジで加熱した白菜を重ねます、練り梅をのせたら手前からしっかり巻いていきましょう。衣をつけて揚げれば食べ応え満点のロールカツの完成です。
揚げる際は、中に入れたチーズが溶け出さないよう、低温で揚げることをオススメします。味付けに練り梅を加えているので、さっぱりとした味わいでお子さまだけでなく、大人のお弁当のおかずにもぴったりでしょう。

いかがでしたでしょうか。今回は、白菜を使ったお弁当のおかずを4つご紹介いたしました。クセのない白菜は、どんな食材と組み合わせても食材の旨味が染み込むので便利な食材ですよね。どちらのレシピも、お弁当のおかずはもちろん、普段の晩ご飯にも使えるおすすめの料理ばかりです。お弁当のおかずは、ついついお腹がいっぱいになるようにと、ボリュームを重視して野菜が不足しがちですが、今回ご紹介したレシピを参考に、白菜を使っておかずを作ってみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部