人気料理に巻いたり詰めたり!アレンジ楽しめるハンバーグレシピ5選

肉のうまみが凝縮されて中からじゅわっとあふれる肉汁がおいしい人気料理のハンバーグ。スタンダードなハンバーグレシピもいいですが、他の食材と組み合わせることで違ったテイストが味わえます。アレンジも簡単なので、人気料理のバリエーションを増やして、レパートリーを広げてみませんか。こちらのレシピを活用してハンバーグレシピのマンネリもなくしていきましょう。

半熟卵が中からとろ〜り!ハンバーグに卵を隠し入れた「エッグインハンバーグサンド」

ハンバーグの上に目玉焼きをトッピングする食べ方は定番ですが、ハンバーグの中に入れるレシピは新鮮なのではないでしょうか。「エッグインハンバーグサンド」は半熟卵を肉だねで包み込んだ、ボリューム満点のハンバーグレシピです。
半熟卵以外にもおいしく仕上げるポイントが2つ。まず一つ目は顆粒タイプのブイヨンを肉だねにプラスすること。こうすることで味にコクをが出ます。さらにとんかつソースとケチャップを混ぜ合わせたソースで煮込めば、うまみがさらに増します。
切ったときの断面も鮮やかでかわいく、SNS映えしそうですよね。パンで挟めば持ち運びも簡単なので、ピクニックやお出かけランチなどにも作ってみてくださいね。

油揚げが袋に大変身!さっぱり和風の「おあげに入ったハンバーグ」

おあげというと、いなり寿司など和食レシピで使われることが多い食材です。そんなおあげも入れる具材を変えるだけで、全く違った料理になります。「おあげに入ったハンバーグ」はその名の通り、油揚げに肉だねを詰めて焼いた変わり種レシピです。
肉から出るだしを油揚げが吸収してくれるので、ハンバーグのおいしさを存分に味わえます。しかも肉だねを油揚げに詰めて焼き上げるので、成形の必要がなく調理が簡単です。手順が簡単だとお子さまとクッキングをしても楽しく作れそうですね
最後にだいこんおろし・小ねぎ・ポン酢醤油をトッピングして、さっぱり和風味にしましょう。こってりとした味付けだとあまり食べれないという方もこれならたくさん食べられそうです。

ジューシー野菜がかくれんぼ!食欲をそそる「トマト入りガーリックハンバーグ」

毎日バランスのとれた食事を作るのは大変。そんな時はハンバーグに野菜を入れると、肉と野菜が同時に食べられる一品になります。厚めにスライスしたトマトをハンバーグの中に隠して、内側から肉汁あふれるジューシー肉料理にしましょう。
トマトを隠し入れるために大きめのハンバーグに成形するので、ずっしり存在感があり、食べごたえも抜群です。また、いんげんなどの野菜と一緒にハンバーグを白ワインで煮込むので、付け合わせも同時に作れます。
肉だねにいれたにんにくんの香りが香ばしく食欲をかきたてるハンバーグに仕上がっていますよ。

小さいのにおいしさ抜群!ソースいらずの「鶏肉と大葉のハンバーグ」

ハンバーグの肉だねには牛肉や豚肉、または合挽き肉が使われることが一般的ですよね。今回は少し目線を変えて鶏挽き肉を使用することで、ヘルシーでもっちりとした食感のハンバーグを作ってみましょう。「鶏肉と大葉のハンバーグ」は肉だねの中にチーズを入れて、外を大葉で包む調理法の挽き肉レシピです。
ダブルの味付け方法でしっかりとした味になるので、ソースいらずのハンバーグになります。大葉の爽やかさとチーズのまろやかさが絶妙にマッチするさっぱりとしたハンバーグはついついおかわりしてしまいそう。肉だねに仕込んだ味噌もコクを生んでより深い味わいを演出してくれています。
あえて小さめのハンバーグにすれば、お弁当のおかずやおつまみにもぴったり。いろいろな使い方ができるので、食卓の人気料理になりそうですね。

シャキシャキ食感の「春ごぼうハンバーグのベーコン巻き」

ハンバーグに使用する挽き肉にはいろいろな食材を混ぜることができます。お気に入りの具材を入れるのもいいですが、春ごぼうでシャキシャキ食感を楽しんではいかがでしょうか。
「春ごぼうハンバーグのベーコン巻き」は肉だねの内側にチーズを入れて、さらに外側をベーコンで巻き包んだハンバーグです。中からあふれるとろっとしたチーズと、カリっとしたベーコン、春ごぼうのシャキシャキ食感といろいろな食感が楽しめる一品です。
肉だねに人気食材を組み合わせることで、より豪華な仕上がりになります。使用するごぼうは、普通のごぼうを使ってもOK。季節を問わず、いつでも好きな時に作ってみましょう。

ハンバーグの人気レシピ、いかがでしたでしょうか。どれもいつものスタンダードなハンバーグとは違うアレンジが加わったレシピでしたね。人気料理のハンバーグですが、生焼けになっていないか心配になることありますよね。竹串を刺して透明な肉汁が出れば、中まで火が通っている証拠です。それでも心配な時は、フライパンで焼いた状態のまま蓋をして火をつけずに数分放置しておくと、余熱で中まで火が通りますよ。こちらのレシピを参考にハンバーグのレパートリーを増やしてみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部