身体が芯から温まる!白菜と豆腐をのあったかレシピ厳選5選

冷たい風が吹く中、暗い夜道を帰ったら、温かい料理が家で待っていた…そんなホッとする体験をあなたのご家庭でもいかがですか。身体を芯から温めてくれる料理といえば、寒い季節に旬を迎える白菜と豆腐を使ったスープや主菜が浮かびます。白菜も豆腐も調理のバリエーションが広く、アレンジがしやすい素材。 今回はその豊富なレシピの中から、人気のレシピをピックアップしてご紹介します。

スープまで美味しい!ちくわ、はんぺん、豆腐を白菜で巻いた「白菜巻き」


寒い季節の定番メニューにロールキャベツがありますが、こちらのレシピはキャベツではなく白菜で具を巻きます。
具に使うのは、ちくわ、はんぺん、玉ねぎ、豆腐、卵と調味料。具材をフードプロセッサーにかけた後、白菜に片栗粉を振り、具を包み込んでいきます。巻いたら鍋に入れ、水、鶏がらスープの素、塩胡椒でコトコトと煮込みましょう。仕上げにパセリをかけたら、白菜ロールの完成です。
白菜の葉を丸ごと使って具を巻くので、根元の歯応えがあるところから葉先の柔らかい部分まで、色々な歯応えを楽しめますよ。

鶏団子に豆腐を練り込んだポカポカスープ「白菜と鶏団子の豆乳スープ」

豆乳を使ったクリーミーなスープで、お腹も心も大満足になる温かい白菜料理がこちらです。
鶏挽肉に豆腐、すりおろししょうが、塩胡椒を入れ、粘りが出るまで混ぜ合わせます。鍋に白菜とにんじん、水、鶏がらスープの素をいれたら、丸めた鶏団子をいれ加熱を続けます。豆乳を加え、弱火で煮込み、塩で味を調えましょう。お皿に盛り付けて、白いりごまをトッピングしたら熱々のうちに、パクッ。
温かな豆乳スープと、しょうが入りの鶏団子でポカポカになりますよ。

白菜と豆腐をたっぷり使って本格的な味わいに「キムチスンドゥブ」

食べきれなかったキムチに、白菜と豆腐をプラスしてキムチスンドゥブを作ってみませんか。食べやすい大きさにカットした豆腐を一丁丸ごと鍋に入れ、キムチ、白菜、にら、しめじ、コチュジャンと調味料をいれて、弱火で煮込みます。白菜の芯に火が通ったら、卵を割り落として出来上がり。ピリっと辛いキムチとコチュジャンのコクが白菜と豆腐に絡んだ、韓国の本場の味わいを楽しめます。

余った豆腐と白菜がシュウマイに変身!蒸さずにできる「レンジシュウマイ」

お味噌汁に使った豆腐が半分余った、買った白菜が大きすぎて持て余している…そんな時はこのレシピがおすすめです。
豚挽肉に調味料をいれて、粘りが出るまで混ぜたら、豆腐、しいたけ、玉ねぎ、片栗粉を順にいれ、さらに混ぜ合わせます。豚挽肉餡を丸め、細切りにしたシュウマイの皮の上で転がします。上にゆずの皮を乗せたら、白菜を皿に敷きましょう。白菜の上にシュウマイを並べたら、ラップをふんわりかけて電子レンジへ。火が通ったらお好みのタレをつけて、温かいうちにどうぞ。
包む手間も蒸す手間もいらない簡単シュウマイなので、作り置きにもいいですね。

牡蠣出汁の旨味を吸い込んだ白菜が美味しい「牡蠣と絹豆腐のうま煮」

水分をよく含んだ瑞々しい葉物野菜は、スープとの相性がバッチリ。特に野菜の甘みを引き出す旨味をたっぷり含んだスープ出汁とは、最高の相性です。
牡蠣の表面に焼き色がつくまで加熱し、いったん取り出します。鍋を洗わずに、しょうがとねぎを香りが立つまで炒め、白菜と合わせ調味料を加えて、蓋をして煮ます。豆腐、トマト、牡蠣を入れて軽く混ぜたら火を止めましょう。水溶き片栗粉でとろみをつけたら、お皿に盛り付け、小口ねぎを散らします。牡蠣出汁の旨味を吸い込んだ白菜が、ジュワ~ッと口の中に広がるうま煮が完成。
豆腐の水切りや牡蠣の下処理に手間をかけた分、ひときわ美味しく感じられますよ。

白菜と豆腐を使ったあったか料理をご紹介しました。素材をたっぷり使うレシピから、余った分量があればできるレシピまで、使い方は色々あります。冷えた身体にじんわり染み込む温かな料理で、寒いシーズンも元気に乗り切ってくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部