白菜とはちみつを使った簡単レシピ5選

白菜とはちみつ、一見意外な組み合わせかもしれませんが、実はとても相性が良いのです。 今回は、白菜とはちみつを活かしたレシピの中から、白菜キムチを使った絶品メニュー、お手軽漬物、すき焼きまで幅広くご紹介します。はちみつの甘みを使いこなして、料理スキルをアップさせましょう。

はちみつを使ったお手軽漬物「だいこんと白菜の甘味漬け」

はちみつとレモンの風味で食欲に火がつく、「だいこんと白菜の甘味漬け」のレシピをご紹介します。
レシピといってもその工程はとても簡単。使う食材はだいこん、きゅうり、白菜の3つ。どれも食感が楽しいものばかりですよね。これらをカットしたら塩もみします。
そのあとはちみつとレモン果汁を加えたものと一緒に漬けておきましょう。たったこれだけで完成してしまう手軽さです。
この甘味漬けをカレーと一緒に食べるのも美味しそう。福神漬けの代わりになりそうですね。レモンの酸味が爽やかに香る一品をぜひ。

はちみつを加えた自家製白菜キムチで「刺身のキムチあえ」

このレシピを見れば、ご家庭でもキムチを作ることができますよ。
キムチを仕込むための調味料には、豆板醤やにんにくは欠かせません。さらに今回は、そこへはちみつも加えます。こうすることで、辛味の中にも柔らかな甘みが残り、それが旨味になっていきます。和食でみりんや砂糖を使うのと同じですね。
そしてこのキムチと刺身を和えましょう。すると、なんということでしょう。あっという間に贅沢小鉢に変身します。
ごま油の香りもたまらないこの一品。お酒のお供にも活躍してくれそうですよね。

白菜キムチのはちみつと味噌、コク旨ハーモニー「キムチとひき肉の味噌炒め」

先ほどのキムチを使ってもう一品作ってみましょう。キムチの中のはちみつが良いアクセントになってくれる「キムチとひき肉の味噌炒め」も絶品ですよ。
ジューシーなひき肉の旨味と醤油、味噌。これだけでもご飯が進む味付けです。そこへ、はちみつの甘みをアクセントにした先ほどの自家製キムチを加えましょう。
ごま油の香り、豆板醤の辛味、さらにはちみつの甘みもプラス。味噌に、コク旨のハーモニーをもたらしてくれます。
ご飯にたっぷりかけていただきましょう。辛いものが苦手な方は、豆板醤を減らしたキムチを作るのも良いですね。

忙しい時に助かる!白菜キムチとはちみつで簡単旨味アップ「クイック豚汁」

大活躍の白菜キムチですが、なんと豚汁にも応用できます。しかもこの白菜キムチを使うことで、簡単に食材の旨味を引き出すことができますよ。
はちみつの甘みのおかげで、豚肉の旨味をよりしっかり感じることができますよ。ごま油の香りもたまりません。豚汁だけでお腹いっぱい食べてしまいそうなほど、美味しいですよ。
一汁三菜とはよく言いますが、なかなか毎日の食卓に汁物を用意するのは大変ですよね。そんな時はこのメニューを思い出してみてください。

白菜が美味しすぎる、はちみつが隠し味の「鶏肉のすき焼き」

すき焼きといえば、肉の旨味はもちろん、それを引き出すための甘みも重要なポイントですよね。今回は、そんなすき焼きの隠し味に、はちみつを使ってみましょう。はちみつの深みのある甘さが、鶏肉の旨味をグッと引き上げてくれますよ。
加えて、こちらのレシピでは鶏肉を使っているので、牛肉を使うよりお財布に優しいのも嬉しいポイントですよね。
上品な旨味を吸った白菜、これもまた最高です。えのき、長ねぎと一緒に包んでいただきましょう。ヘルシーで野菜もしっかり摂れますよ。

はちみつのコクのある甘み、これによってキムチや肉の旨味もさらに増します。
料理には食感も重要なポイントになりますよね。白菜は食感はもちろん、料理の味付けがしっかり馴染んでくれる食材なので、煮込み系の料理には大活躍。ぜひ、お試しください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部