ダイエットにもおすすめ!白菜を使ったヘルシーな料理5選

低カロリーでボリューム感のある白菜は、ダイエットにぴったりの食材。様々な調理法にマッチするので、日頃の食事に手軽に取り入れられます。 今回は、白菜を使ったヘルシーなメニューを集めてみました。

簡単おいしい「白菜とツナのうま煮」

10分程度でサッと作れる、白菜とツナのうま煮。料理が苦手な方にもぜひ作ってほしいヘルシーメニューです。
フライパンで白菜を炒め、ツナ、めんつゆ、ポン酢を入れて煮ます。ごま油を回しかけて混ぜ、お皿に盛り付けたら完成です。
ツナのうまみが染み出した煮汁は、コクとさっぱり感のバランスが絶妙。ごま油の香りがアクセントを添えます。味の染みたトロトロの白菜は、ご飯との相性も抜群。お好みで一味唐辛子をかけても味が引き締まっておいしいですよ。小腹が空いた時の夜食にもおすすめです。

お酒によく合う「アサリと白菜の酒煮」

お酒を飲みながら食事をする時ほど、カロリーに気を遣いたいもの。アサリと白菜の酒煮なら、ヘルシーでお酒にもよく合いますよ。
フライパンで料理酒をひと煮立ちさせ、アサリを加えて口が開くまで蒸し煮にします。アサリを取り出し、料理酒を漉してフライパンに戻したら、白菜といんげんを加えましょう。アサリを再び加えた後、塩とバターを使って味を調えて出来上がり。
アサリのだしとバターで、あっさりしつつもうまみのある仕上がりに。アサリを蒸し終わった時点で半分ほど殻を外しておくと、見た目のバランスが良くなります。大皿に盛り付ければ、おもてなしの席でも映える一品へと変身。日本酒や白ワインなど、様々なお酒と一緒に楽しんでみてください。

さっぱり仕上げた「白菜と豚バラの梅蒸し」

あっさりした白菜とコクのある豚バラは、相性ぴったりのコンビ。そこに爽やかな梅の風味をプラスした、ヘルシーな蒸し料理のご紹介です。
梅肉と塩昆布、大根おろしを混ぜ合わせ、耐熱皿に、白菜、豚バラ肉、大葉と順番に繰り返し、重ねていきます。ラップをかけて電子レンジで加熱して器に盛ったら、仕上げに千切りの大葉をのせましょう。大葉と梅の爽やかさが、白菜と豚バラの甘みを引き立てます。豚バラの脂によって、全体がマイルドに。さっぱりしているので、飽きることなく食べられそうです。余分な油を使っていないことも嬉しいポイント。チーズを挟むなどしてアレンジするのもおすすめです。

いつもの献立に一品プラス「白菜の酢漬け」

ヘルシーでシンプルな白菜の酢漬けは、品数が減りがちなダイエット中の食卓のお助けメニュー。
酢や塩、砂糖などの調味料を煮て冷ましておきます。フライパンにサラダ油、しょうが、唐辛子、ねぎを入れて炒め、山椒を加えて漉しましょう。塩を振ってしんなりさせた白菜にこの油をかけ、先ほどの合わせ調味料であえたら完成です。
シャキシャキ感をほどよく残した白菜は、少ない量でも食べごたえ充分。ちょうどよい辛味と酸味でご飯も進みます。ご飯のお供としてはもちろん、おつまみにもおすすめ。作り置きができるので、常備菜としても活用できますよ。

不足しがちな野菜もしっかり「鶏むね肉と白菜のピリ辛蒸し」

ヘルシーかつボリューミー、ダイエット中に嬉しいメニューが、鶏むね肉と白菜のピリ辛蒸し。
耐熱皿に、白菜、もやし、鶏むね肉を重ねて並べ、しょうがを全体に散らします。野菜の上に鶏むね肉をのせることで、鶏肉のうまみが染みこみやすくなりますよ。ラップをかけてレンジで加熱し、にんにく、小ねぎ、白ごまに豆板醤などの調味料を合わせたソースを添えて完成。
食欲をそそるピリ辛ソースは、淡白な鶏むね肉やあっさりした野菜と相性ぴったり。余りがちな野菜類を使い切りたい時に作るのもおすすめですよ。

白菜を使ったヘルシーな料理を5つご紹介しました。味気ないイメージのあるヘルシーメニューですが、お腹も心も満足するようなレシピも実はたくさんあります。
今回紹介したレシピもぜひ参考にしてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部