ピリッとした唐辛子の味付けで楽しむ!白菜レシピ5選

鍋物、炒め物の定番素材、白菜。しっとりした味わいが魅力の食材ですが、唐辛子を使うとその甘みが深まり、また違った魅力が見えてきます。今回は、白菜と唐辛子を使ったレシピをご紹介します。

唐辛子の辛さで温まる!「白菜と豚肉のピリ辛春雨煮」

まずは、シンプルな具材で作るヘルシーレシピ「白菜と豚肉のピリ辛春雨煮」をご紹介します。
メインの食材は、白菜と春雨と豚肉、どれも手軽に手に入る食材です。低カロリーで、食べ応えもしっかり。少し濃いめでピリ辛の味付けは身体も温まり、ご飯がすすみます。
鍋に白菜、春雨、にら、下味をつけた豚肉を入れ、にんにくと水を入れて蒸し焼きにし、最後に唐辛子をトッピングすれば出来上がりです。
春雨が白菜と豚肉の旨味を吸って、とても美味しいですよ。辛いものが苦手な方、お子さまがいる場合は、豆板醤の量を調整してくださいね。

うまみがぎゅっと凝縮!唐辛子のピリ辛が効いた「白菜と鶏肉の蒸し焼き」

続いてご紹介するのは、簡単調理で作る「白菜と鶏肉の蒸し焼き」です。白菜と鶏肉、どちらも淡白な味わいの食材ですが、このレシピで作れば立派な主菜が出来ますよ。
作り方は、下味をつけた鶏肉をフライパンでサッと焼いたら、白菜をのせ、醤油と料理酒をかけて蒸し焼きにします。片栗粉でとろみをつけて、塩胡椒と唐辛子で味を調整すれば出来上がり。
鶏肉の旨味を吸ったトロトロの白菜も、柔らかい鶏肉も絶品です。味付けは、しょうがや、オイスターソース、めんつゆ、中華スープの素などを使っても美味しいので、ぜひ試してみてくださいね。

簡単調理でつくる!糸唐辛子が味を引き締める「白菜の和風和え」

大きな白菜を買った時におすすめなのが、今回ご紹介する簡単調理で、野菜をたっぷり食べられるレシピ「白菜の和風和え」です。
レンジで加熱した白菜と、いんげんをボウルに入れたら、ごま油、のりの佃煮、すりおろしにんにくを和えて、最後に糸唐辛子をのせれば出来上がりです。
簡単な調理ですが、野菜の味わいと、ごま油、にんにく、唐辛子の味付けがマッチしてご飯が進む絶品料理。食卓のあと一品という時に、重宝しそうですね。
具材は長ねぎや、にんじん、だいこんなどを使っても美味しいので、アレンジもしてみてくださいね。

唐辛子が野菜の甘みを引き締める「白菜とにんじんの簡単酢漬け」

白菜を使った料理といえば、漬物。今回は定番の塩漬けから少し趣向を変えて「白菜とにんじんの簡単酢漬け」をご紹介します。簡単調理で作れて、唐辛子の辛さが白菜の甘みを引き締めて、とても美味しいですよ。
作り方は、蒸した白菜と、塩でもんだにんじん、しょうが、唐辛子、醤油、酢、砂糖、ごま油を和えて1時間ほど漬ければ出来上がりです。
野菜はだいこんや、きゅうりを使っても美味しいですよ。

唐辛子とカレーの風味で温まる「手羽元と白菜のカレースープ」

最後に、唐辛子とカレーの風味で身体が温まる「スパイシー手羽元と白菜のカレースープ」をご紹介します。
鍋で、しょうが、にんにく、たまねぎ、にんじんを炒め、水、カレー粉、手羽元、コンソメスープの素、唐辛子を加えて煮込んだら、白菜とカリフラワーを入れてさらに煮込めば出来上がりです。
手羽元と白菜、コンソメのコクが出たスープは絶品。トロトロの白菜をたっぷり楽しめますよ。そのまま食べても、ご飯のおかずとしてもおすすめです。

以上、白菜を唐辛子の味付けで楽しむレシピでした。定番の漬物から、煮物、炒め物までご紹介しましたが、いかがでしたか。
ピリッとした味わいで身体が温まるので、特に寒くなる時期には便利に使えるのではないでしょうか。今回のレシピを作って、白菜をさらに楽しんでくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり