相性抜群!白菜としいたけを使った料理5選

甘みのある白菜と、うまみの強いしいたけは相性抜群。今回は、白菜としいたけを使った料理を集めてみました。使い勝手の良いコンビだからこそアレンジ方法は無限大。バリエーション豊かなメニューは、毎日の食卓を彩ってくれそうです。

肉だんごと一緒に食べる「しいたけと白菜のオイスターソース煮」

少しほっこりしたい時、しいたけの戻し汁を使った、うまみたっぷりのオイスターソース煮はいかがでしょう。オイスターソース特有の癖がなく、上手く風味が生かされた一品です。
しょうが、片栗粉、調味料とひき肉を練って肉だんごを作り、フライパンで焼きます。白菜、しいたけ、戻し汁、醤油、塩、オイスターソースを加えて煮たら、仕上げにごま油を加えて完成です。
和風ベースの味付けは、しいたけの戻し汁を使うことでうまみがアップ。そこにオイスターの風味が加わり、深みのある味わいに。ジューシーな肉だんごともよく合います。

いかワタがおいしさの秘密「しいたけと白菜のコクうま味噌バター鍋」

寒い季節に食べたくなる鍋料理。今回は濃厚な味わいの味噌バター鍋をご紹介します。
フライパンにバターを溶かし、さけ、いか、じゃがいもを炒めましょう。これを土鍋に移して、だし汁、味噌、みりんを入れて煮立たせ、白菜やしいたけなどの具材を加えて煮込んだら出来上がり。
味噌バターのコクは、いかワタを加えることでさらにアップ。濃厚かつまろやかな、優しい味わいに仕上がります。
具材たっぷりで、食べた時の満足感も充分。バターを後のせしてもおいしいですよ。家族全員で囲む食卓におすすめです。

白菜を添えた「しいたけと豚ひき肉のシュウマイ」

作るのに何かと手間のかかるイメージのシュウマイ。忙しい方でもトライしやすい、レンジで作れるレシピもありますよ。材料は多いですが、混ぜ合わせて加熱するだけなので簡単です。
豚ひき肉に、しょうが、しいたけ、玉ねぎ、片栗粉などを加えて混ぜ、スプーンですくって丸めます。細く切ったシュウマイの皮をつけ、ゆずの皮をのせたら、白菜を敷いた皿に並べましょう。ラップをかけてレンジで加熱したら完成。蒸さなくても、ふんわりジューシーに仕上がりますよ。ゆずの皮が、味にも見た目にもアクセントを添えてくれます。パーティーやおもてなしの場面でも活躍してくれそうなレシピです。

あんの絡んだしいたけと白菜がおいしい「あんかけ焼きそば風揚げごぼう」

野菜をしっかり摂りたい時におすすめなのが、野菜たっぷりのあんをかけた、あんかけ焼きそば風の揚げごぼう。
フライパンで、豚肉としいたけや白菜などの野菜類を炒めます。合わせ調味料を加えて煮立てたら、水溶き片栗粉でとろみをつけ、スライスして揚げたごぼうの上にかけましょう。仕上げには白髪ねぎと小ねぎをトッピング。
大きく切った野菜とカリカリのごぼうの食感が楽しく、ボリュームもたっぷり。食べ盛りのお子さまも喜んでくれそうです。

シャンピン風アレンジ「しいたけと白菜のおやき」

定番のおやきを、アジアの屋台風にアレンジしたレシピをご紹介します。
白菜、しいたけ、エビ、豚肉、調味料類などを混ぜてあんを作ります。ご飯や牛乳などで作った生地の真ん中にあんをのせ、形を整えて両面を焼いたら出来上がり。醤油と酢、ラー油を混ぜたたれも添えましょう。
重量感のあるしっとりした生地と、エキゾチックな味のあんが絶妙にマッチ。腹持ちが良いので、簡単な食事にもぴったりです。中の具材は自由にアレンジ可能。あんこや、クルミと黒砂糖を混ぜたものを詰めておやつ風にしてもおいしいですよ。

今回は、白菜としいたけを使ったレシピを5つご紹介しました。白菜としいたけは、どちらも栄養満点。野菜不足が気になる時や、健康的にダイエットしたい時などにもおすすめです。様々な料理に使えるのも嬉しいところ。今回のレシピも参考に、食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【家がおしゃれBARに大変身♡】宅飲みの簡単おつまみレシピまとめよこさん
  2. 2子どもからリクエストが出る!簡単で楽々できる和食レシピ12選メアリー
  3. 3とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  4. 4もう1品プラスしたい時に!食卓を彩るおすすめの副菜16選あやっこ
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部