カリフラワーを使ってボリュームアップ!人気レシピ5選

真っ白な色で、見た目も可愛い野菜のカリフラワー。少し加えるだけでボリュームアップができて、様々な味付けに馴染むカリフラワーは、調理のしやすいとても便利な食材。今回は、そんなカリフラワーを使った人気のレシピをご紹介します。

青じそ香る風味豊かな一品「カリフラワーの和風サラダ」

スカリフラワーの食感を存分に味わえる、和風サラダはいかがでしょうか。
レモンを使った、さっぱりとした味わいのこのサラダレシピは、カリフラワーを食べやすい大きさにスライスしているので、味がよく馴染み、青じその風味がとても豊か。食欲をそそりますよ。
下ごしらえをした材料と、調味料を混ぜ合わせるだけでパッと作れるので、忙しい時にも助かりますよね。
油揚げは、しっかりと水気をきって使うことで、味を吸収してくれます。カリカリに焼いて、トッピングとして使用しても美味しく食べられるので、ぜひ試してみてください。

おもてなしにもぴったりのサラダ「カリフラワーとサーモンのカラフルサラダ」

カリフラワーを使ったサラダレシピを、もう一種ご紹介します。
カラフルな見た目で、素材の味をそのまま味わえる、おもてなしにもぴったりのこのレシピは、材料を切って順に盛り付けるだけの簡単調理が嬉しいポイント。
味の決め手となるソースは、麺つゆ・酢などを混ぜ合わせるだけでパッと作れて、野菜との相性も抜群です。
乾煎りしたくるみが入っているので、くるみの香ばしさとザクザクとした食感がプラスされて、たっぷりと野菜を食べられます。くるみはアーモンドでも代用可能です。

優しい味で旨味たっぷり「カリフラワーと手羽元のカレースープ」

にんにくやしょうがが入っていて、スパイシーで深い味わいを楽しめる、本格的なカレースープのご紹介です。
カリフラワー・はくさい・にんじんなど、野菜がたっぷり入っていて、野菜の美味しさを存分に味わえます。
野菜や鶏肉の旨味がスープに染みて、ボリューム感もあるこのレシピは、しっかりと材料の下ごしらえをすることがポイントです。手羽元肉は、しっかりと焼き色を付けておくと、旨味を逃しませんよ。
煮込むほどに味が染みるので、前日から作り置きしておくと、より味が染みて美味しいです。

彩り豊かで見た目も楽しめる「カリフラワーとブロッコリーのソテー」

野菜が色鮮やかで、見た目も楽しめる、おもてなし料理にもおすすめの一品。カリフラワー・ブロッコリー・フランクフルトなど、たっぷりと食材が入っているのでボリューム感があります。
味付けは塩・胡椒のみとシンプルで、野菜の旨味を存分に味わうことができ、フランクフルトと野菜の相性が良く、一緒に食べると丁度良い塩気になります。野菜を茹でてから炒めることで、野菜の水分を残したまま調理が可能ですよ。
粒マスタードの代わりに、好みでマヨネーズを付けても美味しいです。

ハーブの香りがアクセントになって美味しい「カリフラワーとメカジキハーブマヨ揚げ」

濃厚でクリーミーな、ハーブ入りのマヨネーズソースが、サクッと揚げたカリフラワーとメカジキに染みてたまらなく美味しい一品。
作り方はとても簡単で、切ったカリフラワーとメカジキに衣をつけて揚げ、ソースに和えるだけです。衣は水を入れて作ると、フワッと仕上がりますよ。
パセリ・マヨネーズ・塩胡椒で作るソースは、サラダにかけても美味しく食べられるので、多めに作って使い回ししても良いです。メカジキがない場合は、他の魚でも代用可能。

カリフラワーを使った人気レシピをご紹介しました。生でも・加熱しても食感を残したまま美味しく食べられるカリフラワーは、一年中スーパーで手に入るので、今回ご紹介したレシピで、カリフラワーの魅力を存分に味わってください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部