カリフラワーで簡単美味しい!おつまみレシピ5選

クセのない味わいで、スーパーなどで一年中手に入るカリフラワー。煮込み料理やサラダに使われることが多いカリフラワーですが、今回は、カリフラワーを使って作れるおつまみレシピをご紹介します。

オリジナルドレッシングが味の決め手「カリフラワーとハムのホットサラダ」

カラフルで見た目も楽しめる、いつもと違った温かなサラダはいかがでしょうか。
オリジナルドレッシングでしっかりと味がついているので、おつまみとしてもぴったりのこのレシピは、カリフラワー・トマトなど、野菜がたっぷりと摂れるヘルシーな一品。
味の決め手となるドレッシングは、ポン酢・すりおろした玉ねぎ・サラダ油を混ぜ合わせるだけで手軽に作れるので、他のサラダにもぜひ使ってみてください。にんじんやれんこんなどの根菜類を加えても美味しく食べられますよ。

トロトロあんかけが絡んで美味しい「カリフラワーとブロッコリーの鶏そぼろあんかけ」

ごろごろのカリフラワーとブロッコリーが、鶏の旨味たっぷりのあんかけと絡んで美味しく食べられる一品。
しょうがの香りがふんわりと香り、食欲をそそります。カリフラワー・ブロッコリーが主役のこのレシピは、しっかりと食感を残したまま調理しているので、野菜の歯ごたえも存分に楽しめます。おかずとしてはもちろんですが、おつまみやご飯にかけて丼ものにしても美味しいですよ。
水溶き片栗粉は、具材に火が通ってから、必ず最後の仕上げに入れましょう。

エスニックなインドの天ぷら「カリフラワーと彩り野菜のパコラ」

インドの天ぷら、「パコラ」をご存知でしょうか。衣に、スパイスを加えて揚げるインドの天ぷらは、屋台料理の定番メニュー。そんなインドの天ぷらを、カレー粉を使って家で手軽に作れます。
野菜の食感が楽しめ、ふわふわな生地の食感がたまらなく美味しい一品。塩をつけてそのまま食べても美味しいですが、刻んだミントの葉・にんにく・ヨーグルト・塩を混ぜて作るオリジナルのヨーグルトソースにつけると、さっぱりとした味わいが楽しめます。
ポイントは、野菜によって揚げ時間を変えること。かぼちゃは1分、にんじんとカリフラワーは1分半ほど揚げてくださいね。

濃いめの味でお酒のお供にぴったり「鶏肉とカリフラワーのガーリックバター醤油」

ガーリックバター醤油の濃厚な味わいが、カリフラワーにしっかり染みて噛みしめるたびに、味わいが滲み出る炒め物レシピ。
にんにくの香りで食欲をそそられます。鶏肉が入っているので、ボリューム感もあるこの一品は、フライパン一つで作れる手軽さが嬉しいポイント。濃いめの味でお酒のお供にぴったりですが、ご飯にもよく合う味なので、メイン料理としてもおすすめです。
野菜はカリフラワーだけでなく、余った野菜を入れ込んでボリュームアップもOK。

さっぱり美味しい一品「カリフラワーとベーコンのサワークリーム炒め」

サワークリームのさっぱりとした味わいと、ベーコンの塩気の相性が良い一品。カリフラワー・ベーコンがあれば、調味料を準備してすぐに作れます。
生クリームが入っているので、コクがプラスされて深みのある味わいに。ベーコンに塩気があるので、シンプルな味付けでもとても美味しく食べられます。サワークリームは加熱しすぎると分離するので、サッと炒めることがポイントです。
ベーコンはブロックの方が食べ応えがありますが、スライスでも代用可能ですよ。

バリエーション豊かに、カリフラワーを使ったおつまみにぴったりのレシピをご紹介しました。クセのないカリフラワーは、どんな味付けでも美味しく食べられるので、今回ご紹介したレシピだけでなく、普段の料理に加えて、調理を楽しんでくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部