【お味噌で満足♪節約レシピ5選】お給料日前の助け舟☆

和の基本となる調味料であり、料理の味付けに欠かせない「味噌」。 あえる、炒める、焼く…調理の仕方によって色々な味わいが楽しめます。 かくし味のような脇役としても、メインの味としてもいけるので、食材がシンプルでも味付けが決まりますよね。 今回は時短かつ節約できる、美味しい味噌料理をご紹介します。

みその風味がご飯によく合う「豚肉のネギみそ照り焼き」

リーズナブルな豚の肩ロースと長ネギだけで出来る、簡単で節約にも最適なレシピです。
どこのご家庭にもよくある醤油、みりん、味噌の合わせ調味料にみじん切りにした長ネギを入れたネギ味噌を作ったら、あとはごま油で炒めた香ばしい豚肉と炒め合わせるだけ。
調味料が焦げ付かないように、ネギ味噌を加えたら手早く豚肉と絡めるのが美味しく作るポイントです。
最後に長ネギの青い部分を小口切りにしたものを散らせば、見た目も華やかでちゃんとご馳走になります。
しっかり味なのでご飯との相性は最高!
もちろん晩酌のおつまみにも最適ですよ。

きゅうりに肉味噌をしっかりなじませて「きゅうりの肉みそがけ」

にんにくとしょうが、長ネギを炒め、味噌と豚ひき肉をプラスした香り高い肉味噌を、さっぱりとしたきゅうりにかけていただきます。
きゅうりはごま油と塩で味付けしているので、物足りなさもナシ。
肉味噌のコク深い味わいが満足度をアップさせてくれます。
リーズナブルに手に入るきゅうりと豚ひき肉、長ネギさえあれば出来るので、お財布のお助けメニューになりそうですね。
味をよりなじませるには、きゅうりをたたいてひびを入れてから切ること。
この一手間で味のなじみが変わります!
ぜひお試しください。

味噌とミルクの相性ばっちりスープ「ほくほく味噌ミルクスープ」

野菜やきのこ、ソーセージをザクザク入れて、味噌とミルクで煮込むだけ!
じゃがいも、にんじん、玉ネギなどご家庭でよくある野菜を使っているので、カレーや肉じゃがを作った次の日に、なんてアレンジも出来ますね♪
ミルキーな優しいお味のスープですが、味噌が入ることでコクもしっかり。
ちょっぴり和風な味付けがクセになります。
じゃがいもと人参はレンジでチンすることで煮込む時間が減り、時短出来るのも嬉しいですね。
今回入れた材料以外にも、キャベツやベーコンなどお家で残った食材を入れてもOK。
アレンジの幅が広がるレシピです。

梅の酸味とみそのコクがクセになるおいしさ「れんこんの梅みそあえ」

濃い味付けになりがちな味噌をさっぱりと食べたい!
そんな時にぴったりなこちらのレシピ。
叩いた梅に味噌、みりんを加えたタレを、茹でたれんこんとあえるだけ。
10分で手早く出来るのも魅力ですね。
れんこんは酢を加えた熱湯で茹でることで、シャキッとした食感になります。
梅ダレとれんこんをあえたら削り節を加え、ごま油を少々加えてコクのある仕上がりに。
少ない材料でさっと作れるのに、彩りも良く本格的なので、節約したいけどもう一品欲しい時の副菜にもぴったりです。

油いらずの炒めない中華炒め「レンジ回鍋肉」 

人気の中華メニュー「回鍋肉」が炒めずに出来る超お手軽レシピをご紹介!
味噌としょうが、料理酒などを混ぜ合わせた調味料と豚バラ肉を混ぜ、さらに食べやすく切ったキャベツ、長ネギ、ピーマンを混ぜ、レンジで加熱。
これだけで本格的な回鍋肉が完成です!
簡単なだけでなく、洗い物も少なく油もいらないので、ヘルシーかつ経済的。
もちろん時短にもなるので忙しい方でも気軽に作れます。
こんないいとこ取りのメニューなら、家族や彼にも作ってあげたくなりますね♪

それ自体の味が強いイメージの「味噌」ですが、混ぜる分量や合わせる調味料によって様々な味に変化。
和食から洋風、中華まで幅広いジャンルに使えるので、出番も多く買っておくだけで節約にもなります。
この機会にぜひ「味噌」を使ってお得にレパートリーを増やしましょう♪

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部