生で食べられる!カリフラワーを使った彩りサラダ5選

カリフラワーは、癖のない淡白な味とさっくりした歯触りから、サラダに適した食材と言われています。そこで今回はカリフラワーを使った、彩り豊かなサラダをご紹介します!

たったの5分で出来る「カリフラワーとサーモンのレモン風味サラダ」

まずは超初級、和えるだけのサラダをご紹介。カリフラワーのさっくりとした歯触りと、サーモンのトロッとした食感が絶妙な一品です。このサラダでは、歯触りを良くするためにカリフラワーを生で使う事がポイント。
ボウルに、オリーブオイル、塩胡椒を混ぜ合わせ、カリフラワー、スモークサーモンを和えましょう。そこにカットしたレモンを混ぜ合わせれば完成。
たった5分で出来て彩りも良い、味良し!見た目よし!なサラダです。サッと出来るので、ママ友とおうちランチの際にも、使えますね。

おうちパーティーに最適「カリフラワーの彩りサラダ」

先ほどと同様、サッと出来るサラダですが、こちらで使うカリフラワーは茹でてから使用します。 先ほどのサラダと2種類作って、食べ比べをしても良いですね。食材それぞれの食感が楽しいサラダです。
ボウルに、麺つゆ、酢、塩胡椒、サラダ油を混ぜ合わせてドレッシングを作りましょう。茹でたカリフラワー、スモークサーモン、みずな、紫たまねぎ、乾煎りしたクルミを合わせて、ドレッシングをかければ完成。クルミはアーモンドでも代用可能です。
フォトジェニックな見た目なので、おうちでパーティーの際にもGOOD!

食欲がない時にもあっさりいける「カリフラワーのサッパリサラダ」

レモンでサッパリいただくことが出来て、あおじその風味が食欲をそそるサラダのご紹介です。食欲がない時、疲れている時などにオススメですよ。
酢、塩胡椒、砂糖、サラダ油でドレッシングを作りましょう。油揚げ、カリフラワー、あおじそ、ツナ缶、レモン汁を絡めて出来上がり。油揚げはカリカリに焼いてトッピングしてもおいしいです。
生のカリフラワーは食べ応えがあるので、ツナと合わせると、おかずサラダのようにボリュームがあります。今日のおかずは少し物足りないなという時にも、是非作って下さいね。

自家製たまねぎドレッシングがポイント「カリフラワーのホットサラダ」

冷たいサラダは定番ですが、たまにはいつもと違うホットサラダはいかがでしょう。温める事で、カリフラワーやトマトの甘みを最大限に引き出せる事が特徴です。冷えているサラダでは使いにくい、根野菜などを追加してもおいしいですよ。
たまねぎのすり下ろし、サラダ油、ポン酢で自家製たまねぎドレッシングを作りましょう。茹でたカリフラワー、ミニトマト、枝豆、ハム、みずなを合わせて完成。
スキレットに全ての食材を入れて、オーブンで大胆に焼くと、インスタ映えするお洒落な食卓になりますね。

お酒のお供にもGOOD!「カリフラワーのパリパリピクルスサラダ」

最後は、酸味あるドレッシングに漬け込んだサラダのご紹介。ピクルスが入っているので、ビールやワイン、シャンパンなど、お酒にも合うサラダです。
カリフラワー、赤パプリカ、かぶ、れんこん、セロリ、にんじんを蒸し器で蒸しましょう。合わせておいたドレッシングに、野菜が温かいうちに漬け込めば完成。
食べる時に、汁気を切ってオリーブオイルをかけてくださいね。
野菜なので夜遅くに食べてもカロリーがあまり気にならない一品。どんなお酒にも合うので、旦那さまと飲むお酒が違っても、おつまみを作り足す必要がないですね。

カリフラワーは、茎に湿らせたキッチンペーパーを巻き、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ入れても、保存期間は短め。長期保存の場合は、茹でて密閉容器に入れ、冷凍保存する方が安心です。生で食べられるので、買ってきたその日の新鮮なうちにサラダにしてはいかがでしょう。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部